スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みやこステークスの解析

今年で3回目。歴史の浅い重賞です。
そのため、視点を変え、過去10年、OPENクラス以上、別定における戦績から、
ある程度の推測をしていきたいと思います。

但し、いくつかの条件を除外しています。
・稍重以上の道悪・・・前残りの傾向がより強くなるため
・ハンデ戦・・・みやこステークスは別定戦、それもクラス別定(重賞勝ち馬のみ加算重量が課される)のため

Miyako_Stakes_data.html

サンプル数がないためレース傾向の解析は不可能、従って本記事はコース傾向と考えて下さい。

数値の羅列は、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率の順です。

◆騎手所属
美浦 1- 4- 4- 13/ 22 4.5% 22.7% 40.9% 26 79
栗東 21- 16- 17-214/268 7.8% 13.8% 20.1% 83 82
地方 0- 0- 0- 15/ 15 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 2- 1- 8/ 11 0.0% 18.2% 27.3% 0 91

京都ダートを熟知している関西所属騎手が優勢。ただ、複勝率では関東騎手も負けていません。
外国人騎手はダート開催の少ない欧州がメインのため、芝ほどに成績は良くありません。

◆厩舎所属
美浦 6- 7- 3- 54/ 70 8.6% 18.6% 22.9% 127 74
栗東 16- 15- 19-187/237 6.8% 13.1% 21.1% 59 83
地方 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

意外にも、関東馬の成績が良いです。

◆年齢
3歳 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 73 46
4歳 4- 9- 5- 48/ 66 6.1% 19.7% 27.3% 28 113
5歳 8- 10- 7- 70/ 95 8.4% 18.9% 26.3% 83 87
6歳 8- 1- 7- 74/ 90 8.9% 10.0% 17.8% 136 63
7歳以上 1- 1- 3- 52/ 57 1.8% 3.5% 8.8% 5 51

7歳以上の高齢でなければ、それほど差はありません。

◆枠順
1番 2- 0- 0- 20/ 22 9.1% 9.1% 9.1% 111 32
2番 3- 3- 2- 14/ 22 13.6% 27.3% 36.4% 145 122
3番 1- 1- 0- 19/ 21 4.8% 9.5% 9.5% 13 38
4番 2- 3- 3- 14/ 22 9.1% 22.7% 36.4% 67 132
5番 2- 5- 0- 15/ 22 9.1% 31.8% 31.8% 27 66
6番 2- 0- 3- 16/ 21 9.5% 9.5% 23.8% 74 88
7番 3- 2- 1- 16/ 22 13.6% 22.7% 27.3% 65 49
8番 3- 0- 1- 18/ 22 13.6% 13.6% 18.2% 235 98
9番 0- 1- 1- 20/ 22 0.0% 4.5% 9.1% 0 39
10番 0- 1- 2- 17/ 20 0.0% 5.0% 15.0% 0 30
11番 1- 4- 0- 14/ 19 5.3% 26.3% 26.3% 76 166
12番 0- 1- 2- 16/ 19 0.0% 5.3% 15.8% 0 134
13番 1- 0- 4- 13/ 18 5.6% 5.6% 27.8% 20 96
14番 0- 0- 3- 13/ 16 0.0% 0.0% 18.8% 0 59
15番 2- 1- 0- 13/ 16 12.5% 18.8% 18.8% 308 85
16番 0- 0- 0- 12/ 12 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

9頭立 2- 2- 2- 12/ 18 11.1% 22.2% 33.3% 26 116
10頭立 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0% 20 51
12頭立 1- 1- 1- 9/ 12 8.3% 16.7% 25.0% 12 57
13頭立 2- 2- 2- 19/ 25 8.0% 16.0% 24.0% 39 44
15頭立 4- 4- 4- 48/ 60 6.7% 13.3% 20.0% 148 92
16頭立 12- 12- 12-155/191 6.3% 12.6% 18.8% 64 78

フルゲートになることが多い条件。内側の枠の方が勝率が高いですが、15番で2勝しており、
基本枠順の有利・不利はないと考えていいと思います。

◆脚質、上がり、位置取り
平地・逃げ 2- 2- 2- 18/ 24 8.3% 16.7% 25.0% 27 124
平地・先行 10- 11- 11- 44/ 76 13.2% 27.6% 42.1% 142 132
平地・中団 9- 7- 5- 98/119 7.6% 13.4% 17.6% 80 69
平地・後方 1- 1- 4- 89/ 95 1.1% 2.1% 6.3% 19 36

3F 1位 10- 5- 4- 7/ 26 38.5% 57.7% 73.1% 231 205
3F 2位 3- 8- 2- 14/ 27 11.1% 40.7% 48.1% 331 217
3F 3位 5- 1- 3- 12/ 21 23.8% 28.6% 42.9% 180 140

3F ~5位 2- 3- 5- 38/ 48 4.2% 10.4% 20.8% 46 57
3F 6位~ 2- 5- 8-177/192 1.0% 3.6% 7.8% 10 41

4角1番手 4- 1- 2- 15/ 22 18.2% 22.7% 31.8% 50 121
2番手以内 8- 6- 8- 33/ 55 14.5% 25.5% 40.0% 116 162

3番手以内 10- 10- 13- 46/ 79 12.7% 25.3% 41.8% 119 151
4番手以内 12- 14- 13- 59/ 98 12.2% 26.5% 39.8% 117 134
5番手以内 17- 17- 14- 81/129 13.2% 26.4% 37.2% 145 141
7番手以内 19- 18- 17-114/168 11.3% 22.0% 32.1% 120 122
10番手以内 21- 21- 20-171/233 9.0% 18.0% 26.6% 90 98

まず、逃げ馬より、4コーナーで先頭集団まで押し上げそのまま押し切るタイプの先行馬が有利
また、最速上がりを繰り出した馬が好成績ですが、大半は好位から強い競馬を見せたか、
中団からの差しきり、あるいはマクリ差し。

後方一気が届いたのは2007年平安ステークスのメイショウトウコンのみです。

◆人気
1番人気 3- 6- 3- 10/ 22 13.6% 40.9% 54.5% 23 73
2番人気 5- 7- 1- 9/ 22 22.7% 54.5% 59.1% 70 91
3番人気 2- 2- 2- 16/ 22 9.1% 18.2% 27.3% 50 55
4番人気 3- 0- 2- 17/ 22 13.6% 13.6% 22.7% 129 55
5番人気 4- 2- 2- 14/ 22 18.2% 27.3% 36.4% 171 137
6番人気 0- 0- 1- 21/ 22 0.0% 0.0% 4.5% 0 16
7番人気 2- 0- 4- 16/ 22 9.1% 9.1% 27.3% 224 127
8番人気 0- 4- 2- 16/ 22 0.0% 18.2% 27.3% 0 174
9番人気 3- 0- 2- 17/ 22 13.6% 13.6% 22.7% 373 174
10番人気 0- 1- 1- 18/ 20 0.0% 5.0% 10.0% 0 130
11番人気 0- 0- 1- 18/ 19 0.0% 0.0% 5.3% 0 40
12番人気 0- 0- 1- 18/ 19 0.0% 0.0% 5.3% 0 83
13番人気 0- 0- 0- 17/ 17 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
14番人気 0- 0- 0- 16/ 16 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
15番人気 0- 0- 0- 16/ 16 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

やや波乱傾向が強いです。1番人気の成績が悪い。逆に、2番人気が好成績。
ただ、二桁人気はほぼ出番なし。穴を狙うなら9番人気まで

◆キャリア
3~ 5戦 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 360 150
6~10戦 2- 2- 2- 20/ 26 7.7% 15.4% 23.1% 45 54
11~15戦 3- 6- 1- 28/ 38 7.9% 23.7% 26.3% 40 66
16~20戦 5- 9- 4- 52/ 70 7.1% 20.0% 25.7% 65 107
21~30戦 10- 4- 12- 81/107 9.3% 13.1% 24.3% 114 98

31戦~ 1- 1- 3- 69/ 74 1.4% 2.7% 6.8% 40 37

ある程度キャリアを積んだ馬が優勢。

◆騎手の乗り替り
◆乗替り 12- 12- 12-168/204 5.9% 11.8% 17.6% 81 80
◆同騎手 10- 10- 10- 82/112 8.9% 17.9% 26.8% 56 75

複勝率では分が悪いものの、回収率では上回るため、乗り替りの成績も悪くありません。

◆レース間隔
連闘 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1% 0 41
2週 4- 0- 3- 24/ 31 12.9% 12.9% 22.6% 154 112
3週 4- 5- 2- 33/ 44 9.1% 20.5% 25.0% 127 114

4週 4- 5- 4- 75/ 88 4.5% 10.2% 14.8% 27 43
5~9週 5- 8- 9- 63/ 85 5.9% 15.3% 25.9% 49 80
10~半年 5- 3- 3- 29/ 40 12.5% 20.0% 27.5% 147 120
半年以上 0- 1- 0- 18/ 19 0.0% 5.3% 5.3% 0 30

間隔を詰めるか、ほどほどに休ませた馬が好成績。中途半端に間隔を開けたり、
長期休養明けは割引。

◆前走着順
前走1着 8- 10- 3- 47/ 68 11.8% 26.5% 30.9% 101 87
前走2着 3- 3- 1- 14/ 21 14.3% 28.6% 33.3% 93 110

前走3着 2- 2- 2- 16/ 22 9.1% 18.2% 27.3% 53 40
前走4着 2- 2- 2- 14/ 20 10.0% 20.0% 30.0% 30 97
前走5着 1- 2- 3- 15/ 21 4.8% 14.3% 28.6% 143 159
前走6~9着 5- 2- 6- 67/ 80 6.3% 8.8% 16.3% 92 97
前走10着~ 1- 1- 4- 76/ 82 1.2% 2.4% 7.3% 22 25

前走好成績の馬が、勢いそのままに結果を出すケースが多い。

◆前走着差
勝1.0~1.9 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
勝0.6~0.9 1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6% 51 54
勝0.3~0.5 2- 3- 1- 8/ 14 14.3% 35.7% 42.9% 84 135
勝0.1~0.2 3- 4- 0- 22/ 29 10.3% 24.1% 24.1% 113 65
勝0.0 2- 2- 2- 9/ 15 13.3% 26.7% 40.0% 139 118
負0.0 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負0.1~0.2 2- 0- 0- 19/ 21 9.5% 9.5% 9.5% 78 22
負0.3~0.5 5- 6- 2- 11/ 24 20.8% 45.8% 54.2% 200 190
負0.6~0.9 4- 2- 9- 44/ 59 6.8% 10.2% 25.4% 35 116
負1.0~1.9 3- 2- 5- 78/ 88 3.4% 5.7% 11.4% 84 56
負2.0~2.9 0- 2- 2- 31/ 35 0.0% 5.7% 11.4% 0 42
負3.0~3.9 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負4.0~ 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


差をつけられて負けている馬の巻き返しは苦しい。

◆前走人気
前走1人気 7- 7- 0- 25/ 39 17.9% 35.9% 35.9% 120 93
前走2人気 5- 5- 4- 27/ 41 12.2% 24.4% 34.1% 90 91

前走3人気 2- 4- 4- 17/ 27 7.4% 22.2% 37.0% 80 142
前走4人気 0- 1- 4- 21/ 26 0.0% 3.8% 19.2% 0 66
前走5人気 2- 2- 0- 20/ 24 8.3% 16.7% 16.7% 146 42
前走6~9人 5- 2- 6- 60/ 73 6.8% 9.6% 17.8% 59 108
前走10人~ 1- 1- 3- 79/ 84 1.2% 2.4% 6.0% 53 29

前走人気を背負って結果を出した馬の信頼度は高いです。
前走2番人気以内で結果を出せなかった馬が巻き返した例は、22レース中わずか3つ

◆前走クラス
未勝利 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
500万下 0- 0- 0- 0/ 0
1000万下 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1600万下 4- 4- 3- 28/ 39 10.3% 20.5% 28.2% 87 115
OPEN特別 10- 7- 10- 97/124 8.1% 13.7% 21.8% 83 91
G3 4- 6- 2- 69/ 81 4.9% 12.3% 14.8% 86 61
G2 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
G1 2- 1- 3- 11/ 17 11.8% 17.6% 35.3% 72 75

条件戦上がりの馬が勢いを見せるか、GⅠから相手弱化で結果を出すか。

◆前走距離
同距離 12- 10- 8-111/141 8.5% 15.6% 21.3% 77 87
±200以内 19- 17- 15-180/231 8.2% 15.6% 22.1% 87 82
±400以内 22- 19- 21-232/294 7.5% 13.9% 21.1% 78 81
±600以内 22- 22- 22-239/305 7.2% 14.4% 21.6% 75 81
今回延長 6- 4- 7- 66/ 83 7.2% 12.0% 20.5% 106 82
今回短縮 4- 8- 7- 71/ 90 4.4% 13.3% 21.1% 36 63
500m以上延長 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
500m以上短縮 0- 3- 1- 12/ 16 0.0% 18.8% 25.0% 0 55

意外にも距離延長より、短縮の方が成績が悪いです。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

アルテミスステークスの解析

新設重賞のため、過去戦績がありません。
そのため、視点を変え、過去10年、500万下以上の2歳戦における戦績から、
ある程度の推測をしていきたいと思いまする。

牡馬混合レースがあるためレース傾向が異なってくる可能性もありますので、ご参考まで。
対象レースは、いちょうステークス(OPEN、混合)、赤松賞(500万下、牝馬限定)、
ベゴニア賞(500万下、混合)の3つ。

Artemis_Stakes_data.html

数値の羅列は、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率の順です。

◆騎手所属
美浦 18- 23- 18-162/221 8.1% 18.6% 26.7% 83 57
栗東 6- 3- 4- 45/ 58 10.3% 15.5% 22.4% 97 40
地方 0- 0- 0- 22/ 22 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 3- 1- 5- 17/ 26 11.5% 15.4% 34.6% 98 86

