スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間から更新

皆様こんにちは。

さて。

今週から、高速馬場にしたがる中央競馬会による京都及び東京開催です。
願わくば、何事もなく終わりますように。

2つほど。

■予想でやっておきたいこと、やってはならないこと
前者→データ取り、出走馬全ての過去全成績確認、追い切り確認、オッズ確認、パドック、返し馬確認
後者→他人の予想に左右される(迷う)、絞れない、自信が無いのに多額を投資する

オッズ確認は重要です。有力視出来るのになぜか人気が無い場合。盲点。
こういうのは特に過剰人気馬がいるときに発生します。穴狙いの要所です。

過去全成績については、中々見るのは大変ですが、見ておくと着差と結果の印象など、
色々な心境の変化を得られます。-1.5でも、明らかに走っていないから度外視、など。

有力な予想家が推しているから迷う、危険な(以下同)、何の根拠もありません。
自分がこれと思ったものを突き通すべきです。

■天皇賞(春)の見解(公式レーティング順)

ゴールドシップ→面白い程に阪神内回りと中山しか走らない。中山も上がり勝負になると凡走する。
敗けるという分かりきった傾向があるのだから、ここを惨敗して人気落ちした宝塚記念を確実に勝ちたい、
という陣営の思惑が見える。ノリ騎手の試乗かもしれない。

ラストインパクト→地力不足。GⅠでの遅れ方が惨敗だけならともかく、
着差から半端に好走しているのが不足。掲示板なら。馬券には入れられない。

フェノーメノ3連覇がかかる。2年連続、1番人気ではなく、今年も中位人気の見込み。
日経賞経由は同様、しかし結果(2年前は勝利、昨年は着外)が異なる。今年も着外。
順当ならまず負けないと思う。

サウンズオブアース→3着以内なら。複勝上位人気になりそう。
初輸送の東京優駿以外掲示板を外していない。

キズナ→人気先行するので、枠順や馬場状態は考慮したい。
古馬重賞勝ち1つだけ、実績では5番人気ぐらいが妥当。
本当に凱旋門賞を使うなら、ここで仕上げる必要はない。
直前情報での陣営コメントがやたら強気一辺倒なら、取り敢えず嫌っていい。

アドマイヤデウス→アドマイヤドン産駒だとか、冬場から使われている、など不安が目に行き、
ここも結局人気しない可能性がある。早目に動いて34秒で上がれる分、キズナよりはこちらに目が行く。

ウインバリアシオン→同レース3、2着。今年も有力候補。
後方一辺倒でなく、中団に付けられるのは強み。

ラブリーデイ→一発ありそうなのがこちら。京都外回りで軽快さを見せた後、
持久力勝負に屈した。高速馬場になれば、前で残りそう。

フェノーメノ、ラブリーデイの単勝、ワイドだけでいいと思います。
連下ならサウンズオブアース、アドマイヤデウス、ウインバリアシオンまで。
ここを勝ちに来ている馬を狙います。馬券は買えないけれども。

他の馬は厳しいと見ます。
スポンサーサイト

第75回皐月賞 雑感

タイム 1.58.2 ※9R 古馬1000万下 2.00.1(ここもミルコ騎手優勝)
ハロンタイム 12.5 - 10.7 - 12.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.4 - 11.6
上り 4F 46.8 - 3F 34.7

コーナー通過順位
1コーナー 14-7,4(3,5,13)(9,15)(1,6,12)8(2,11)10
2コーナー 14,7,4,3(5,13)(9,15)(1,6,12)8(2,11)10
3コーナー 14,7(3,4)(5,13,12)(1,9,15)(2,6)8(11,10)
4コーナー 14,7(3,5)(1,9)(2,4)(11,13,12,8)(15,6)10

一言、色々面白いレースでした。
まさか後方に付けるとは思わなかった上位人気2頭、対象的なコース取りなど。

トライアル組は、辛うじてスプリングステークス優勝のキタサンブラックが3着。
高速馬場への適性を問うに向かなかったレースだったことが伺えます。
(リアルスティールは、前走を試走と捉えています)

掲示板に入った馬は全て、持ち味を活かしつつ、鞍上も馬の地力を引き出すレースだったと思います。
それだけに、順調に行けば次もこの結果が覆ることは考えにくいです。
別路線からの有力どころとの力関係がどうなるか。

