スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回シルクロードステークス 特別登録展望

特別登録時点の、仮想出馬表です。

2013年シルクロードステークス_特別登録_着度数

フルゲート16頭に、24頭の登録。
実績馬と、格上挑戦が混在すると、ハンデキャッパーも頭を悩ますのでしょう。
データラボの更新に時間を要したため、本来はこちらを先に書く予定でしたが、後になってしまいました。
トップハンデが重賞3勝ダッシャーゴーゴー59キロ、最軽量が芝2戦目の8歳馬タマモクリエイト51キロ
大波乱の予感しかしない、そして難解極まりない相手構成です。



【勢いに乗った若い牝馬】アイラブリリ
同舞台で間隔は詰まっていても同じような芝を走れる淀短距離ステークス組。
このレースの最重要臨戦過程で、その勝ち馬
。前走の勝ちっぷりや実績から軽視されており、
53キロは正直かなり恵まれたと思っています。
芝1200mに限れば5-2-3-2と底を見せず、しかも逃げ馬不在かつ先行馬が少ないため、
前走同様ペースにも恵まれそう。3連勝で一気の重賞制覇成るか、注目です。
父ストラヴィンスキー(ノーザンダンサー系)×母父トワイニングというマイナー血統ですが、
如何にも癖のある馬場、荒れた芝で走りそうなクロスたっぷりの配合。

■強調材料
・前走好走なのに、1キロ軽い53キロ
・メンバー唯一連勝と勢いに乗る
・芝1200m5-2-3-2
・カンカン泣きする馬なのか、53キロ以下なら4-1-2-1(54キロ以上は1-1-1-4)
・(騎乗できるなら)手が合う幸騎手、芝1200mに限れば3-1-0-0、

■不安要素
特になし



【絶好の馬場とハンデ】アースソニック
淀短距離ステークス組、4着。2011年11月から休みなく15連戦の苦労人。
しかし、適度に間隔を開けており、使いながら馬を仕上げているという印象を受ける。
無理なくコツコツとクラスを勝ちあがっていく。ここ2戦は、OPENクラスで差し、先行の競馬で
差のない結果。そして、そこから1キロ軽い54キロが何よりも大きい。
父クロフネ×母父サクラユタカオーという血統だが、如何にも短距離ベストのクロフネらしく
パワーと持久力を活かす競馬が合っているように思える。実際、時計を要する結果でしか勝てていない。

■強調材料
・前走好走なのに、1キロ軽いハンデ54キロ(15戦中14戦で55キロ以上、54キロは1000万下1着)

■不安要素
特になし



【強調材料多数】メイショウデイム
前々走尾張ステークス3着、前走淀短距離ステークス2着。近走芝替わりで安定している。
最初は芝を使われ、途中ダートに替わり、その後ここ3戦は芝。休み明けは凡走したが、
2、3走目は結果を出した。
芝を走れてダート実績があるというのは大きなアドバンテージ。
そして、ここ2走は54キロだったのが53キロと軽くなるのもいい。
(騎乗するなら)手の合う川須騎手0-1-1-0、冬場大好き1月~3月2-2-0-5、
詰めた方が良い中1週2-0-0-0
と、好走条件は整った。
父マンハッタンカフェ×母父へクタープロテクター、アウトブリード。血統からは特に目につくところはない。

■強調材料
・前走好走なのに、1キロ軽いハンデ53キロ
・(川須騎手なら)騎手相性0-1-1-0
・冬場1月~3月2-2-0-5(4月~10月1-0-0-3)
・中1週2-0-0-0(2つともダート1600万下勝ちを達成した間隔)

■不安要素
特になし

なお、重いハンデを背負わされる実績馬は、現時点では軒並み軽視する。

59キロのダッシャーゴーゴーは、買える材料がないわりに不安要素満載。
典型的な暖気上昇タイプで、冬場は勝ったことが無い。
ここは叩き台か、ハンデを見て回避するかもしれない。

58キロのドリームバレンチノは、叩き良化型。鉄砲で2勝しているが、
キーンランドカップ7着など凡走もある。明け2走以降なら5-3-1-5、2戦目は2-1-1-1。
目標は先にあるのだから、ここは叩き台の可能性が高い。
ちなみに、57.5キロ以上の斤量で走ったことが無いのも(明確ではないにしろ)不安材料。

58キロのマジンプロスパーは、走らない休み明け、それも太目残りを叩いて上昇気配はうかがえる。
57.5をこなしているので斤量負けはしない
父アドマイヤコジーン×母父バブルガムフェローと、如何にもパワー先行タイプという印象で、
今の馬場はうってつけだろう。

この馬の評価を下げた理由は2点。1つは、リーディング1位、勝率22%という驚異の成績ながら、
重賞では無難な競馬しか出来ていない福永騎手が騎乗する可能性。
重賞2勝はいずれも浜中騎手、そして同騎手は今年重賞2勝している。手替わりなら。
もう1つは、前走の敗因が太目残りと分かっていて、冬場で絞れている可能性に乏しいこと。
騎手と仕上がり、両方良ければ本命候補にもなりうる実力馬。是非絶好の条件で出走してほしい。



【コース・レース短評】
こちらをご覧ください。

2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(34.0-34.8=1.08.8)
3歳以上1000万(34.2-34.4=1.08.6)
3歳以上準OP・OP特別(34.1-34.3=1.08.4)
3歳以上重賞(34.1-33.9=1.08.0)