外国人騎手の成績が優秀。複勝率だけでなく、回収率も高い。信頼度は、国内騎手より上です。

◆厩舎所属
美浦 22- 22- 22-196/262 8.4% 16.8% 25.2% 85 51
栗東 5- 5- 4- 28/ 42 11.9% 23.8% 33.3% 95 68
地方 0- 0- 1- 22/ 23 0.0% 0.0% 4.3% 0 39
外国 0- 0- 0- 0/ 0

関西馬の方が成績が良いです。複勝率が高い。回収率も上です。

◆枠順
1番 0- 5- 0- 22/ 27 0.0% 18.5% 18.5% 0 42
2番 2- 2- 1- 21/ 26 7.7% 15.4% 19.2% 79 64
3番 2- 2- 1- 22/ 27 7.4% 14.8% 18.5% 16 30
4番 2- 1- 9- 15/ 27 7.4% 11.1% 44.4% 31 97
5番 0- 3- 1- 23/ 27 0.0% 11.1% 14.8% 0 21
6番 3- 2- 1- 21/ 27 11.1% 18.5% 22.2% 68 36
7番 4- 0- 3- 20/ 27 14.8% 14.8% 25.9% 67 33
8番 2- 2- 3- 17/ 24 8.3% 16.7% 29.2% 102 52
9番 2- 2- 1- 18/ 23 8.7% 17.4% 21.7% 78 45
10番 2- 1- 3- 14/ 20 10.0% 15.0% 30.0% 36 59
11番 2- 3- 2- 12/ 19 10.5% 26.3% 36.8% 24 56
12番 2- 2- 1- 12/ 17 11.8% 23.5% 29.4% 106 53
13番 0- 0- 1- 12/ 13 0.0% 0.0% 7.7% 0 15
14番 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 1017 175
15番 1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6% 244 75
16番 2- 1- 0- 1/ 4 50.0% 75.0% 75.0% 345 167
17番 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

7頭立 2- 2- 2- 8/ 14 14.3% 28.6% 42.9% 20 60
8頭立 2- 2- 2- 9/ 15 13.3% 26.7% 40.0% 49 52
9頭立 3- 3- 3- 17/ 26 11.5% 23.1% 34.6% 60 48
10頭立 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0% 152 59
11頭立 2- 2- 2- 16/ 22 9.1% 18.2% 27.3% 28 45
12頭立 4- 4- 4- 36/ 48 8.3% 16.7% 25.0% 69 49
13頭立 4- 4- 4- 40/ 52 7.7% 15.4% 23.1% 52 39
14頭立 2- 2- 2- 22/ 28 7.1% 14.3% 21.4% 26 33
15頭立 3- 3- 3- 36/ 45 6.7% 13.3% 20.0% 252 101
16頭立 2- 2- 2- 26/ 32 6.3% 12.5% 18.8% 43 39
17頭立 1- 1- 1- 14/ 17 5.9% 11.8% 17.6% 16 38
18頭立 1- 1- 1- 15/ 18 5.6% 11.1% 16.7% 109 48

一応載せていますが、少頭数のレースが多く、参考外でいいでしょう。

◆脚質、上がり、位置取り
平地・逃げ 2- 4- 2- 19/ 27 7.4% 22.2% 29.6% 22 38
平地・先行 11- 11- 11- 61/ 94 11.7% 23.4% 35.1% 50 62
平地・中団 12- 9- 9- 90/120 10.0% 17.5% 25.0% 160 58
平地・後方 2- 3- 5- 76/ 86 2.3% 5.8% 11.6% 22 38

3F 1位 16- 7- 7- 3/ 33 48.5% 69.7% 90.9% 340 187
3F 2位 3- 6- 6- 14/ 29 10.3% 31.0% 51.7% 92 107
3F 3位 4- 3- 3- 14/ 24 16.7% 29.2% 41.7% 482 128

3F ~5位 2- 5- 6- 43/ 56 3.6% 12.5% 23.2% 7 44
3F 6位~ 2- 6- 5-171/184 1.1% 4.3% 7.1% 3 12

4角1番手 2- 4- 2- 19/ 27 7.4% 22.2% 29.6% 22 38
2番手以内 8- 10- 6- 48/ 72 11.1% 25.0% 33.3% 44 47
3番手以内 11- 13- 9- 63/ 96 11.5% 25.0% 34.4% 46 51
4番手以内 13- 15- 13- 80/121 10.7% 23.1% 33.9% 44 57
5番手以内 15- 19- 19-106/159 9.4% 21.4% 33.3% 37 54
7番手以内 19- 22- 21-136/198 9.6% 20.7% 31.3% 89 59
10番手以内 25- 24- 24-202/275 9.1% 17.8% 26.5% 86 52

本コースの傾向そのままに、逃げ残りが厳しく、速い上がりを繰り出した馬が好成績。
逃げ馬は、複勝率は悪くないように見えますが、回収率が極めて低い。
6番人気以内しか馬券に絡んでいません。

最速上がり馬は、ほぼ3着に入ります。実質、そういう馬を探すレースと言ってもいいでしょう。

◆人気
1番人気 10- 6- 7- 4/ 27 37.0% 59.3% 85.2% 83 101
2番人気 4- 8- 3- 12/ 27 14.8% 44.4% 55.6% 65 75
3番人気 5- 3- 5- 14/ 27 18.5% 29.6% 48.1% 101 83
4番人気 3- 4- 1- 19/ 27 11.1% 25.9% 29.6% 146 72
5番人気 1- 4- 5- 17/ 27 3.7% 18.5% 37.0% 40 99

6番人気 0- 2- 4- 21/ 27 0.0% 7.4% 22.2% 0 52
7番人気 1- 0- 2- 24/ 27 3.7% 3.7% 11.1% 70 61
8番人気 2- 0- 0- 22/ 24 8.3% 8.3% 8.3% 153 35
9番人気 0- 0- 0- 22/ 22 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
10番人気 0- 0- 0- 20/ 20 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
11番人気 0- 0- 0- 19/ 19 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
12番人気 0- 0- 0- 17/ 17 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 1- 0- 0- 12/ 13 7.7% 7.7% 7.7% 704 121
14番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
15番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

極めて波乱傾向が低い。1番人気の成績がずば抜けています
地力のある馬がそのまま勝ち切るコース
です。

◆騎手の乗り替り
◆乗替り 14- 13- 17-153/197 7.1% 13.7% 22.3% 64 50
◆同騎手 13- 14- 10- 93/130 10.0% 20.8% 28.5% 105 56

勝率、回収率の点で、乗り替りは割引です。

◆レース間隔
連闘 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2週 7- 3- 1- 45/ 56 12.5% 17.9% 19.6% 83 42
3週 3- 7- 6- 47/ 63 4.8% 15.9% 25.4% 13 40
4週 3- 4- 6- 46/ 59 5.1% 11.9% 22.0% 165 61
5~9週 12- 12- 10- 76/110 10.9% 21.8% 30.9% 95 65
10~半年 2- 1- 4- 29/ 36 5.6% 8.3% 19.4% 18 40

成績が分散していますが、休み明けでもなく、ある程度間隔を開けて調整された馬が優勢です。

◆前走着順
前走1着 16- 19- 13-123/171 9.4% 20.5% 28.1% 63 54
前走2着 4- 2- 7- 11/ 24 16.7% 25.0% 54.2% 69 111
前走3着 2- 4- 3- 13/ 22 9.1% 27.3% 40.9% 80 74
前走4着 3- 0- 0- 10/ 13 23.1% 23.1% 23.1% 105 30
前走5着 1- 0- 0- 13/ 14 7.1% 7.1% 7.1% 122 27
前走6~9着 0- 2- 3- 51/ 56 0.0% 3.6% 8.9% 0 18
前走10着~ 1- 0- 1- 24/ 26 3.8% 3.8% 7.7% 352 70

意外に連勝しきれません。前走2着の巻き返しに注意

◆前走着差
勝2.0~ 0- 0- 0- 0/ 0
勝1.0~1.9 0- 0- 0- 0/ 0
勝0.6~0.9 2- 5- 1- 6/ 14 14.3% 50.0% 57.1% 31 74
勝0.3~0.5 6- 1- 7- 31/ 45 13.3% 15.6% 31.1% 87 62

勝0.1~0.2 7- 8- 5- 61/ 81 8.6% 18.5% 24.7% 56 49
勝0.0 1- 5- 0- 25/ 31 3.2% 19.4% 19.4% 61 45
負0.0 1- 1- 3- 1/ 6 16.7% 33.3% 83.3% 25 225
負0.1~0.2 2- 3- 4- 11/ 20 10.0% 25.0% 45.0% 62 72
負0.3~0.5 5- 2- 4- 17/ 28 17.9% 25.0% 39.3% 75 67

負0.6~0.9 2- 1- 1- 31/ 35 5.7% 8.6% 11.4% 299 58
負1.0~1.9 1- 1- 2- 43/ 47 2.1% 4.3% 8.5% 36 26
負2.0~2.9 0- 0- 0- 12/ 12 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負3.0~3.9 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負4.0~ 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

前走0.3以上の差をつけて勝った、地力を見せつけた馬、
あるいは前走0.0~0.5とそれほど大きく負けていない馬
に注意。
危険なのは、前走タイム差0.0で辛うじて勝った馬。勝率が極めて低いです。

◆前走人気
前走1人気 12- 14- 11- 50/ 87 13.8% 29.9% 42.5% 94 79
前走2人気 2- 5- 6- 28/ 41 4.9% 17.1% 31.7% 11 70
前走3人気 6- 2- 1- 26/ 35 17.1% 22.9% 25.7% 78 45
前走4人気 1- 2- 1- 20/ 24 4.2% 12.5% 16.7% 54 39
前走5人気 1- 0- 2- 20/ 23 4.3% 4.3% 13.0% 30 26
前走6~9人 5- 3- 5- 60/ 73 6.8% 11.0% 17.8% 179 53
前走10人~ 0- 1- 1- 41/ 43 0.0% 2.3% 4.7% 0 7

前走1番人気に推された馬は安定した成績。二桁人気の馬はまず来ません。

◆前走クラス
新馬 7- 8- 7- 44/ 66 10.6% 22.7% 33.3% 40 55
未勝利 9- 11- 6- 69/ 95 9.5% 21.1% 27.4% 86 59
500万下 5- 1- 5- 51/ 62 8.1% 9.7% 17.7% 208 58
1000万下 0- 0- 0- 0/ 0
1600万下 0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別 4- 3- 6- 31/ 44 9.1% 15.9% 29.5% 47 45
G3 2- 3- 2- 14/ 21 9.5% 23.8% 33.3% 32 60
G2 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 28

どの臨戦過程も、それほど大きい差はありません。どこを経たかより、その内容が重要。

◆前走距離
同距離 13- 11- 13- 92/129 10.1% 18.6% 28.7% 79 58
±200以内 26- 26- 25-201/278 9.4% 18.7% 27.7% 94 59
±400以内 27- 27- 27-243/324 8.3% 16.7% 25.0% 81 53
±600以内 27- 27- 27-245/326 8.3% 16.6% 24.8% 81 52
今回延長 7- 8- 9-116/140 5.0% 10.7% 17.1% 101 46
今回短縮 7- 8- 5- 38/ 58 12.1% 25.9% 34.5% 36 56
500m以上延長 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
500m以上短縮 0- 0- 0- 0/ 0

同距離か、距離延長が優勢。タフな東京マイルだけに、長い距離の実績があった方が有利です。
危険なのは距離延長組。

◆前走レース
未勝利* 7- 8- 6-51/72 9.7% 20.8% 29.2% 66 58
新馬 5- 5- 7-35/52 9.6% 19.2% 32.7% 42 58
未勝利・牝* 2- 3- 0-15/20 10.0% 25.0% 25.0% 171 70
新馬・牝 2- 3- 0- 9/14 14.3% 35.7% 35.7% 32 42
札幌2歳G3 2- 2- 1- 7/12 16.7% 33.3% 41.7% 56 80
芙蓉S 2- 1- 2-11/16 12.5% 18.8% 31.3% 58 48
赤松賞500* 2- 0- 0- 8/10 20.0% 20.0% 20.0% 216 54
サフラン500* 1- 1- 2-13/17 5.9% 11.8% 23.5% 538 115
いちょう 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5% 86 55
百日草特500* 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6% 40 44
コスモス 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 153 126
500万下* 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 218 30
新潟2歳G3 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0% 0 37
京王杯2G2 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 35
ききょう 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 110
福島2歳 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 50
ジュニ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 450
くるみ賞500* 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 31
クローバ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 55
500万下・市* 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 470

札幌2歳ステークスやコスモス賞といった、長い距離、芝1800mを臨戦した馬が好成績。
他は横並びです。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

第50回アルゼンチン共和国杯 特別登録展望

特別登録時点の、仮想出馬表です。

Copa_Republica_Argentina_Examination.html

ハンデが、上は59キロ、下は50キロと、如何にも始まる前から荒れそうな雰囲気。
ただ、天皇賞(春)を勝っているというだけで、ビートブラックの59キロはかなり見込まれた印象。
ここは回避するかもしれません。



【有力馬】
・ルルーシュ 牡4 56
前走は初重賞挑戦で1番人気4着。レース間隔が開いたためか+10キロ。
また、4コーナーで失速した馬を捌くのに手間取った不利もありました。
札幌芝2600mで12.6-11.6-11.8-12.2-12.5-12.7-13.3-13.1-12.3-11.7-11.7-11.4-11.9
キツイ後半4ハロンが11秒台のレースで速めに動いて押し切る強い競馬。
持久力勝負ならば、相当なものを持っていると思います。
血統も、ゼンノロブロイ×グレイソヴリン系と、長距離適性を後押し。

不安要素は、強いて挙げれば常に人気過剰な点。
過去全レース、人気以上の着順に収まったことがありません

・ギュスターヴクライ 牡4 58 
今年春の長距離重賞で2,1,5着、前走の京都大賞典も早めの競馬で3着。
長距離戦、持久力勝負ならば、崩れたことがありません。
父、母共に、ジャパンカップをハナ差で負けたという、変わった縁のある血統。
しかも、どちらもハイラップの消耗戦。長距離適性には文句のつけようがありません。