4コーナーまで徹底して内を通り、いきなり外に膨れる危ういレースぶりながら、結果的には
ロスなく進めたこともあり、さらに桁違いの瞬発力で一気に前を抜き去ったドゥラメンテ。
折り合いさえつけば、相当強い。
ただ、気性難のある馬は、常にその動向に注視する必要があると思います。

位置取りを気にしていた鞍上、ある程度前目に付けつつ、ロスなく直線では早目先頭に立ち、
勝ったかと思ったところに差されるという、共同通信杯と逆の競馬をされたリアルスティール。
ソラを使った可能性もあります。
初の芝2000m、ひょっとしたら1ハロン延長の影響もあったかもしれません。

キタサンブラック、ブライトエンブレムは、崩れないけれど大舞台を勝つには地力不足、
クラリティスカイは鞍上の手腕によるところが大きい。

サトノクラウンは、サンデーどころかヘイルトゥリーズンの血さえ引いていないことが気になっていました。
早目に動いたのは好判断と思います。上がりは2位の34.5。それも外々を回って。
ただ、3勝すべて鈍足馬場によるもので、高速馬場では苦しいと思います。
時計を要する馬場にならない限り、東京優駿も厳しい。

皐月賞の結果も、桜花賞同様、東京優駿に直結するとは言いにくいと思います。
別路線組の台頭もあるかもしれない、そんな気がしています。

別の意味で、波乱

おはようございます。

暇というのは、案外苦痛なものです。
仕事したいです……。求人数は多くなっています。しかし、どうしても経験や資格を問われる厳しいご時世。
せめて落ちた旨の返信は欲しい物です。

さて。

皐月賞は荒れますと、結びました。しかしなんと、現時点で15頭出走予定という異例の状況だそうです。
今年は、波乱にならないかもしれません。
あと、意外にスプリングステークス組が好成績でした。ちゃんと調べないといけませんね……。

現時点では一番上の評価の馬は、リアルスティールです。
前走は明らかに試走という感じに思えました。
頭数が減るのは、個人的に捌きがうまいと思えない鞍上にとってもいい傾向だと思います。

以前触れたドゥラメンテは、思ったより評価が高い。
しかし、頭数減によって思い切った競馬が出来そうなのは大きいと思います。
行きたがるのを無理に抑える必要もない、思い切って先行していいと思います。
上がりが速くなる東京芝1800mばかり使われながら、上がり33秒を記録していないところからも、
中山や阪神のようなコースのほうが向いてそうな印象が強いです。
2ハロンの勝負なら、リアルスティールとの競り合いになりそう。

サトノクラウンは、血統からどうしても馬の傾向が掴めません。また、騎手がコロコロ変わっているのも
気になります。この乗り替わりで過剰人気になりそうな点も。
ただ、紛れが無ければ崩れるのも考えにくく、3着には入りそう。

穴っぽい馬が悉くいなくなってしまったので、見るレースになりそうです。

東京優駿を狙い撃ちしている素質馬がいるので、さらに好走を見込める馬に勝ってほしいと思ってはいます。
リアルスティールもドゥラメンテも、父は東京優駿馬。この2頭を応援しようと思います。

第75回 桜花賞(GI) 感想


ハロンタイム 12.7 - 11.7 - 12.7 - 12.9 - 12.5 - 11.3 - 10.7 - 11.5
上り 4F 46.0 - 3F 33.5

コーナー通過順位
3コーナー 6(2,3)10(1,17)(4,12)(5,14,16)(7,8,13,15)(9,11)-18
4コーナー 6(3,10)(2,17)(4,14,12)(13,16)(1,5)(7,15)(8,11)(9,18)

人気下位の③ノットフォーマルが前に残っている時点で、はっきりと前残りです。
0.7差突き放した⑥レッツゴードンキは、元々優れた末脚を持っていただけのこと。

ただ、もし岩田康騎手の言うことが本当なら、他の騎手と違い、見事な判断というべきです。
後ろが牽制して誰も動かないのは、傍から見ても異様な光景でした。あ、これは前残りとすぐ分かるぐらい。

