1月の重賞回顧、及び次走注意馬の再評価

2013年1月の重賞成績(容量の都合で3着まで)です。

2013年1月重賞成績(3着まで)

寒い時期から11つもの重賞がありました。うち3つをケンしました。

反省点は1つだけです。思ったより悪くはなかった。
1.本命で迷った日経新春杯、そもそも取っ掛かりが無かった東海ステークスはケンすべきだった


まず、完全的中はありませんでした。唯一本命が勝ったシンザン記念は紐抜け、
2着3回と締まらない結果。唯一の救いは、その全てで連複を当てられたこと。

また、4つ外してますが、うち2つはケンしても良かったと思っています。
日経新春杯は本命で迷い、東海ステークスは括り馬券という逃げの予想をしてしまった。
こういうケースは、まず当たりません。



それなりに自信があった京都牝馬ステークスのアスカトップレディ、根岸ステークスのトウショウカズンは、
こういうこともある、としか言えません。どちらも、予想の方向性には誤りなかったと思います。

ハナズゴールは人気被り過ぎで、メイショウマシュウは脚質やテン乗りという不安があったので、
外したことにそれほど悪い感情は持ってません。



地力差が全く見えなかったフェアリーステークス、順延の影響を鑑みた京成杯、
絶妙なハンデ付けでレースイメージが全く沸かなかったシルクロードステークス、
全てケンして正解でした。特にフェアリーステークス。新馬勝ちのワンツーなんて予想は無理です。


続いて、今月の重賞で次走注意とした馬について、再度検討します。

中山金杯 5着 ダイワマッジョーレ
4勝すべて、直線に急坂が無いコース。前走にしても、最後差されており、坂は苦手のようだ。
平坦コース替わりで警戒する。
⇒今週の東京新聞杯に登録あり。東京は坂なんてあってないようなものなので、要警戒。

京都金杯 6着 ショウリュウムーン
京都金杯は2年連続で凡走しているが、その後の京都牝馬ステークスは1着、2着と好走。
55キロを背負うかもしれないので勝ち切るまではいかないだろうが、上位争いを警戒する。
⇒間隔が詰まったため未出走。走る条件でさえあれば、変わりなく警戒。

シンザン記念 4着 カオスモス
敗因は恐らく枠順と平坦コース。それならば、直線に坂のあるコースで外枠でなければ、
巻き返してくると見る。
⇒そのまま。阪神か中山コース、アーリントンカップやニュージーランドトロフィーあたりで。

フェアリーステークス 5着 スイートサルサ
これで3戦全て最速上がり記録。早目に仕掛け、大外ぶん回し、しかも直線で口向きが悪く
まっすぐ走らないそぶりを見せながら良く追い込んだ。
デュランダル産駒。距離短縮、直線の長いコースで面白そう。
⇒新馬勝ち馬に負けているので、まだ重賞では厳しい。目処が立ってから。

日経新春杯 4着 カルドブレッサ
グリーンの外を通り続けて最速上がり34.4を記録。一頭だけ末脚が際立っていた。
スローの前残りの展開で、直線だけの後方一気で3着争いに加わる。
荒れた馬場を苦にしないタイプのようなので、時計を要する馬場、坂のあるコースで警戒する。
かなり限定的なので、買い時、切り時を見誤らないようにしたい。

京都牝馬ステークス なし

東海ステークス 2着 ナムラタイタン
次走フェブラリーステークス
ならば、この馬の主戦場と言えるコース。
昨年のフェブラリーステークスが先行総崩れだったように、
重たい馬場にハイラップの場合、前の馬には厳しいことが多いのだが、今回それで残った。
⇒そのまま。フェブラリーステークスで警戒。人気薄ならば、紐は確定。

アメリカジョッキークラブカップ 3着 アドマイヤラクティ
コース特性や展開から、無理な競馬を強いられたが、それでも3着は外していない。
1戦ごとに大舞台に慣れてきている。前半ゆったり進め、且つ末脚を活かせる阪神か京都の外回り、
特に京都記念に出走してきたら面白い存在。
京都記念なら荒れ馬場必至なので本命視。時計の早い馬場なら、逆に危険視。