不安要素は、強いて挙げればハンデ58キロ。こなせるとは思いますが、
実際58キロで結果を出したことが無いのも確か。

・オウケンブルースリ 牡7 58
休み明けの京都大賞典で2着。菊花賞馬、ジャパンカップ2着の実績馬が意地を見せました。
昨年はトップハンデ58.5キロを背負いながら2着。持久戦への適性は既に証明済みです。
58キロ以上の斤量を何度も背負っており、ハンデに関しては問題なし。
血統も、父ジャングルポケットは中長距離がベスト、母父デピュティミニスターは消耗戦に強い。

不安要素は、展開。速い上がりを使えない点から、スローペースになると苦しい
重い斤量を背負うため猶更です。流れて持久力勝負になってこそ。



今回人気になりそうで危険視したいのが、2頭います。ムスカテールとフォゲッタブル。

前者は、前走13.1-11.4-12.8-12.7-12.7-12.8-13.2-12.8-12.3-11.0-10.9-11.2という、
超に超がつくスローペースを前につけ、速い上がりで制したレース。
消耗戦に強い馬が活躍する東京芝2500mとは真逆のベクトルです。
消耗戦の経験に乏しく、前走の競馬ぶりが評価され中途半端な斤量を背負わされるのは大きな懸念。

後者は、ステイヤーズステークスとダイヤモンドステークス勝ち、如何にも長距離でこそ、
という感じですが、そのいずれもが超スローの上がり勝負、しかもメンバーレベルも低い。
この馬も同様に、前半流れた消耗戦で結果を出したことが無く、実際東京芝2500mで2度大敗。



【穴候補】
・トウカイパラダイス 牡5 56
今年の目黒記念2着馬。その後のハンデ重賞で2戦続けて人気以下の成績に終わりました。
しかし、新潟記念、ここと間隔を開けて、春先の使い詰めの影響が解消されているならば怖い。
左回りは2-1-0-1、上がり勝負に屈した前走以外は連対を外していません。
ローテ、近走成績、中途半端に見込まれたハンデ、様々な要素から人気の盲点になりそうで、状態次第で。

・ユニバーサルバンク 牡4 57
不安要素満載だった前走オールカマーで3着。
ネオユニヴァース×ドクターデヴィアス、トウルビヨン系のクラリオンのクロスのみという、重苦しい血統。
過去戦績から、速い脚が使えないがバテない、消耗戦に強いことが分かります。
ラスト1ハロンが13.1とガクッと落ちた、ハイラップの大阪ーハンブルクカップ勝ち。
上がりを要するレースになれば

・マイネルマーク 牡4 52
唯一の格上挑戦馬。しかし、前2走の内容が良いです。
前々走は、札幌芝2600mで、消耗戦となった京都新聞杯4着のククイナッツレイを、
前走は、息が入らない展開で、同様に消耗戦となった先々週の北野特別1着のカポーティスターを、
それぞれ破っています。未勝利脱出に9戦要し、さらに500万下も3戦、そして連勝。
戦績からは、GⅠ3勝馬のヒシミラクルを連想させます。消耗戦への適性とハンデは魅力的



【コース短評】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(─)
3歳以上1000万(─)
3歳以上準OP・OP特別(─)
3歳以上重賞(29.8-48.9-36.7-35.6=2.31.0)

東京芝2500mは開催数自体少なく、大半が重賞という状況のため、過去戦績からは
傾向が掴みにくいレースです。

スタート地点が坂下のため、芝2400mとは全く別のコースと言ってよく、まず持久力が問われます。
このコースに瞬発力は不要。
上がりを要するため、結果的に前残りが多く、後方一気ではまず届きません

長距離血統が活躍するレースですが、同時に消耗戦への適性も問われるため、
過去にこの舞台で大敗している馬には、そのレースがどういうラップを刻んでいたかを
チェックする必要があります。

消耗戦で敗れていたのであれば不要。逆にスローの上がり勝負で負けていたのであれば、見直しが必要。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

第3回みやこステークス 特別登録展望

特別登録時点の、仮想出馬表です。

Miyako_Stakes_Examination.html

前哨戦とするにはもったいない豪華メンバーです。そして、高レベル3歳馬、上がり馬の古馬、
実績のある古馬、様々なタイプ
が集い、予想が面白そう。

本レースはクラス別定。過去1年内に重賞勝ちの実績がある馬には加算して負担重量を課されます



【有力馬】
・ローマンレジェンド 牡4 57(+1)
5連勝で、古豪エスポワールシチーを破っての重賞制覇。ダートは7-1-0-0と底を見せず。
芝メインの活躍を見せるスペシャルウィーク産駒ですが、母父はダートよりのオーサムアゲイン。
ダート替わりで一変。実績のある上世代の古馬、高レベルの3歳馬を相手にどこまでやれるか注目です。

気になるのは、ここは本番への叩き台ということ。
賞金は足りているはずで、大型馬の休み明け、ここメイチの仕上げは考えられません。
結果より内容を重視したレースを考えているはずで、相手関係もカギでしょう。

・ニホンピロアワーズ 牡5 58(+2)
京都ダートの鬼。3-3-2-0、さらに1800mで3-2-2-0
安定感抜群です。中央ダート重賞は未だ勝ち鞍はありませんが、地方交流で3勝を挙げており、
JpnⅡを勝っているための負担重量58キロ。
昨年の3着馬で、その時は前残り、展開の綾による敗北。
有力馬と比較して、この馬は一叩きした強みがあります。不安要素が全くなく、馬券からは外せない存在。

強いて不安要素を挙げるなら、メンバーで最も重い58キロを背負うことですが、
ハンデ戦の58キロで快勝した実績があり、アンタレスステークスは使い詰めによるお釣りの無さ、
早仕掛けのツケの方が敗因としては先に浮かびます。
地方交流重賞で3勝しているようにパワータイプで、斤量負けはしないと見ます。

・ハタノヴァンクール 牡3 57(+3)
ダート5戦5勝。底を見せていません。
少なくとも同世代との勝負付けはある程度済んだと言ってよく、次は古馬。
叩き台のようにも思えますが、大レースを取るために古馬との力関係を把握するため、
地力を出せる仕上げに持ってくる
と思います。
後ろから行くタイプですが、勝負どころが早くなる京都ダートで捲る芸当を見せており、
地力で勝てる脚力を持っています。

気になるのは、唯一、+3キロの相対重量を背負わされること。57キロ自体はこなしていますが、
古馬との地力差、+3キロがどう影響するか。



なお、3歳重賞勝ち馬の2頭、+2の56キロを背負わされるオースミイチバン、
+1の55キロ、ホッコータルマエは、現状では危険視しています。春先はともに強行軍でした。
その後短期休養でどこまで回復したか、特に精神面の回復がどうかが気になります。
追い切りを見極めて判断したいと思います。



【穴候補】
・ヒラボクキング 牡5 57(+1)
全6-1-1-7の内、京都ダ1800mで5-1-1-2。ベストのコース、距離
平安ステークスでは、正攻法の競馬でエスポワールシチーを破っています
ムラのある馬ですが、走る気を見せた時は怖い存在。
前走は完全な太目残りで度外視。休み明けは2-0-0-2、平安ステークスも休み明けでした。
初戦から動ける出来にあるならば

・メテオロロジスト 牡5 56(±0)
超長期休養明けだった前走、16番人気で3着と好走して見せました。
ゴールデンミサイル×ストームキャットという、初めて聞く種牡馬。父はエーピーインディの直仔なので、
中距離がベストだと思います。
キャリア6戦目で前述のヒラボクキングを1.0千切り、
9戦目の佐賀記念でジャパンカップダート3着馬アドマイヤスバルを破って
います。
他に逃げ馬がいないため、楽逃げが出来ればあっと驚く逃走劇が起きても不思議ではありません。

・ナイスミーチュー 牡5 57(+1)
前走54キロ、内枠と恵まれたとはいえ、初のダート重賞挑戦できっちり勝ちをモノにしました。
ダート替わりで1,3,1,4,1,1着と一気に上位まで上り詰めました。
今回は、前走とは比較できないほどの強敵が相手で、しかも自身別定57キロを背負いますが、
この馬も有力馬に多い、ダートで底を見せていない一頭。
阪神の方が得意ですが、中団から速い上がりを繰り出せるタイプ、前が止まれば怖い。



【コース短評】
未作成、今週木曜か金曜あたりに記事に乗せる予定です。

2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(36.8-38.8-37.4=1.53.0)
3歳以上1000万(36.5-38.3-37.3=1.52.1)
3歳以上準OP・OP特別(36.1-38.2-37.0=1.51.3)
3歳以上重賞(35.8-37.5-37.2=1.50.5)

前傾ラップ基本、そして逃げ、先行馬が圧倒的有利なコースです。
3コーナーの丘はダートにもあり、勝負どころから下り坂、行き脚のついた前の馬が止まらず、
しかも直線は短く329m、平坦
のため、差し、追込みは相当の地力が無いと届きません。

人気を背負った差しタイプが飛び、人気薄の逃げ、先行馬が穴を開けるのは、
中央ダートで唯一直線に坂がない京都ダートの基本です。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

第1回アルテミスステークス 特別登録展望

特別登録時点の、仮想出馬表です。

Artemis_Stakes_Examination.html
※Cはチェックのイニシャル、POG馬に付けています

新設重賞、牝馬限定で、底力を問われる東京マイルでの1戦。
現時点では、素質云々より、地力を示してきた馬を重要視したいところ。

なお、唯一重賞勝ちのあるストークアンドレイは、来週のファンタジーステークスに向かう予定。
ここでは取り上げません。



【有力馬】
・エイシンラトゥナ
2頭しかいない2勝馬の1頭。こちらは、新馬戦で中京マイルをこなしており、
似た舞台で実績がある強みは大きい。
外国産馬で、ダンチヒ産駒の父Exchange Rate、母父キングマンボという、これまた珍しい血統。
5本ものクロスが入っており、濃いインブリード。

2戦とも逃げて結果を出しており、逃げ馬が苦しいこのコースでどういう競馬をするか。

・コレクターアイテム
1勝馬。2戦ともマイルを使われて結果を出しています。
前走は、スローの前残りながら、直線だけで3着争いに加わる強烈な上がり33.2を繰り出しました。
有力2頭が前目から行くタイプなのに対し、こちらは末脚を活かす競馬が合っていそうなタイプ。
ハーツクライ×ストームバードという血統。

スローの上がり勝負になった場合も結果として最速上がり馬が絡むことが多いので、
道中引っかかったりせず、自分の競馬が出来るかどうかに尽きるでしょう。

・タガノミューチャン
2頭しかいない2勝馬の1頭。POG馬であり個人的には応援したい馬ですが、
馬券に私情は絡めません。
新馬戦はスローペースの逃げ切り、如何にも恵まれたというレースでしたが、
前走は一転してハイラップを前で追いかけ、最後まで渋太く伸びてのレコード勝ち
ハーツクライ×スピニングワールドという血統。

最多の5頭が出走するサフラン賞組の再先着馬ですが、それほど差を付けたわけではなく、
東京芝1400mとマイルは別物と言えるコース。
この馬の持ち味と思える勝負根性と脚の持続力を活かせる展開になるかどうかでしょう。



【穴候補】
・ジーニマジック
27頭もいる登録馬で唯一、東京マイルを勝った実績がある馬。
しかも、12.8-11.2-12.3-11.5-12.3-12.1-11.1-12.1という、加速⇒減速を繰り返す
息の入らない流れを3番手から最速上がりで快勝
しています。
ダイワメジャー×アルザオという血統で、ノーザンダンサーのクロスのみ。
父はマイルをベストとしていたので、地力は出せる舞台だと思います。

・ネロディアマンテ
過去3走とも1番人気、今回も人気する可能性が高いです。
シンボリクリスエス×サンデーサイレンス、パワーと持久力が売りという印象がある血統。
新馬戦、前走ともに前にいる馬を差せず残られる速い脚を使えないのは如何にも父譲り。
紛れもなく上位の地力はあるでしょうが、人気によって評価を考えたい馬です。

・テンシンランマン
新馬戦、未勝利戦共に牡馬相手に健闘。新馬戦は、後のいちょうステークス2着馬サトノノブレスと僅差、
前走も2番手から粘り強い末脚で着差以上に強い競馬を見せました。
2戦ともマイルより長い芝1800mを使われているのが大きな強み。
ハーツクライ×サクラユタカオーという血統で、クロスがありません。
母ハナランマンは1600m~1800mで3勝しており、如何にもこの距離は良さそう。



【コース短評】
2歳OP特別・重賞(36.0-24.8-34.6=1.35.4)
3歳以上500万(35.4-24.3-34.8=1.34.5)
3歳以上1000万(35.7-23.9-34.4=1.34.0)
3歳以上準OP・OP特別(35.4-23.7-34.3=1.33.4)
3歳以上重賞(34.2-23.4-34.9=1.32.5)

過去10年、2歳限定のOPENクラス以上で施行された東京芝1600mのレースはいちょうステークスのみ。
※重賞のある週には再修正する予定なので、レース予想時に再度ご確認ください。

従って、レースラップは全く当てになりません。下級クラスでは後傾ラップになりやすいですが、
気性の幼い2歳牝馬限定戦だけに、前傾ラップに覆る可能性まで考慮したほうが良さそう。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

今週の重賞

今週の中央重賞は、以下の通りです。

【土曜】
第1回アルテミスステークス(重賞)(東京11R、2歳牝馬限定馬齢、芝1600m(B))
【日曜】
・第3回みやこステークス(GⅢ)(京都11R、3歳以上別定、ダ1800m)
・第50回アルゼンチン共和国杯(GⅡ)(東京11R、3歳以上ハンデ、芝2500m(B))