勝ち馬は、逃げながら上がり33.5という新しい競馬で結果を出して見せました。
引き出しが増えたのは大きな収穫でしょう。
母父が長丁場を得意としていたマーベラスサンデーなので、優駿牝馬でも好勝負出来るとは思います。

2、3着に共通するのは、2連勝後、チューリップ賞で人気に推されたけれど明確な敗因があったこと。
この形は大抵人気落ちするものですが、案の定美味しい配当だったと思います。

驚いたのは、真っ先に切ったクイーンズリングの好走。
1800→1600→1400、全部中山外か内回りと、何を学ばせたいのか分からない臨戦過程に
何も見いだせませんでしたが、地力は見せられたと思います。
前走減った馬体からさらに減っており、はっきりいっていい状態とは到底思えません。
とにかく意味不明なローテで馬に負担を強いることなく、秋に成長した姿を見せてほしいです。

過剰人気その1、アンドリエッテは、最速上がり33.2と、2番目に印象に残る競馬を見せました。
ほぼ最後方の位置から十数頭を追い抜いた末脚は、いずれ大舞台で見せてほしいと思います。

人気のルージュバック、ココロノアイは、仲良く1.37.0で走破。どちらも地力負けではないと思います。
ただ、敗因が両者異なる気がします。
前者は、徹底マーク、多頭数の洗礼を受けてしまったこと。
後者は、出足の悪さに加え、折り合いもつかず、何もかもうまくいかなかった、という感じ。
ただ、いいところが全くなかったのも付け加えます。

纏まりもなく、ただ長くなりましたが、結論は、展開の綾によるもので地力を示した馬は見当たらないこと。

最後に、優駿牝馬で面白そうな馬を数頭。
別路線は基本用無しなので、桜花賞組が最低2頭は来ると見ていいと思います。

■ルージュバック
無敗馬→桜花賞敗退→巻き返し。
揉まれる競馬、多頭数、スロー、輸送、調教師の慢心、多くの得るものがあった今回。
本質的に中長距離と思われるため、条件は好転する。
ただし、世代での地力差はそうない。また人気するなら、再度嫌ってもいい。

■キャットコイン
この馬は関西輸送の経験が無かった。マイナス12キロ、敗因は明確。それでなお上がり33.4はお見事。
上がりの競馬ではなく、時計を要する勝負根性を活かした競馬が合う印象なだけに、
そういうレースになりやすい優駿牝馬は、絶好の舞台と思う。

■クルミナル
チューリップ賞1番人気の面目躍如。エルフィンステークス後は、相当注目を受けていた馬だった。
軽い馬場で高い性能を見せており、先日の馬場も決して向いているとは思えない。
毎年軽い馬場になる傾向のある東京で、今度は目を見張る末脚を期待したい。

今週は皐月賞。全く軸の見当たらない難解なレースです。
競馬仲間の皆様、是非高配当を的中させて下さいませ。荒れます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

3月 雑感

皆様こんにちは。

新卒の方は、いよいよ厳しい社会へ足を踏み入れ、
学生の方は、次なる学びの道へと進む時期です。

さて。

3月と先週の競馬について。

・古馬の前哨戦、3歳の出走権取得が多い時期。比較的波乱の少ない結果に。
→高松宮記念は、実績のある馬で決まった。GⅠで後れを取っていた馬は、今回も同様の結果となった。
比較的力の要る香港の大舞台を制し多くの強調要素があっても、不安もあってかあまり人気が無かった勝ち馬、
不安要素の方が大きいのになぜか人気し負けた1、2番人気。これも競馬の面白さ。

→阪神大賞典は、地力を問われる見ごたえあるレースになった。
天皇賞(春)と異なり、2度の急坂越えがある分相応の持久力を問われる。中距離馬には用無しのコース。
ゴールドシップにはごく当然の結果であり、ラブリーデイもまた然りと思う。
ただ、ラブリーデイは、ここの負けで人気を落とすようなら面白い。

→日経賞は、古馬になって地力を付けたのか、アドマイヤデウスが見事な走り。
アドマイヤドン産駒が、芝の重賞を連勝という。中々面白い。
しかし、同レースにおいてはむしろ、全く走っていないフェノーメノの巻き返し、天皇賞(春)3連覇に期待したい。