京成杯 なし

シルクロードステークス 4着 マジンプロスパー
前走太目残りで今回も+6キロ、絞りきれなかったのか叩き台なのか分からないが、
相当に苦しかったはず。展開が向いたとはいえ、好位で上がり33.5を繰り出し粘る。
叩いてレースぶりが安定してきているのは好材料。
次走は昨年優勝した阪急杯あたりだろうが、高速馬場でない限りは警戒する。
⇒阪急杯でなくとも、ダート含め時計を要する馬場なら警戒。

根岸ステークス 6着 テスタマッタ
4コーナーでは見事な大外ぶん回し、そして59キロを背負いながら3位の上がり35.2。
走らない休み明け、重すぎる斤量、そして凄まじくロスの大きい競馬でここまで走るなら、
フェブラリーステークスで違う騎手に乗り替わることが絶対条件だが要注意。連覇も十分あると思う。
岩田康騎手騎乗且つ状態良化なら、本命視もある。


こうしてメモしておけば、「以前買いだって言ってたのに漏れてた・・・・・・」という、
情けない負け方だけはなくなります。あとは、自分の見立てがどれだけ正確かはかる意味も。

無駄な反省などない、そう思ってきっちり続けていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

セイショウ

Author:セイショウ
2015年は貯金とデータ集めに専念、馬券は来年から始めたいと思います。

食好み:魚>野菜=鶏肉>豚肉
仕事:就業予定
年齢:シービーの1つ上
趣味:読書、三国志(正史寄り)、ゲーム
好きな馬:ナリタブライアン
苦手な馬:人気先行
好きな酒:焼酎、ウイスキー
好きな競馬関係者:積極果敢、謙虚、潔い
嵌る予定のゲーム:三国志13(最高15000円するそうです)

2013年度成績
【中央重賞】
成績詳細:2013年7月1日時点(不定期)
回収率:107.7% 55戦11勝
収支:328,500円→353,760円
本命成績:11-9-3-32
※ダート短距離勝負と合算のため、 画像内容と回収率不一致。別口座にすべきだった。

【地方交流重賞】
※今年は敗北が確定したため終了
回収率:31.35% 10戦1勝
収支:60,000円→18,810円
本命成績:4-2-2-2

【選出ダート短距離勝負】
※対象レース数過少のため終了
回収率:38.3% 3戦0勝
収支:18,000円→6,890円
本命成績:0-1-1-1
カテゴリ
2013年度 万馬券履歴
京都金杯      3連複   11990円
東京スプリント   3連単   15750円
青葉賞         馬連   30590円
 〃           馬単   71140円
平安ステークス  3連単   15630円
エプソムカップ   3連単   34300円
2012年度成績
【中央競馬】
回収率:107.9% 121戦18勝
収支:724,500円→781,890円
本命成績:25-23-10-63
※回収率100%超え達成!

【地方競馬】
回収率:80.2% 30戦7勝
収支:95,300円→76,480円
※回収率100%超えならず・・・

【2012年度 万馬券的中履歴】
佐賀記念       馬単  14940円
弥生賞        馬単  22190円
中日新聞杯      馬単  12230円
大阪杯       3連単  11540円
青葉賞       3連複  48540円
 〃        3連単  189270円
札幌記念      3連単  10590円
金鯱賞        馬単  15280円
 〃        3連複  12810円
 〃        3連単  91410円
カペラステークス  3連複  10460円
本日までの訪問者数
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
リンク先最新記事
ランキング
ランキング参加中です!



相互リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクをご希望の方は、
直近の記事にコメント下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
367位
アクセスランキングを見る>>
楽天株式会社
健康コーポレーション株式会社
GMOインターネット株式会社
楽天カード株式会社
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉
A8.net