今週は、GⅠの谷間です。来週以降は、再び年末の有馬記念まで7週続けてGⅠが行われます。
ただ、地方競馬では、JBCデーとして、来週月曜にJpnⅠが2つ行われますので、
実質谷間ではないかもしれません。

土曜に、関東開催の東京にて、新設重賞、阪神ジュベナイルフィリーズ前哨戦アルテミスステークス、
日曜に、関西開催の京都にて、歴史の浅いジャパンカップダート前哨戦みやこステークス、
関東開催の東京にて、今秋、来年に向けて本賞金を稼ぎたい馬が集うアルゼンチン共和国杯、
以上、3つの重賞が開催される予定です。

詳しくは、特別展望にて。

なお、今週から、京都芝コースもA⇒Bコースに替わります
また、新潟開催が終了し、福島開催が始まります。芝はAコースが使用される予定です。



今週の地方交流重賞は、ありません。
しかし、来週の月曜に、JBCデーとして3つもの重賞が開催される予定です。
平日なので、日曜に一気に予想をアップすることになると思います。



クラシックレースが終了し、これからは3歳馬と古馬のぶつかり合いが様々な条件で
行われます。今年は、芝・ダート共に3歳のレベルが高いように思え、特にダートは近年稀にみる
ハイレベルの様相。
もう霜月11月、今年は残り2か月ですが、中央競馬に休みはありません。
根を詰め過ぎている気がしているので、少しゆとりを持ちながら、日々を過ごそうと思います。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

第146回天皇賞(秋)  回顧

第146回天皇賞(秋)(GⅠ)の結果です。予想はこちら

TennouSho(autumn)_cap.jpg

TennouSho(autumn)_result.html

ラップは、12.5-11.2-11.1-11.2-11.3-11.6-11.8-12.0-12.8-11.8。

ハイペース。ただ、シルポートは派手な大逃げと裏腹にそこまでのハイラップで逃げてはなく、
3番手以降はスローペースと言っていい流れ。結果的に上がり勝負になってしまいました。

「ダービー馬、エイシンフラッシュ!再び、この府中で輝きました!」
実況アナのこの言葉、がら空きの最内を突いたデムーロ騎手の騎乗、それに答えたかつてのGⅠ馬。
見事なレースでした。

1着に、・消⑫エイシンフラッシュ
この馬の勝ちはスタート直後、スムーズに内に入れた時点で決まっていたのかもしれません。
道中は、中団12番手。直線では、誰もつかなかった、ぽっかり空いたがら空きの内をめがけて邁進
最速の上がり33.1、漸くの古馬GⅠ勝ちとなりました。
データ上、前走着外、増して毎日王冠組は3着以内すらなかったため消しとしましたが、
データなぞ名騎乗の前には関係ない、と言わんばかりのレースぶり。恐れ入りました。

2着に、1番人気の、・◎④フェノーメノ。またも、大舞台で手が届きませんでした。
道中は、好位4番手。ペースを考えれば絶好の位置でした。
直線は、スパッと切れるタイプではないので、ジリジリとしかし確実に前を追いすがります。
前が止まったところで鞍上は勝ったと思ったかもしれませんが、まさかの内からの刺客。
この馬自身上がり33.8、先行して速い上がりを繰り出しているのですが、上がり勝負では分が悪い。
速い脚を使える馬が上位を占めた中、連対確保はむしろ立派だと思います。

3着に、2番人気の、・〇⑥ルーラーシップ。出遅れ
道中は、後方15番手。
直線では、大外に出すと、残り200mから凄まじい脚で一気に3着まで飛んできました
最内を突いたエイシンフラッシュと同じ上がり33.1ですから、
実質この馬が最速
といってもいいでしょう。

3番人気の、・〇⑯カレンブラックヒルは、5着。好スタートから最小のロスで内に入れました
これは見事な騎乗だったと思います。
道中は、大逃げを打つシルポートから離れた好位2番手。
直線では、止まったシルポートをめがけ襲い掛かりますが、速い上がりを使えないこの馬にとっては、
上がり勝負では分が悪い。脚が止まったというより、他馬の脚色に屈したように見えました。
実際、前走上がり34.3、今回34.5とあまり変わりません。

今回は、明瞭だったデータに従っての完敗、予想にも結果にも一片の悔いなし(世紀末ラオウ風に)。
そして、下馬して陛下に頭を下げたデムーロ騎手、紳士でした。

【次走注意】
13着 トーセンジョーダン
如何にも叩き台といった感じのレースぶり。同じスミヨン騎手でジャパンカップに出てきて、
かつ追い切りから状態一変を感じられれば
、昨年に引き続き本命視します。
2000mで好成績ですが、クラシックディスタンス~長距離がベストと見ています。



【結果】
1着消
2着◎
3着〇
複勝、ワイド、枠連引っかけ的中も、人気上位決着では・・・。負け。
購入6000円⇒3350円

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

乾坤一擲の秋のGⅠシリーズ第2弾 天皇賞(必須)

万世六兵太さんが取り纏めなされている「乾坤一擲の秋のGⅠシリーズ 6番勝負!
第2弾に登録します。

・④フェノーメノの単勝5000ポイント突っ込みます。

上位評価は皆人気馬なので、単勝一本で。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

天皇賞(秋)の予想

天皇賞(秋)の予想です。

TennouSho(autumn)_race.html
※単勝オッズは、10/27(土) 17:30現在

10/26(金)正午時点の馬場情報です。
今週からBコースを使用します。柵の移動により傷んだ箇所もカバーされ、全体的に良好な状態です、
とのこと。
芝の草丈 : (芝コース) 野芝約11~13cm、洋芝約12~16cm
使用コース : Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)

土曜の競馬を見る限り、内の伸び具合は先週とそれほど変わっていないようです。
単に内の馬場荒れが解消された、という見解。

今日は晴れですが、明日は午後から雨の予報
時刻が中途半端なので、良~重、影響する、しない場合の両方を想定します。

コースデータはこちら。データ傾向はこちら。

JRA発表の、調教後馬体重はこちら

【展開予想】ハイペース
3歳以上重賞(36.0-48.5-34.8=1.59.3)
絶好枠を引いた・②シルポートが単騎逃げ確実。
昨年までは引きつけたり飛ばしたり不安定な騎乗が目立ちましたが、
今年は徹して飛ばしています。大逃げ、縦長、ハイペースの消耗戦が予想されます。

データからは、以下の傾向が出ました。
◆軸・紐候補・・・
毎日王冠組:・⑪ジャスタウェイ、・⑯カレンブラックヒル
宝塚記念組:・⑥ルーラーシップ
札幌記念組:該当なし
京都大賞典組:該当なし
オールカマー組:該当なし
(特定の条件を満たす臨戦過程であること)


◆穴候補・・・該当なし
6~ 人気 2- 4- 5-108/119 1.7% 5.0% 9.2% 91 69

◆消し候補・・・
・②シルポート、③ネヴァブション、⑤サダムパテック、⑦アーネストリー、
・⑧ジャガーメイル、⑩フェデラリスト、⑫エイシンフラッシュ、⑰マイネルスターリー、
・⑱トゥザグローリー
(前走着外、またはタイム差1.0以上で負けていること)


上記を踏まえて、予想を組み立てていきます。

今回はデータの信頼度が高いため、ほぼ従順に印を打ちます。
まず、消しに該当する馬は、全部消します

特別展望の時点で触れた馬で、今回印を打たなかった理由は至って単純。
地力、調子と枠順を天秤にかけ、分が悪いと判断した以下2頭を外しました。
・⑭トランスワープ・・・58キロは初、2連勝はハンデの恩恵もあり、いきなりの相手強化で外枠は苦しい。
・⑮トーセンジョーダン・・・如何にも急仕上げ。昨年とはまるで出来が違い、叩いてから。

【予想】
・◎④フェノーメノ
東京優駿でハナ差2着。勝てない青葉賞組で、勝ちに等しい競馬をしてのけました。
前走、自分から動いて、レースラップが残り1000m全て11秒台という、
きつい展開を押し切る
強い内容。消耗戦に対する適性を示しました。
有力馬が殆ど外を引いた中、この馬だけ内枠を引き、運も向いているように思えます。
あとは、古馬未対戦ゆえ、地力関係だけ。

・〇⑥ルーラーシップ
相手筆頭。追い切りから、仕上がりに問題はないと判断しました。
海外遠征明けだった宝塚記念で2着、しかもこの馬は消耗戦のレースで早目に動いての内容。
様々な条件を使われているため隠れ蓑のようになっていますが、2000mは4-1-0-0とベスト
道悪だった海外GⅠを千切って勝っており、雨が降れば尚良し。
休み明けも、レース間隔を開けた方が好成績な馬なので、問題ないと思います。

・〇①ナカヤマナイト
内枠は2-0-1-1と掲示板を外していません
夏場を経て成長した印象があり、前走も外々を回りながら最速の上がりで押し切る、悪くない内容。
なにより、コース替わりで最内枠という絶好枠を確保できたのは大きい。
この距離に勝ち鞍はありませんが、現時点の地力で走れば連下まではあってもいいと思います。

・〇⑪ジャスタウェイ
ゴールドシップの須貝厩舎に内田博騎手、勢いを感じるコンビだけに不気味です。
距離や雨が降る可能性を懸念しての人気薄でしょうが、
前走の走りを見る限り、2000mまでは問題ないように思えます。
良馬場ならば、前が止まったところに大外一気、連下なら可能性を感じます。

・〇⑬ダークシャドウ
稍重で2勝しているので道悪がダメということはないと思いますが、プラスに働くこともないと思います。
前走の負けは、コース適性の差によるもので、実質勝っているようなもの。海外遠征大敗の影響も少なく、
状態は問題なさそう。東京芝2000m3-1-0-0という絶好の舞台、陣営はここメイチだと思います。
枠順と天候、不安はこの2点だけ。

・〇⑯カレンブラックヒル
5戦全て内枠だった馬が、よりによって外枠不利のコースで16番枠
正直、これで勝ったら紛れもなく稀代の名馬だと思います。
スタートセンスが良いため、スッと前に付けてすぐ内に入れられれば。
道悪で上がりを要する流れになりそうで、あとは残り200mでもバテずに脚を伸ばせるか。



【馬券】
単勝、複勝 4
枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単1頭軸4⇒1,6,11,13,16
(単勝200円、複勝800円、他100円、計6000円)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

第55回スワンステークス  回顧

スワンステークスの結果です。予想はこちら

Swan_Stakes_cap.jpg

Swan_Stakes_result.html

ラップは、12.4-11.2-11.6-11.5-11.0-11.2-11.6。
平均ペース

4歳馬が4着まで独占。3歳馬は結果を出せませんでした。
行った行ったに、実績馬が飛んでくるという展開。

1着に、3番人気の、・・・⑮グランプリボス。内田博騎手、2週連続重賞制覇
好スタートから、道中は、中団10番手。掛かり気味でしたが、鞍上がうまく馬群に入れて宥めました。
直線では、ぽっかり空いた馬場の真ん中をめがけて、最速の上がり33.2で突き抜けました。
流石にこのメンバーで3番人気というのは舐められすぎか、GⅠ2勝馬が意地を見せました。
ここ2走で+16、+10キロと、春先に消耗した馬体が回復したことは大きい。
今の出来なら、再び復権もなるかもしれません。

2着に、・〇⑫テイエムオオタカ。
おっつけてハナを主張。うまくペースを落としたのは良かったのですが、掛かったアドマイヤセプターに絡まれたのが痛い。
とはいえ、勝ち馬の末脚を考えれば、どのみち勝つのは難しかったでしょう。
むしろ、一度交わされた馬を差し返し、最後まで抜かせなかった勝負根性は評価できると思います。

3着に、・〇⑬アドマイヤセプター。
道中は、好位2番手。道中掛かり気味で、下り坂に入って一気にスイッチが入ってしまいました。
そのまま先頭に立ってしまいます。直線に入って、内のテイエムオオタカとの競り合いに。
息が入らなかった影響か地力負けか、前で差し返された上、後ろからも交わされるという内容。
善戦とは思いますが、まだまだ幼いレースぶりでした。

本命に推した、11番人気の、・◎⑭カネトシディオスは、7着。
時計を要する結果、ある程度前が流れるレース、とこの馬にはうってつけの展開になったにも拘らず、
中団にいた勝ち馬と同じ上がり33.2。最速に変わりなくとも、差をつけての1位ではないので、
地力負けでしょう。
今の勢いで、キャリア31戦目で、壁を感じさせるレース内容。重賞では、まだ苦しいようです。

1番人気の、・〇⑨レオアクティブは、9着。
道中は、後方15番手。道中掛かりっぱなし。
馬が行く気を見せているのに、無理やり押さえ込んでいる感じに見えました。
マイルチャンピオンシップを想定しての乗り方だったように思え、
+10キロも叩き台という布石だった可能性も。

2番人気の、・〇⑧ダノンシャークは、4着。
道中は、中団7番手。直線に入ってもじりじりとしか伸びず、上がり33.6という
中途半端な末脚でした。安定していても勝ち切れない、この馬らしい競馬ぶり。
この馬の4勝はすべてスローによるもので、道中、中途半端に前に付けた結果、
脚が溜まらなかった可能性も。

前走馬体回復、不向きな距離で善戦したのに、グランプリボスを評価しなかったのは、
京都外回りの成績が悪く、適性が合わないと判断したため。
ただ、3敗中2敗は、不向きな休み明けや道悪でのもので、断ずるのは早計だったと思いました。

また、スローペースを予測しながら、追込み馬に本命を打ったのも狙いすぎたと思いました。
二桁人気が来るかも、穴ならば、と荒れることだけに執着した結果です。

今月は、回顧してみて、予想からすでに悪いと思うことしきりです。

【次走注意】
9着 レオアクティブ
間隔が開いたからか成長分かまでは分かりませんが、輸送込みで+10キロというのは
ベストとは言えなかったように思えます。
道中の折り合い、本番と同じ京都外回り試走、このあたりが課題、目的だったように思えます。
ただ、より折り合いが求められるマイルチャンピオンシップに出てきたら、今日の内容を見る限り即消し。
前半流れやすい阪神芝1400mの、阪神カップあたりで持ち味が活きそう