スタートから上りがある影響か、重賞クラスでも後傾ラップになるという特異なコース。
しかし、直線はわずか328mで平坦、言うまでもなく圧倒的に逃げ、先行有利。
ただ、重賞に限れば開催時期が後半ということもあり、外差し、後方待機タイプの台頭が目立つ。

過去10年の戦績。
2013年シルクロードステークス_過去10年戦績

レースについては、前走着順に注目。あまりにもあからさまな結果となっている。
前走1着 6- 3- 3- 21/ 33 18.2% 27.3% 36.4% 108 87
前走2着 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走3着 1- 0- 3- 9/ 13 7.7% 7.7% 30.8% 96 92
前走4着 0- 0- 2- 10/ 12 0.0% 0.0% 16.7% 0 210
前走5着 0- 2- 0- 9/ 11 0.0% 18.2% 18.2% 0 35
前走6~9着 3- 1- 2- 26/ 32 9.4% 12.5% 18.8% 57 55
前走10着~ 0- 4- 0- 42/ 46 0.0% 8.7% 8.7% 0 66

前走1着は問答無用で注意。出走数自体少なかった2004年(1頭)、2010年(2頭)
を除いて必ず1頭は3着に入っている。
そして、2003、2005、2007、2012年と4回も2頭が3着以内に入っている。
但し、ワンツースリーはない。

前走掲示板を外したが二桁は避けられた馬は、実績馬且つ6番人気以内であれば注意。
前走不向きだった条件から好転して巻き返しというタイプ。

血統については、フジキセキ産駒、ミスプロ系全般に注意。そしてサクラバクシンオーは大幅割引
フジキセキ 3- 1- 1- 8/13 23.1% 30.8% 38.5% 164 99
サンデーサイレンス 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 155 78
マンハッタンカフェ 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 73 370
スウェプトオーヴァ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 416 136
Distant View 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 113 60
ニホンピロウイナー 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 570 150
キングカメハメハ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 70 55
ハートレイク 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 190 150
サクラバクシンオー 0- 1- 1-16/18 0.0% 5.6% 11.1% 0 40
ヘネシー 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 297
Boston Harbor 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 32
リンドシェーバー 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 235
マイネルラヴ 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 135
ショウナンカンプ 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 115
Boundary 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 500
ウォーニング 0- 0- 2- 1/ 3 0.0% 0.0% 66.7% 0 146
War Chant 0- 0- 2- 0/ 2 0.0% 0.0% 100.0% 0 305
Grand Lodge 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 210
エルコンドルパサー 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 50
Danzig 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 175
エイシンプレストン 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 2110
アフリート 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

2年連続連対のタマモホットプレイを始め、とにかくフジキセキ産駒が強い。
馬券に絡んだ5頭全て3、4番人気だから、地力ではなく相性がいいのだと思う。

あとは、開催後半で荒れた馬場故、パワータイプのミスプロ系は普通に走る。
反面、軽い芝でこそ持ち味が活きるタイプの多いサクラバクシンオー産駒が大不振。
時計を要する馬場であれば、まず要らない。

現在の京都芝は、コース替わりがあっても異様に時計を要する状況で、馬自身重たい芝に
実績が無い限りは消し
でいいだろう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

セイショウ

Author:セイショウ
2015年は貯金とデータ集めに専念、馬券は来年から始めたいと思います。

食好み:魚>野菜=鶏肉>豚肉
仕事:就業予定
年齢:シービーの1つ上
趣味:読書、三国志(正史寄り)、ゲーム
好きな馬:ナリタブライアン
苦手な馬:人気先行
好きな酒:焼酎、ウイスキー
好きな競馬関係者:積極果敢、謙虚、潔い
嵌る予定のゲーム:三国志13(最高15000円するそうです)

2013年度成績
【中央重賞】
成績詳細:2013年7月1日時点(不定期)
回収率:107.7% 55戦11勝
収支:328,500円→353,760円
本命成績:11-9-3-32
※ダート短距離勝負と合算のため、 画像内容と回収率不一致。別口座にすべきだった。

【地方交流重賞】
※今年は敗北が確定したため終了
回収率:31.35% 10戦1勝
収支:60,000円→18,810円
本命成績:4-2-2-2

【選出ダート短距離勝負】
※対象レース数過少のため終了
回収率:38.3% 3戦0勝
収支:18,000円→6,890円
本命成績:0-1-1-1
カテゴリ
2013年度 万馬券履歴
京都金杯      3連複   11990円
東京スプリント   3連単   15750円
青葉賞         馬連   30590円
 〃           馬単   71140円
平安ステークス  3連単   15630円
エプソムカップ   3連単   34300円
2012年度成績
【中央競馬】
回収率:107.9% 121戦18勝
収支:724,500円→781,890円
本命成績:25-23-10-63
※回収率100%超え達成!

【地方競馬】
回収率:80.2% 30戦7勝
収支:95,300円→76,480円
※回収率100%超えならず・・・

【2012年度 万馬券的中履歴】
佐賀記念       馬単  14940円
弥生賞        馬単  22190円
中日新聞杯      馬単  12230円
大阪杯       3連単  11540円
青葉賞       3連複  48540円
 〃        3連単  189270円
札幌記念      3連単  10590円
金鯱賞        馬単  15280円
 〃        3連複  12810円
 〃        3連単  91410円
カペラステークス  3連複  10460円
本日までの訪問者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
リンク先最新記事
ランキング
ランキング参加中です!



相互リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクをご希望の方は、
直近の記事にコメント下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
292位
アクセスランキングを見る>>
楽天株式会社
健康コーポレーション株式会社
GMOインターネット株式会社
楽天カード株式会社
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉
A8.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。