→大阪杯は、馬場がどうというものではなく、地力による結果。勝ち馬は牝馬限定とはいえ古馬GⅠを勝ち、
負けた馬には古馬GⅠの実績が無い。3着すらない。
走っても人気にならない馬がいれば、走らなくても人気になる馬もいる。

→3歳牡馬編。大混戦。少頭数、荒れ馬場などで評価しにくい弥生賞、
山なりラップにより如何にも中山芝1800mのレースとなってしまい、
皐月賞に直結しにくい結果となったスプリングステークス、
人気所がすでに脱落組な上、前残りとなった若葉ステークス。
むしろ、それらのレースで地力を出せなかった、本調子でなかった馬を拾うか、
前哨戦を使っていない馬を狙う、という手もあるかもしれない。
忘れ去られた印象のあるドゥラメンテが巻き返してくる気がする。

→3歳牝馬編。今週、桜花賞が施行される予定。紐荒れ程度で、軸は基本実績馬で良いかと思う。
レースの質だけなら、チューリップ賞1、3着が断トツに良い。
相当に時計を要する馬場を中団で待機し、長く良い脚で突き抜けたココロノアイ
極めて厳しい競馬を強いられながら、最後まで粘りとおしたレッツゴードンキ。ワンツーもあると思う。
他路線の馬は、特に目の行く馬はいない。前哨戦で敗退した馬の巻き返しもあるかもしれない。

ルージュバックには不安要素が多い。
無敗、牡馬混合重賞制覇、全て快勝というところが人気している理由とは思われる。
ただ、急坂もハイラップも多頭数も経験していないため、3倍前後あたりが妥当なオッズと思う。
自己紹介

セイショウ

Author:セイショウ
2015年は貯金とデータ集めに専念、馬券は来年から始めたいと思います。

食好み:魚>野菜=鶏肉>豚肉
仕事:就業予定
年齢:シービーの1つ上
趣味:読書、三国志(正史寄り)、ゲーム
好きな馬:ナリタブライアン
苦手な馬:人気先行
好きな酒:焼酎、ウイスキー
好きな競馬関係者:積極果敢、謙虚、潔い
嵌る予定のゲーム:三国志13(最高15000円するそうです)

2013年度成績
【中央重賞】
成績詳細:2013年7月1日時点(不定期)
回収率:107.7% 55戦11勝
収支:328,500円→353,760円
本命成績:11-9-3-32
※ダート短距離勝負と合算のため、 画像内容と回収率不一致。別口座にすべきだった。

【地方交流重賞】
※今年は敗北が確定したため終了
回収率:31.35% 10戦1勝
収支:60,000円→18,810円
本命成績:4-2-2-2

【選出ダート短距離勝負】
※対象レース数過少のため終了
回収率:38.3% 3戦0勝
収支:18,000円→6,890円
本命成績:0-1-1-1
カテゴリ
2013年度 万馬券履歴
京都金杯      3連複   11990円
東京スプリント   3連単   15750円
青葉賞         馬連   30590円
 〃           馬単   71140円
平安ステークス  3連単   15630円
エプソムカップ   3連単   34300円
2012年度成績
【中央競馬】
回収率:107.9% 121戦18勝
収支:724,500円→781,890円
本命成績:25-23-10-63
※回収率100%超え達成!

【地方競馬】
回収率:80.2% 30戦7勝
収支:95,300円→76,480円
※回収率100%超えならず・・・

【2012年度 万馬券的中履歴】
佐賀記念       馬単  14940円
弥生賞        馬単  22190円
中日新聞杯      馬単  12230円
大阪杯       3連単  11540円
青葉賞       3連複  48540円
 〃        3連単  189270円
札幌記念      3連単  10590円
金鯱賞        馬単  15280円
 〃        3連複  12810円
 〃        3連単  91410円
カペラステークス  3連複  10460円
本日までの訪問者数
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
リンク先最新記事
ランキング
ランキング参加中です!



相互リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクをご希望の方は、
直近の記事にコメント下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
696位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
324位
アクセスランキングを見る>>
楽天株式会社
健康コーポレーション株式会社
GMOインターネット株式会社
楽天カード株式会社
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉
A8.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。