【結果】
1着・・・
2着〇
3着〇
購入6000円⇒0円

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

スワンステークスの予想

スワンステークスの予想です。

Swan_Stakes_race.html
※単勝オッズは、10/26(金) 19:00時点

10/26(金)正午時点の馬場情報です。
向正面直線の中間部から内回り3コーナーにかけて内側に傷みがあります。
また内回り4コーナー、外回り3~4コーナーおよび正面直線の内側に傷みが出始めました、
とのこと。
芝の草丈 : (芝コース) 野芝約12~14cm、洋芝約12~16cm

今日、明日と、晴れ時々曇りの予報
俄か雨でもない限りは、馬場で施行されると思います。

コースデータはこちら。データ傾向はこちら。

【展開予想】スローペース
3歳以上重賞(34.5-11.4-34.5=1.20.4)
逃げると思われる・⑫テイエムオオタカは、ハナに拘らない上、前走も1200mの前半34.6とゆったり。
しかも先行馬がほとんどおらず、スローの上がり勝負になりそうです。

データからは、傾向が全く出ませんでした。
◆軸・紐候補・・・該当なし

◆穴候補・・・該当なし
※過去10年で、6番人気以下が良く絡んでおり、迷ったら人気薄を選ぶ気持ちで。
6~ 人気 4- 5- 6-107/122 3.3% 7.4% 12.3% 93 97

◆消し候補・・・該当なし

データに関しては、その他の傾向を適度に用いつつ、縛られないよう予想を組み立てていきます。

なんと、最多勝が5勝という、勝ち切れないメンバーが揃いました。
重賞展望で挙げた馬については、追い切り、枠順、展開、天候、鞍上いずれも問題ないので、
そのまま印を取り上げ、その中から本命を決めます。

データでは過去10年、前走1400m臨戦組が全滅してますが、地力不足なだけだったと判断、
無視します。

【予想】
・◎⑭カネトシディオス
ここ5走、異なるコース、距離全てで最速上がり。しかも全て33秒台以内かつ、2走は32秒台。
2走前は、トップハンデで2位に0.7もの差をつける上がり32.7で快勝、
前走も前残りの流れで上がり33.3の大外一気で快勝。
長期休養明けを経て、馬が変わったかのような印象です。上がり勝負なら右に出る者はいないと思います。

・〇⑬アドマイヤセプター
相手筆頭。カネトシディオス同様、条件戦連勝で臨みますが、
その軌跡は対象的。叩き上げの前者に対し、この馬は素質開花といった感じ。
前走は超スローペースとはいえ、東京の長い直線を3番手から11.3-10.8-11.4と、
抜かせない速い脚を繰り出しました。
前目の位置から速い上がりを繰り出せるのは大きな魅力。懸念は折り合いのみ。

・〇②エーシンホワイティ
同じようなラップを刻みそうなオパールステークス組その1。
前走は、57キロを背負いながら、2キロ軽い上楽逃げした馬を最後追い詰める競馬。
中山、阪神1-0-0-7と坂が全くダメな馬で、逆に坂のない小倉や京都2-4-1-3で好成績
安土城ステークスでは、同じ条件で1キロ重い斤量ながらドリームバレンチノとタイム差0.2
の競馬をしており、条件さえ合えば重賞で善戦できる地力はあります。

・〇⑧ダノンシャーク
過去16戦、1600m~2000mを使った馬が今回、距離短縮。
前走、直線半ばで脚が止まったことに対しての対策と思われ、色気は十分。
ハイラップのマイルを経験しているので追走に苦労することはないと思います。
ベストの京都2-4-1-0、掲示板を外したのは1回という安定ぶりから、連下からは外せませんが、
未勝利脱出に4戦、その後も勝ち切れない競馬で未だ4勝と、頭では買いにくいタイプでもあります。

・〇⑨レオアクティブ
休み明け2連勝、前走日本レコード勝ちと、勢いに乗る3歳馬。
短中距離路線の3歳馬は今年優秀で、エピセアロームとこの馬が秋口の重賞を勝ちました。
先週も、富士ステークスでワンツーフィニッシュ。
それらの馬と接戦を演じてきた経験、夏場の成長を考慮すれば、
中2週後レコードの反動や、関西圏の勝ち鞍なしといった点も打ち消せると思います。

・〇⑫テイエムオオタカ
同じようなラップを刻みそうなオパールステークス組その2。
長期休養明けを叩きながら、着実に良化していきました。
今回逃げ馬がおらず、先行馬も少ないので、楽逃げは確実
1400m以下なら掲示板を外したことが無い安定感は魅力です。



【馬券】
単勝、複勝 14
枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単1頭軸14⇒2,8,9,12,13
(単勝200円、複勝800円、他100円、計6000円)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

2歳限定交流重賞はケン(買わない)が正解

本日、門別競馬場ナイターにて、

10/25(木) 門別11R 2歳牝馬限定馬齢 ダート1200m(右) 20:00発走
第15回エーデルワイス賞(JpnⅢ)

が開催されました。

レース結果です。

圧倒的1番人気が飛び、中央勢も飛び、ホッカイドウ競馬のワンツーフィニッシュ。
3連単が731,860円という大波乱となりました。

ちなみに、10-12の連勝系は誰かが大量買いしたのか、不自然なほどに配当が低いです。
単勝10.7と85.9の組み合わせなのに、馬連は17,150円。
ワイドは、10-12が6,260円、8-12が9,200円と、人気の無い10との組み合わせの方が売れています。

まずオッズの妙から書き出しましたが、このレース事前に予想しても、さっぱり分かりませんでした。
この組み合わせは到底当てられなかったと思います。

来月以降も、北海道2歳優駿や兵庫ジュニアグランプリ、全日本2歳優駿と3つ開催予定です。
しかし、これらのレースはケンすることにします。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コースデータ:京都芝1400m・外

JRA公式の京都コース情報です。

スタートから3コーナーまで十分な距離があるため、逃げ争いを制しやすく、
また3コーナ―の丘を過ぎると下り坂、直線も平坦のため、逃げ馬が有利です。
レースラップが読みにくく、ハイペースになるかスローペースになるかで、来る馬のタイプが
異なります

前傾ラップ、つまりハイペースであればスプリンター、
後傾ラップ、つまりスローペースであればマイラーが台頭することが多いです。

【クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(35.0-11.9-35.2=1.22.1)
3歳以上500万(35.1-11.6-35.0=1.21.7)
3歳以上1000万(35.3-11.6-34.8=1.21.7)
3歳以上準OP・OP特別(35.1-11.5-34.5=1.21.1)
3歳以上重賞(34.5-11.4-34.5=1.20.4)

本コースでは、
10月頃に、3歳以上別定のスワンステークス、
11月頃に、2歳牝馬限定馬齢のファンタジーステークス、
以上、2つの重賞が開催されています。

以下、本コースの特徴です。集計データは、過去5年から。
計87レース。

1.騎手
30鞍以上騎乗して成績の良い騎手を挙げます。
岩田康誠 6- 4- 5-32/47 12.8% 21.3% 31.9% 152 100
福永祐一 5- 5- 3-29/42 11.9% 23.8% 31.0% 55 71

武豊 4- 4- 2-26/36 11.1% 22.2% 27.8% 36 57
浜中俊 5- 3- 4-38/50 10.0% 16.0% 24.0% 252 95
藤岡佑介 5- 3- 3-39/50 10.0% 16.0% 22.0% 64 96
北村友一 3- 2- 3-22/30 10.0% 16.7% 26.7% 71 92

岩田康騎手、福永騎手が好成績

成績が悪い騎手はいません。

鞍数は少ないが、成績のいい騎手です。
安藤勝己 2- 3- 3-11/19 10.5% 26.3% 42.1% 69 92
藤田伸二 3- 1- 1-24/29 10.3% 13.8% 17.2% 54 39

2.枠順
1番 4- 7- 5- 70/ 86 4.7% 12.8% 18.6% 99 54
2番 7- 11- 3- 65/ 86 8.1% 20.9% 24.4% 51 80
3番 7- 8- 5- 67/ 87 8.0% 17.2% 23.0% 161 142
4番 8- 7- 3- 69/ 87 9.2% 17.2% 20.7% 58 84
5番 2- 5- 8- 72/ 87 2.3% 8.0% 17.2% 19 60
6番 4- 6- 4- 72/ 86 4.7% 11.6% 16.3% 63 74
7番 4- 4- 12- 67/ 87 4.6% 9.2% 23.0% 18 151
8番 7- 4- 8- 68/ 87 8.0% 12.6% 21.8% 161 117
9番 7- 5- 5- 69/ 86 8.1% 14.0% 19.8% 183 110
10番 8- 6- 4- 68/ 86 9.3% 16.3% 20.9% 140 69
11番 4- 9- 5- 68/ 86 4.7% 15.1% 20.9% 53 127
12番 7- 1- 6- 65/ 79 8.9% 10.1% 17.7% 64 68
13番 5- 0- 5- 66/ 76 6.6% 6.6% 13.2% 48 51
14番 3- 6- 4- 54/ 67 4.5% 13.4% 19.4% 20 61
15番 4- 3- 5- 48/ 60 6.7% 11.7% 20.0% 174 73
16番 3- 2- 2- 48/ 55 5.5% 9.1% 12.7% 116 47
17番 1- 1- 2- 31/ 35 2.9% 5.7% 11.4% 68 37
18番 2- 2- 1- 24/ 29 6.9% 13.8% 17.2% 44 154

特に有利、不利な枠順はありません。

3.脚質
逃げ 18- 7- 9- 53/ 87 20.7% 28.7% 39.1% 429 213
先行 31- 30- 21- 231/ 313 9.9% 19.5% 26.2% 116 114
中団 33- 42- 42- 444/ 561 5.9% 13.4% 20.9% 69 95
後方 5- 8- 15- 359/ 387 1.3% 3.4% 7.2% 13 29

3F 1位 16- 16- 18- 55/ 105 15.2% 30.5% 47.6% 131 156
3F 2位 11- 14- 4- 68/ 97 11.3% 25.8% 29.9% 144 102
3F 3位 10- 7- 9- 69/ 95 10.5% 17.9% 27.4% 61 108
3F~5位 13- 26- 23- 128/ 190 6.8% 20.5% 32.6% 89 168
3F6位~ 37- 24- 33- 767/ 861 4.3% 7.1% 10.9% 77 58

4角1番手 19- 8- 10- 50/ 87 21.8% 31.0% 42.5% 431 220
2番手以内 38- 17- 23- 127/ 205 18.5% 26.8% 38.0% 281 196

3番手以内 45- 28- 25- 218/ 316 14.2% 23.1% 31.0% 197 149
4番手以内 49- 37- 30- 284/ 400 12.3% 21.5% 29.0% 184 135
5番手以内 59- 45- 38- 350/ 492 12.0% 21.1% 28.9% 182 130
7番手以内 69- 59- 57- 489/ 674 10.2% 19.0% 27.4% 151 117
10番手以内 81- 77- 73- 693/ 924 8.8% 17.1% 25.0% 119 114

逃げ馬が圧倒的有利。4コーナーで2番手以内にいる馬の勝率が高いです。
速い上がりを繰り出しても結果に結びつくことが少なく、所謂前が止まらず終わる、という形に
なることが多い。

4.種牡馬
30レース以上出走して成績の良い種牡馬を挙げます。
サクラバクシンオー 9- 9- 3-52/73 12.3% 24.7% 28.8% 130 97
クロフネ 3- 6- 4-20/33 9.1% 27.3% 39.4% 94 216

タイキシャトル 4- 4- 5-37/50 8.0% 16.0% 26.0% 61 92
アグネスタキオン 3- 4- 2-32/41 7.3% 17.1% 22.0% 68 83

サクラバクシンオー産駒の勝率、クロフネ産駒の複勝率が高いです。

成績の悪い種牡馬はいません。

出走数は少ないが、成績の良い種牡馬です。
デュランダル 2- 2- 2- 9/15 13.3% 26.7% 40.0% 61 104
フレンチデピュティ 2- 2- 0-12/16 12.5% 25.0% 25.0% 182 79
ネオユニヴァース 2- 1- 0-13/16 12.5% 18.8% 18.8% 38 36
グラスワンダー 2- 0- 2-13/17 11.8% 11.8% 23.5% 314 162
ジャングルポケット 2- 0- 1-14/17 11.8% 11.8% 17.6% 44 128
ステイゴールド 2- 1- 1-14/18 11.1% 16.7% 22.2% 93 98

5.前走距離
同距離 28- 28- 27- 376/ 459 6.1% 12.2% 18.1% 68 65
±200以内 78- 83- 78- 986/1225 6.4% 13.1% 19.5% 72 80
±400以内 87- 86- 84-1069/1326 6.6% 13.0% 19.4% 88 84
±600以内 87- 86- 86-1087/1346 6.5% 12.9% 19.2% 87 86
今回延長 27- 26- 27- 364/ 444 6.1% 11.9% 18.0% 79 93
今回短縮 32- 33- 33- 349/ 447 7.2% 14.5% 21.9% 113 106
500m以上延長 0- 0- 0- 0/ 0
500m以上短縮 0- 1- 3- 19/ 23 0.0% 4.3% 17.4% 0 322

1200m 27- 26- 27- 351/ 431 6.3% 12.3% 18.6% 82 96
1400m 28- 28- 27- 376/ 459 6.1% 12.2% 18.1% 68 65
1600m 23- 28- 24- 250/ 325 7.1% 15.7% 23.1% 68 81
1700m 1- 2- 2- 8/ 13 7.7% 23.1% 38.5% 54 334
1800m 8- 1- 4- 66/ 79 10.1% 11.4% 16.5% 352 116
2000m 0- 0- 2- 17/ 19 0.0% 0.0% 10.5% 0 249

殆ど変りませんが、1400m臨戦より、1200mまたは1600m臨戦馬の方が成績が良いです。
また、意外にも1800m臨戦組の成績が良いです。
1800m以上を使われていた馬が距離短縮で成功し穴をあけるパターンが多く、該当馬は注意。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

スワンステークスの解析

過去10年の全着順データです。

Swan_Stakes_data.html

極めて波乱傾向が高い1番人気は全く当てにならず10年中二桁人気が4勝もしています。
穴党にとっては垂涎のレースです。

1番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0% 31 58
2番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0% 53 42
3番人気 2- 2- 2- 4/ 10 20.0% 40.0% 60.0% 115 156
4番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0% 86 37
5番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0% 94 91
6番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
7番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0% 0 100
8番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 92
9番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0% 0 149
10番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0% 217 294
11番人気 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0% 529 134

12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 139
14番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0% 394 104
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0 192
17番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

以下、傾向です。
数値の羅列は、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率の順です。
1.該当なし(軸・紐候補ピックアップ)

傾向が分散しまくっており、絞込みできません。

【結論】該当なし

該当馬:該当なし

2.該当なし(穴馬ピックアップ)
6~ 人気 4- 5- 6-107/122 3.3% 7.4% 12.3% 93 97

全く絞り込みできませんでした。迷ったら人気薄、ぐらいの気持ちで。

なお、過去10年、毎年1頭ないし2頭の6番人気以下が絡んでいます。
但し、ワンツースリーフィニッシュはなく、必ず1頭は5番人気以上が絡んでいます
人気馬2頭と人気薄1頭、あるいはその逆という買い方が最善。

【結論】該当なし

該当馬:該当なし

3.該当なし(消しピックアップ)
強いて挙げれば前走1400m臨戦組が全滅、のデータぐらいですが、
人気下位の馬ばかりで、単に地力不足の可能性もあり、消しには至らないと判断しました。

【結論】該当なし

該当馬:該当なし




<データの信頼度に関する最終結論>
前走着外馬が好走したり、前走人気した馬の成績が悪かったり、とにかく傾向がつかめません
このレースに関してはデータは当てにならない、というのが結論です。

ちなみに、その他の傾向を、ご参考までに。


◆騎手の所属に差はない
美浦 1- 3- 1- 16/ 21 4.8% 19.0% 23.8% 187 121
栗東 8- 7- 7-111/133 6.0% 11.3% 16.5% 78 89
地方 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 83
外国 1- 0- 1- 10/ 12 8.3% 8.3% 16.7% 71 57

◆関東馬が健闘
美浦 3- 3- 2- 29/ 37 8.1% 16.2% 21.6% 144 106
栗東 7- 7- 7-103/124 5.6% 11.3% 16.9% 79 90
地方 0- 0- 1- 10/ 11 0.0% 0.0% 9.1% 0 45
外国 0- 0- 0- 0/ 0

◆4歳が圧倒的優勢
3歳 2- 1- 1- 27/ 31 6.5% 9.7% 12.9% 181 109
4歳 5- 5- 3- 23/ 36 13.9% 27.8% 36.1% 116 166
5歳 0- 3- 4- 36/ 43 0.0% 7.0% 16.3% 0 81
6歳 2- 0- 1- 33/ 36 5.6% 5.6% 8.3% 39 31
7歳以上 1- 1- 1- 23/ 26 3.8% 7.7% 11.5% 151 64

◆馬体重が重すぎても軽すぎても結果が出ていない
400~419kg 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
420~439kg 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
440~459kg 0- 0- 0- 18/ 18 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

460~479kg 4- 2- 0- 30/ 36 11.1% 16.7% 16.7% 194 71
480~499kg 3- 5- 5- 52/ 65 4.6% 12.3% 20.0% 49 126
500~519kg 2- 1- 2- 24/ 29 6.9% 10.3% 17.2% 151 75
520~539kg 1- 2- 3- 10/ 16 6.3% 18.8% 37.5% 35 169
540~ 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

◆逃げ馬が圧倒的優勢、前残りの傾向が強い
逃げ 3- 1- 1- 5/ 10 30.0% 40.0% 50.0% 493 258
先行 3- 3- 2- 28/ 36 8.3% 16.7% 22.2% 141 139
中団 4- 5- 4- 61/ 74 5.4% 12.2% 17.6% 69 67
後方 0- 1- 3- 48/ 52 0.0% 1.9% 7.7% 0 59

3F 1位 1- 2- 3- 7/ 13 7.7% 23.1% 46.2% 44 234
3F 2位 0- 1- 1- 9/ 11 0.0% 9.1% 18.2% 0 173
3F 3位 2- 0- 2- 5/ 9 22.2% 22.2% 44.4% 97 132
3F~5位 2- 4- 1- 16/ 23 8.7% 26.1% 30.4% 173 134
3F6位~ 5- 3- 3-105/116 4.3% 6.9% 9.5% 83 55

4角1番手 3- 1- 1- 5/ 10 30.0% 40.0% 50.0% 493 258
2番手以内 4- 2- 2- 17/ 25 16.0% 24.0% 32.0% 209 186
3番手以内 5- 3- 2- 24/ 34 14.7% 23.5% 29.4% 179 157
4番手以内 6- 4- 3- 33/ 46 13.0% 21.7% 28.3% 218 165
5番手以内 7- 4- 3- 40/ 54 13.0% 20.4% 25.9% 196 145
7番手以内 7- 6- 4- 58/ 75 9.3% 17.3% 22.7% 141 114
10番手以内 9- 9- 7- 83/108 8.3% 16.7% 23.1% 135 114

◆牝馬が苦戦するレース
牡 10- 9- 8-111/138 7.2% 13.8% 19.6% 110 107
セン 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
牝 0- 1- 2- 26/ 29 0.0% 3.4% 10.3% 0 30
※牝馬は、1~5人気 0- 1- 1- 8/10と、人気を背負っても結果が出てない

◆社台レースホース、サンデーレーシングは結果が出ていない
サラブレッドクラブ 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2% 104 65
国本哲秀 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 132 215
河長産業 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 285 255
タマモ 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 310 88
冨沢敦子 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 865 207
前田幸治 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 77 37
池谷誠一 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 3940 1040
森本悳男 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 580 220
吉田和美 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 860 370
岡田美佐子 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1830 510
上田けい子 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 590
三嶋牧場 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 865
高山幸雄 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 430
協栄 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 115
シンボリ牧場 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 260
杉谷枡夫 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 190
関口房朗 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 830
ローレルレーシング 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 310
池田草龍 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 83
ノースヒルズマネジ 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 125
松本好雄 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 66
小林薫 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 200
窪田芳郎 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 160
グランプリ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 275
渡辺孝男 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 280
ウイン 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1390
社台レースホース 0- 0- 0-12/12 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
サンデーレーシング 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


◆ノーザンファームと社台ファームの成績が悪い
日の出牧場 1- 0- 2- 1/ 4 25.0% 25.0% 75.0% 142 177
信成牧場 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 361 103
藤本友則 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 865 207
白老ファーム 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 1313 346
岡田スタツド 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 313 113
ノースヒルズマネジ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 103 50
大柳ファーム 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 530 230
ヤマオカ牧場 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1830 510
ガーベラパークスタ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 580 220
Arrowleave Joint V 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 860 370
ハッピーネモファー 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 590
桑田牧場 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 210
ノーザンファーム 0- 1- 0-10/11 0.0% 9.1% 9.1% 0 75
山際辰夫 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 865
岡田牧場 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 430
タバタファーム 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 115
中本牧場 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 250
村田牧場 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 310
駿河牧場 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 190
Takahiro Wada 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 520
社台ファーム 0- 0- 1-18/19 0.0% 0.0% 5.3% 0 14

◆ダンスインザダーク産駒に要注意
フジキセキ 1- 1- 0-11/13 7.7% 15.4% 15.4% 166 62
ダンスインザダーク 1- 0- 2- 2/ 5 20.0% 20.0% 60.0% 114 182
サクラバクシンオー 1- 0- 0-15/16 6.3% 6.3% 6.3% 33 14
リンドシェーバー 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 865 207
グラスワンダー 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 235 85
ロドリゴデトリアー 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 580 220
マヤノトップガン 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 3940 1040
ザグレブ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1830 510
アグネスタキオン 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 310 150
Fuji Kiseki 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 860 370
マンハッタンカフェ 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0% 0 236
バブルガムフェロー 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 576
アフリート 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 286
トニービン 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 115
キングヘイロー 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 155
トウカイテイオー 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 250
クロフネ 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 830
ウォーエンブレム 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 630
Grand Lodge 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 520
タイキシャトル 0- 0- 2- 3/ 5 0.0% 0.0% 40.0% 0 318
スターオブコジーン 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3% 0 71
Cozzene 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 100
Dynaformer 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 160
エアジハード 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 280
Red Ransom 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 550
サンデーサイレンス 0- 0- 0-18/18 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
※サクラバクシンオー産駒は、2002年ショウナンカンプ1着以外、掲示板にものれていない

◆キャリアを経るごとに成績が悪くなる
3~ 5戦 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
6~10戦 3- 1- 2- 20/ 26 11.5% 15.4% 23.1% 228 171
11~15戦 2- 1- 2- 14/ 19 10.5% 15.8% 26.3% 124 83
16~20戦 2- 4- 1- 24/ 31 6.5% 19.4% 22.6% 49 106
21~30戦 2- 4- 4- 43/ 53 3.8% 11.3% 18.9% 90 104
31戦~ 1- 0- 1- 40/ 42 2.4% 2.4% 4.8% 13 18

◆乗り替りでも問題なし
◆同騎手 5- 7- 6-56/74 6.8% 16.2% 24.3% 78 116
◆乗替り 5- 3- 4-86/98 5.1% 8.2% 12.2% 95 72

◆前走間隔は問わない、連闘でも
連闘 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5% 228 63
2週 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3週 0- 1- 0- 13/ 14 0.0% 7.1% 7.1% 0 123
4週 6- 2- 3- 60/ 71 8.5% 11.3% 15.5% 79 59
5~9週 1- 4- 3- 18/ 26 3.8% 19.2% 30.8% 133 159
10~半年 2- 2- 3- 28/ 35 5.7% 11.4% 20.0% 121 108
半年以上 0- 1- 1- 10/ 12 0.0% 8.3% 16.7% 0 104
※2005年コスモサンビームが、富士ステークス敗退から連闘で11番人気1着

◆前走着外馬が好成績
前走1着 3- 1- 1- 19/ 24 12.5% 16.7% 20.8% 76 52
前走2着 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走3着 1- 2- 0- 9/ 12 8.3% 25.0% 25.0% 44 184
前走4着 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0% 0 107
前走5着 0- 2- 0- 10/ 12 0.0% 16.7% 16.7% 0 59
前走6~9着 5- 2- 5- 36/ 48 10.4% 14.6% 25.0% 249 151
前走10着~ 1- 2- 3- 53/ 59 1.7% 5.1% 10.2% 14 57

◆前走大差をつけて勝った馬に注意
勝0.6~0.9 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 506 186
勝0.3~0.5 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
勝0.1~0.2 1- 1- 1-12/15 6.7% 13.3% 20.0% 20 46
勝0.0 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負0.0 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負0.1~0.2 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0% 53 48
負0.3~0.5 1- 2- 3-28/34 2.9% 8.8% 17.6% 25 58
負0.6~0.9 4- 2- 5-32/43 9.3% 14.0% 25.6% 227 156
負1.0~1.9 1- 4- 0-45/50 2.0% 10.0% 10.0% 43 85
負2.0~2.9 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負3.0~3.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負4.0~ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 470

◆前走1番人気は極めて成績が悪く、2番人気が好成績
前走1人気 1- 1- 2- 16/ 20 5.0% 10.0% 20.0% 15 50
前走2人気 2- 4- 0- 3/ 9 22.2% 66.7% 66.7% 123 194
前走3人気 1- 0- 0- 12/ 13 7.7% 7.7% 7.7% 303 80
前走4人気 2- 2- 1- 15/ 20 10.0% 20.0% 25.0% 134 165
前走5人気 0- 0- 1- 12/ 13 0.0% 0.0% 7.7% 0 42
前走6~9人 2- 2- 5- 42/ 51 3.9% 7.8% 17.6% 86 114
前走10人~ 2- 1- 1- 41/ 45 4.4% 6.7% 8.9% 60 48

◆前走はGⅢを臨戦した馬が安定
1000万下 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1600万下 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1% 0 35
OPEN特別 3- 0- 0- 45/ 48 6.3% 6.3% 6.3% 38 14
G3 3- 4- 4- 21/ 32 9.4% 21.9% 34.4% 288 198
G2 0- 2- 0- 9/ 11 0.0% 18.2% 18.2% 0 132
G1 4- 3- 5- 48/ 60 6.7% 11.7% 20.0% 68 85

◆前走1400m臨戦は全滅、1200mか1600mが理想
1200m 6- 7- 6- 65/ 84 7.1% 15.5% 22.6% 137 109
1400m 0- 0- 0- 22/ 22 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1600m 4- 2- 2- 40/ 48 8.3% 12.5% 16.7% 76 51
1700m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1800m 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 231
2000m 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2100m 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 1730
2400m 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 313
※但し、前走1400mで5番人気以内はわずか2頭

◆スプリンターズステークス組は出走数の割に、複勝率が低く当てにならない
スプリンG1 4- 2- 3-35/44 9.1% 13.6% 20.5% 93 83
ポートア 2- 0- 0-19/21 9.5% 9.5% 9.5% 72 26
函館スプG3 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 1313 520
セントウG3 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 865 332
富士SG3 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 305 85
米子SH 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 155 75
セントウG2 0- 2- 0- 4/ 6 0.0% 33.3% 33.3% 0 243
オータムHG3 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0% 0 160
高松宮記G1 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 103
関屋記念G3 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 115
キーンラG3 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 120
白山大G3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 1730
セプテン1600 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 160
安田記念G1 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 33
東京優駿G1 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 313
エプソムG3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1390
CBC賞HG3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 280

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

天皇賞(秋)の解析

過去11年の全着順データです。
2002年は東京競馬場の改修工事による振替開催により、中山で施行されています。

TennouSho(autumn)_data.html

解析は、東京で施行された2001年~2011年の10年間を対象とします。

1番人気の成績が良いです。
1番人気は10頭全て掲示板に乗っており、裏切ったのは奇しくも2頭とも牝馬です。
2006年スイープトウショウ5着は東京コース勝ちが無いのに1番人気に推され、
2011年ブエナビスタは5歳で成績下降、しかも休み明けなのに1番人気に推されていました。
冷静に検討して1番人気に相応しくない馬でなければ、複勝率100%と言っても過言ではありません。

1番人気 5- 2- 1- 2/ 10 50.0% 70.0% 80.0% 139 103
2番人気 0- 2- 3- 5/ 10 0.0% 20.0% 50.0% 0 91
3番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 15
4番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0% 270 87
5番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0% 115 50
6番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0% 0 104
7番人気 1- 3- 0- 6/ 10 10.0% 40.0% 40.0% 333 276

8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 56
10番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 56
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 200
14番人気 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 842 150
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

波乱傾向は低く、基本的に二桁人気は苦しいです。
なお、1番人気を裏切ったのも牝馬ですが、穴を開けるのも牝馬
13、14番人気は、桜花賞馬ダンスインザムードと、前走札幌記念を制し牡馬と戦えることを示していた
ヘヴンリーロマンス。

以下、傾向です。
数値の羅列は、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率の順です。
1.特定の条件を満たす臨戦過程であること(軸・紐候補ピックアップ)
毎日王冠G2 3- 3- 2-56/64 4.7% 9.4% 12.5% 33 40
宝塚記念G1 3- 2- 1-14/20 15.0% 25.0% 30.0% 39 74
札幌記念G2 2- 0- 2- 5/ 9 22.2% 22.2% 44.4% 1212 287
京都大賞G2 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7% 18 45

マイルG1 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 666 130
オールカG2 0- 1- 0-18/19 0.0% 5.3% 5.3% 0 22
秋華賞G1 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 515
産経大阪G2 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 130
インタG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 130
天皇賞春G1 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 116
神戸新聞G2 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 75
府中牝馬G3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 970
関屋記念G3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 690

かなり分散していますが、基本的にはこのレースの前哨戦と言われる4レースの何れかが優勢です。
では、各臨戦過程を洗っていきます。

まず、最も多い8回の馬券機会と同時に、極めて複勝率が低く
特に走る馬の見極めが肝心な毎日王冠組。

8頭全て前走5着以内、また内6頭は連対しています
着外からの巻き返しは皆無です。出走馬が多いため、複勝率を低くしているだけです。
前走1着 2- 1- 0- 4/ 7 28.6% 42.9% 42.9% 264 107
前走2着 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3% 30 113
前走3着 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走4着 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走5着 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3% 0 133
前走6~9着 0- 0- 0-23/23 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走10着~ 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


休み明けになる割には悪くない成績である、宝塚記念組。
こちらも5着以内が前提条件

9頭中2勝3着2回と優秀な成績の、札幌記念組。
4頭とも、前走勝っています
ヘヴンリーロマンスやトーセンジョーダンと言った、勝ったのに人気の無かった馬が結果を出しています。

毎日王冠組よりはましですが、やはりあまり好成績とは言えない京都大賞典組。
3頭とも、2番人気以内かつ4着以内。上位人気で結果を出せる地力が必要です。

最後に、1番人気が一頭もいなかったとはいえ、わずか2着1回だけという悲惨な成績のオールカマー組。
2着に来たのは、3番人気4着タイム差0.0のスウィフトカレントのみ。
前走3着以内が全滅です。
前走1着 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走2着 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走3着 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

前走4着 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 430
前走5着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走6~9着 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走10着~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

スウィフトカレントは、その年の小倉記念でレコード勝ちし、芝2000mの適性を十分に示していました。
前走好走は何の意味もなく、他の強調材料が無ければ苦しいということだと思います。

【結論】特定の条件を満たす臨戦過程であること

該当馬:
毎日王冠組:カレンブラックヒル、ジャスタウェイ、タッチミーノット
宝塚記念組:ルーラーシップ
札幌記念組:該当なし
京都大賞典組:該当なし
オールカマー組:該当なし


2.該当なし(穴馬ピックアップ)
6~ 人気 2- 4- 5-108/119 1.7% 5.0% 9.2% 91 69

条件の絞り込みが難しいです。基本的に前走着順よりタイム差で大きく負けてなければ注意ですが、
それだとあまり絞り込めないので、今回は該当なしとします。

【結論】該当なし

該当馬:該当なし

3.前走着外、またはタイム差1.0以上で負けていること(消しピックアップ)
前走1着 5- 3- 5- 33/ 46 10.9% 17.4% 28.3% 320 107
前走2着 4- 3- 1- 24/ 32 12.5% 21.9% 25.0% 35 56
前走3着 0- 0- 0- 16/ 16 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走4着 0- 2- 1- 8/ 11 0.0% 18.2% 27.3% 0 183
前走5着 1- 2- 1- 8/ 12 8.3% 25.0% 33.3% 22 136
前走6~9着 0- 0- 2- 34/ 36 0.0% 0.0% 5.6% 0 36
前走10着~ 0- 0- 0- 15/ 15 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


着外で3着以内に来た例外のペルーサ、ダンスインザムード共に、
過去に天皇賞(秋)2着の実績がありました。
中距離重賞で力を示している馬でなければ、着外からの巻き返しはまずないと見ていいです。

勝0.6~0.9 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 345
勝0.3~0.5 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 30

勝0.1~0.2 2- 1- 2-17/22 9.1% 13.6% 22.7% 143 51
勝0.0 3- 1- 1-12/17 17.6% 23.5% 29.4% 682 167
負0.0 2- 2- 0- 5/ 9 22.2% 44.4% 44.4% 67 104
負0.1~0.2 2- 2- 1-25/30 6.7% 13.3% 16.7% 17 42
負0.3~0.5 1- 2- 1-31/35 2.9% 8.6% 11.4% 7 46
負0.6~0.9 0- 1- 3-21/25 0.0% 4.0% 16.0% 0 116
負1.0~1.9 0- 0- 0-20/20 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負2.0~2.9 0- 0- 0- 0/ 0
負3.0~3.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負4.0~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


こちらは例外なく敗退しています。
GⅠ馬アグネスデジタル、ツルマルボーイ(当時点で勝っていた)も裏切っており、
実績に拘らず大敗後の巻き返しはないと見ていいです。

【結論】前走着外、またはタイム差1.0以上で負けていること

該当馬:アーネストリー、エイシンフラッシュ、サダムパテック、シルポート、
ジャガーメイル、トゥザグローリー、ネヴァブション、フェデラリスト、
マイネルスターリー



<データの信頼度に関する最終結論>
軸・紐、消しともに、かなり信頼度は高いと思います。
また、その他の傾向で後述しますが、馬齢やキャリアにも顕著な傾向が出ています。
こちらも十分参考にはなると思います。

ちなみに、その他の傾向を、ご参考までに。


◆藤沢調教師が異様に力を入れているレース
(美)藤沢和雄 2- 3- 2- 7/14 14.3% 35.7% 50.0% 43 214
(栗)音無秀孝 1- 0- 1- 8/10 10.0% 10.0% 20.0% 115 94
(栗)角居勝彦 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0% 33 30
(栗)松田博資 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 44 70
(栗)池江泰寿 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 832 212
(美)上原博之 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 233 80
(栗)高橋成忠 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 145 75
(栗)白井寿昭 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 1000 195
(栗)山本正司 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 7580 1350
(栗)橋口弘次 0- 1- 0-10/11 0.0% 9.1% 9.1% 0 22
(栗)森秀行 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 86
(美)堀宣行 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 65
(栗)河内洋 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 260
(美)鹿戸雄一 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 700
(栗)松田国英 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 130
(栗)岩元市三 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 120
(栗)橋田満 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 112
(栗)佐々木晶 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 37
(栗)藤原英昭 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 186
(栗)安田伊佐 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 43
(栗)昆貢 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 150

◆外国人騎手は無条件で買い
美浦 1- 5- 2- 63/ 71 1.4% 8.5% 11.3% 16 54
栗東 5- 3- 8- 63/ 79 6.3% 10.1% 20.3% 137 67
地方 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 4- 2- 0- 9/ 15 26.7% 40.0% 40.0% 277 168

◆関西馬優勢
美浦 3- 5- 2- 51/ 61 4.9% 13.1% 16.4% 21 68
栗東 7- 5- 8- 85/105 6.7% 11.4% 19.0% 141 71
地方 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

◆4、5歳が圧倒的優勢、次いで3歳、高齢馬は極めて苦しい
3歳 0- 2- 2- 10/ 14 0.0% 14.3% 28.6% 0 118
4歳 6- 3- 3- 33/ 45 13.3% 20.0% 26.7% 75 91
5歳 3- 5- 4- 38/ 50 6.0% 16.0% 24.0% 232 100

6歳 0- 0- 1- 28/ 29 0.0% 0.0% 3.4% 0 23
7歳以上 1- 0- 0- 30/ 31 3.2% 3.2% 3.2% 37 8

※6歳、7歳以上は共に、前走関屋記念タイム差0.6勝ち、大阪杯勝ちの実績ありカンパニー

◆枠順で、レースの半分は決まってしまう
1番 2- 0- 0- 8/10 20.0% 20.0% 20.0% 787 150
2番 1- 1- 2- 6/10 10.0% 20.0% 40.0% 22 109
3番 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0% 115 25
4番 0- 1- 1- 8/10 0.0% 10.0% 20.0% 0 159
5番 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
6番 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2% 0 90
7番 0- 4- 1- 5/10 0.0% 40.0% 50.0% 0 100
8番 0- 0- 2- 8/10 0.0% 0.0% 20.0% 0 91
9番 0- 1- 0- 9/10 0.0% 10.0% 10.0% 0 78
10番 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0% 200 82
11番 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
12番 1- 0- 2- 7/10 10.0% 10.0% 30.0% 333 197
13番 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0% 34 27
14番 2- 0- 0- 7/ 9 22.2% 22.2% 22.2% 107 40
15番 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1% 0 26
16番 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
17番 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 54 28

※15番枠より外で優勝したのは、ペリエ騎手鞍上、前年の覇者シンボリクリスエスのみ

◆差し馬が圧倒的優勢、速い上がりを繰り出した馬が好成績
逃げ 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 26
先行 2- 3- 2- 30/ 37 5.4% 13.5% 18.9% 26 90
中団 8- 4- 5- 59/ 76 10.5% 15.8% 22.4% 199 94
後方 0- 2- 2- 41/ 45 0.0% 4.4% 8.9% 0 21

3F 1位 3- 2- 3- 3/ 11 27.3% 45.5% 72.7% 317 180
3F 2位 4- 2- 0- 6/ 12 33.3% 50.0% 50.0% 950 225

3F 3位 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0% 29 153
3F~5位 1- 3- 2- 16/ 22 4.5% 18.2% 27.3% 12 170
3F6位~ 1- 1- 4-107/113 0.9% 1.8% 5.3% 6 15

4角1番手 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 26
2番手以内 1- 1- 1- 20/ 23 4.3% 8.7% 13.0% 30 21
3番手以内 1- 2- 2- 29/ 34 2.9% 8.8% 14.7% 20 73
4番手以内 2- 4- 3- 38/ 47 4.3% 12.8% 19.1% 21 77
5番手以内 2- 4- 4- 46/ 56 3.6% 10.7% 17.9% 17 67
7番手以内 5- 7- 5- 61/ 78 6.4% 15.4% 21.8% 45 82
10番手以内 9- 8- 8- 80/105 8.6% 16.2% 23.8% 122 94


◆牝馬が走るレース
牡 7- 8- 7-131/153 4.6% 9.8% 14.4% 52 47
セン 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
牝 3- 2- 3- 7/ 15 20.0% 33.3% 53.3% 538 292

◆社台グループ大苦戦
大城敬三 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 175 92
渡辺孝男 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 666 390
大迫久美子 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 170 135
近藤英子 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3% 191 156
松本好雄 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 58 56
谷水雄三 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 90 80
サンデーレーシング 1- 0- 0-13/14 7.1% 7.1% 7.1% 15 7
島川隆哉 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 832 212
ノースヒルズマネジ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 3790 675
シンボリ牧場 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 270 140
社台レースホース 0- 2- 1-15/18 0.0% 11.1% 16.7% 0 135
山本英俊 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 295
鶴田任男 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 125
飯塚知一 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 86
竹園正繼 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 120
吉田照哉 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 700
近藤利一 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 112
前田幸治 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 75
ダーレー・ジャパン 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 120
平野三郎 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 560
深見敏男 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 150

◆3連覇中のノーザンファーム、8年連続馬券に絡んでいる社台ファーム
ノーザンファーム 3- 0- 3-29/35 8.6% 8.6% 17.1% 134 77
社台ファーム 1- 7- 2-25/35 2.9% 22.9% 28.6% 20 146

白老ファーム 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 68 54
ノースヒルズマネジ 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 1895 375
カントリー牧場 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 90 80
Catesby W. Clay & 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 1000 195
林孝輝 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 290 150
Takahiro Wada 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 270 140
浜本牧場 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 125
杵臼牧場 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 120
大北牧場 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 560
笠松牧場 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 150
P. Hardy 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 130

◆ヘイルトゥリーズン、ナスルーラ系が優勢、ミスプロ系、ノーザンダンサー系は苦戦傾向
サンデーサイレンス 3- 3- 2-33/41 7.3% 14.6% 19.5% 210 118
オペラハウス 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 145 135
ミラクルアドマイヤ 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 287 235
タニノギムレット 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 67 60
ジャングルポケット 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 555 141
スペシャルウィーク 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 55 27
Crafty Prospector 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 1000 195
Kris S. 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 270 140
アグネスタキオン 0- 2- 1- 2/ 5 0.0% 40.0% 60.0% 0 212
ダンスインザダーク 0- 2- 0- 6/ 8 0.0% 25.0% 25.0% 0 63
グラスワンダー 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2% 0 94
ゼンノロブロイ 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 295
エンドスウィープ 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 60
トニービン 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 93
Bigstone 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 130
Singspiel 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ザグレブ 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
エリシオ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ホワイトマズル 0- 0- 0-11/11 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
キングカメハメハ 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

※馬券に絡んだ馬はみなGⅠを制した馬で、4番人気以内に推されていた

◆母父ノーザンテーストが強く、サンデーサイレンスは大苦戦
ノーザンテースト 3- 1- 1-14/19 15.8% 21.1% 26.3% 272 113
Mining 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 170 135
Caerleon 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3% 36 111
Chief's Crown 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 500 135
ルション 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 135 120
ダンシングブレーヴ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 96 50
Sadler's Wells 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 2526 450
Gold Meridian 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 270 140
サンデーサイレンス 0- 1- 1-27/29 0.0% 3.4% 6.9% 0 32
Nijinsky 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 666
Candy Stripes 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 295
サツカーボーイ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 83
Machiavellian 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 143
Blushing Groom 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 60
ベリフア 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 780
Private Account 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 260
トニービン 0- 0- 2-10/12 0.0% 0.0% 16.7% 0 59
Affirmed 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 130
※母父ノーザンテーストで馬券に絡んだ5頭は皆違う馬、父はサンデー系かグレイソヴリン系
※母父サンデーサイレンスで馬券に絡んだのは、父エンドスウィープとグラスワンダー

◆年齢傾向同様、使い込まれている馬は苦しい
3~ 5戦 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
6~10戦 0- 5- 1- 14/ 20 0.0% 25.0% 30.0% 0 134
11~15戦 3- 0- 4- 23/ 30 10.0% 10.0% 23.3% 27 80
16~20戦 5- 1- 2- 26/ 34 14.7% 17.6% 23.5% 193 80

21~30戦 1- 4- 3- 47/ 55 1.8% 9.1% 14.5% 137 66
31戦~ 1- 0- 0- 28/ 29 3.4% 3.4% 3.4% 39 8
※キャリア34戦目カンパニーは、過去の同レース3着馬、その後重賞3勝し、
前走毎日王冠で58キロを背負ってウオッカに完勝していた

◆乗り替りの有無はあまり影響なしだが、外国人騎手への乗り替りには要注意
◆同騎手 5- 6- 9- 87/107 4.7% 10.3% 18.7% 109 71
◆乗替り 5- 4- 1- 52/ 62 8.1% 14.5% 16.1% 71 65
◆中→外 3- 2- 0- 8/ 13 23.1% 38.5% 38.5% 299 183

◆休み明けが意外に好成績だが、5着以内が絶対条件
連闘 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2週 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 666
3週 5- 4- 3- 73/ 85 5.9% 10.6% 14.1% 52 44
4週 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
5~9週 0- 1- 1- 30/ 32 0.0% 3.1% 6.3% 0 18
10~半年 5- 3- 4- 25/ 37 13.5% 21.6% 32.4% 315 132
半年以上 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2% 0 53
※例外は、天皇賞(春)8着以来の2011年ペルーサ3着のみ

◆前走1番人気がとても強い
前走1人気 6- 5- 5- 22/ 38 15.8% 28.9% 42.1% 169 128
前走2人気 1- 0- 3- 19/ 23 4.3% 4.3% 17.4% 12 78
前走3人気 1- 1- 0- 20/ 22 4.5% 9.1% 9.1% 31 30
前走4人気 1- 0- 1- 16/ 18 5.6% 5.6% 11.1% 63 33
前走5人気 0- 1- 0- 13/ 14 0.0% 7.1% 7.1% 0 55
前走6~9人 1- 2- 1- 35/ 39 2.6% 7.7% 10.3% 194 73
前走10人~ 0- 0- 0- 13/ 13 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

◆前走GⅢ以下は、出走すら少ない
1600万下 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
OPEN特別 0- 0- 0- 0/ 0
G3 0- 0- 2- 11/ 13 0.0% 0.0% 15.4% 0 127
G2 6- 6- 6-100/118 5.1% 10.2% 15.3% 113 56
G1 3- 3- 2- 20/ 28 10.7% 21.4% 28.6% 27 102

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

リンク追加のお知らせ

以下のリンクを追加致しました。

週刊競馬グッドウォーカー
http://kurisaka.blog137.fc2.com/

調教、特に坂路に関する情報を扱われています。
大レースだけでなく、新馬戦の追い切り評価もされているようで、かなり事細かに書かれています。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

第146回天皇賞(秋) 特別登録展望

特別登録時点の、仮想出馬表です。

TennouSho(autumn)_Examination.html

3歳馬に有力馬が多く、古馬の経験が勝つか、3歳の若さと勢いが勝つか、一つのカギとなりそう。



【有力馬】
・カレンブラックヒル 牡3
5戦5勝、無敗。GⅠ馬。重賞3連勝。休み明けの毎日王冠で古馬も制す。
非の打ちどころがありません。抜群のスタートセンスで絶好位を維持し、粘り強い末脚で
最後まで前を抜かせない、全盛期の父ダイワメジャーを思わせる馬です。
その父も制したこのレースに、無敗で挑みます。

不安要素は、強いて挙げれば初距離。そして、今回人気を背負うこと。
CMで題材にされたオグリキャップは、2000mの実績もあったにも拘らず、
同じく連勝で挑んだ経験豊富の古馬タマモクロスに屈しました。

・フェノーメノ 牡3
東京優駿はハナ差の2着、東京3-1-0-0で、実質負けていないコースです。
前走は、本質的に向くと言えない中山芝2200mで早目先頭から押し切るという強い競馬。
東京優駿上位馬で、無事に走っている数少ない馬なので、心情的には応援したくなる馬です。

気になるのは、古馬との力差
既に対戦済みのカレンブラックヒルと違い、こちらは同世代とのレースを叩き台に選んでいます。
前走に比べれば雲泥の差がある相手関係だけに、コース適性の利を生かしてどこまでやれるかでしょう。

・ダークシャドウ 牡5
昨年の2着馬。4歳とはいえ、わずか10戦目というキャリアで挑み、タイム差0.1に健闘。
海外遠征明けの前走は、コース適性の差で足元を掬われましたが、叩き台としては問題なし。
東京コースの鬼、5-1-0-0、勝ち星のすべてを挙げています。距離も3-3-0-0。

不安要素は、強いて挙げれば道悪。10秒台のラップを駆使して切れを活かすタイプだけに、
決して荒れた馬場はいい方に働かないと思います。



【穴候補】
・ナカヤマナイト 牡4
オールカマーでようやく古馬重賞勝ち。しかし、相手関係や道悪で前残りになったこともあり、
前走はあまり評価されていません。
それでも、この馬自身+10キロと成長を示しており、4歳秋になって本格化を示したともいえます。
馬名から中山得意を連想しますが、東京も2-1-0-2、掲示板を外したことがありません

・トランスワープ セン7
サマー2000シリーズ優勝馬。出世馬が数多く出ている新潟記念の覇者です。
既に7歳ですが、長期休養を3度挟んだためまだキャリア20戦。若いです。
ベストと言える距離5-2-1-2、東京芝2000mも2-0-0-1。
あとは、わすか2戦しかない重賞経験、相手関係がどうでるかでしょう。

・トーセンジョーダン 牡6
昨年の覇者。昨年と異なり、天皇賞(春)以来という臨戦過程は気になりますが、
とにかく東京コースは得意で、重賞2勝含む3-2-0-0。2000mも6-1-1-3とベスト。
得意ではないとはいえ、2-1-1-2と鉄砲もそれなりに利くので、
GⅠ級の地力でどこまで食い下がれるか。



【コース・レース短評】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(36.6-50.0-34.6=2.01.2)
3歳以上1000万(36.7-49.3-34.7=2.00.7)
3歳以上準OP・OP特別(36.6-49.2-34.4=2.00.2)
3歳以上重賞(36.0-48.5-34.8=1.59.3)

過去の天皇賞(秋)優勝馬。
TennouSho(autumn)_Past_Results.html

3歳馬の優勝は少なく、古馬の壁は厚いです。

重賞クラスでも後傾ラップになっていることが示す通り、スローの上がり勝負になりやすいです。
ただ、今年もシルポートがいるため、昨年同様ハイペースの消耗戦になる可能性が高い。
昨年好走している馬には注意し、凡走している馬は過信禁物。

上がり勝負になるため、後方一気ではまず届きません。
ある程度前の位置につけ、少なくとも34秒台の上がりを繰り出せるのが勝つための条件。

また、休み明けで勝つためにはGⅠタイトルを取っているほどの地力が無ければ苦しいです。
タマモクロス、ヤエノムテキ、シンボリクリスエス、メイショウサムソン、ブエナビスタと、
芝2000m以上のGⅠタイトルを取っています。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

第55回スワンステークス 特別登録展望

特別登録時点の、仮想出馬表です。

Swan_Stakes_Examination.html

なお、このコースは、ペースによってスプリンターかマイラーか、好走タイプが変わります。
基本、1200m~1800m、どういうレースの時に強いか、でタイプを区別します。

◆スプリンタータイプ・・・消耗戦、前傾ラップのレースに強い。(例:キンシャサノキセキ)
◆マイラータイプ・・・平均~後傾ラップ、上がり勝負に強い。(例:スーパーホーネット、リディル)



【有力馬】
・レオアクティブ スプリンタータイプ
2連勝、前走は日本レコードで重賞勝ち。中2週で使った反動を気にしてか、間隔を開けて臨みます。
短距離タイプが多いアドマイヤムーン産駒らしく、良馬場の芝1400m以下なら7戦全て最速の
上がり
を繰り出しています。

気になるのは、道悪。
奇しくも1番人気になったのが、重のファルコンステークス4着と、稍重のマーガレットステークス2着。
元々道悪だと上がりがかかってしまうため、追込みタイプには苦しいのは確かですが、
適性が無い可能性も考慮すべきかもしれません。

・テイエムオオタカ スプリンタータイプ
ここ5戦、2,2,1,3,1着と安定した競馬ぶり。
前走オパールステークスは、スローペースで帰って逃げ馬に苦しくなる展開ながら、
5ハロン目10.9、自身過去最速の上がり33.9で逃げ切り。
長距離に活躍馬が多いホワイトマズル産駒ですが、この馬はスプリンターとして本格化しつつあります。

この馬には不安要素がありません。そして、これ以上ない強調材料があります。
テンの速い逃げ馬で、逃げが強い京都芝1400m・外であること。
競合する逃げ馬もおらず、楽逃げ出来る可能性が高いです。

・ダノンシャーク マイラータイプ
前走の毎日王冠は、相手が揃ったレースで、休み明け、勝ちにいくレースで5着、タイム差0.3。
十分健闘した部類に入ります。今回、一気に相手弱化し、ペースさえ向けば大威張り出来ると思います。

不安要素というほどではありませんが、1400mは初。しかし、強調材料の方が多いです。
なにより、東京か左回りのどちらがダメなのか不明ですが0-1-0-3
右回りでは4-5-2-1です。そして京都外回り2-2-1-0。コース替わりで一変する可能性大。



【穴候補】
・エーシンホワイティ スプリンタータイプ
5勝すべて内回り、しかも芝1200mと生粋の器用さを武器としたスプリンター。
それが、京都芝1400m・外で2着3回。このコース適性は見逃せません。
かつてファルコンステークスでダッシャーゴーゴーを破り
古馬重賞でも馬券には絡めなくとも好走を続けている馬。
そろそろ、馬券に絡んでもおかしくないと思います。

・アドマイヤセプター マイラータイプ
条件戦を連勝し、勢いに乗っている馬。キャリア2戦目の札幌2歳ステークスで、3着。
2着アヴェンチュラは後のGⅠ馬
、漸く素質開花したか。
前に行けるようになって、成績も安定してきました。
京都コースは0-0-0-2ですが、重馬場に休み明け太目残りと度外視していい内容。

・カネトシディオス マイラータイプ
この馬も条件戦連勝。しかし、この馬は連勝云々よりその内容が圧巻で、
ここ5走異なる距離、コースで全て最速上がりを繰り出しています。
これは地力強化の証ではないか。
夏場を休まず使われながら体がほとんど減っていません。状態は問題なさそう。



【コース短評】
未作成、今週木曜か金曜あたりに記事に乗せる予定です。

2歳OP特別・重賞(35.0-11.9-35.2=1.22.1)
3歳以上500万(35.1-11.6-35.0=1.21.7)
3歳以上1000万(35.3-11.6-34.8=1.21.7)
3歳以上準OP・OP特別(35.1-11.5-34.5=1.21.1)
3歳以上重賞(34.5-11.4-34.5=1.20.4)

ざっくりと触れると、逃げ馬の出方次第で好走タイプが変わる、難解極まりないコースです。
平均ラップが、前半3F、後半3Fしめし合わせたかのように同タイムの34.5ですが、
実際は前傾ラップか、後傾ラップのどちらかになることが多い

上り坂が無く時計が出やすい、さらに下り坂からゴールまで平坦というコース構造から、
とにかく逃げ馬が好走、穴を開けるコースです。
迷ったら逃げ馬を買う、逃げそうな馬を予想するのがいいです。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

今週の重賞

今週の中央重賞は、以下の通りです。

【土曜】
・第55回スワンステークス(GⅡ)(京都11R、3歳以上別定、芝1400m(A))
【日曜】
・第146回天皇賞(秋)(GⅠ)(東京11R、3歳以上定量、芝2000m(B))

土曜に、関西開催の京都にて、スプリンターとマイラーが集うGⅡ戦スワンステークス、
日曜に、関東開催の東京にて、古馬最高峰のレース天皇賞(秋)、
以上、2つの重賞が開催される予定です。

なお、今週から、東京芝コースのみA⇒Bコースに替わります

詳しくは、特別展望にて。



今週の地方交流重賞は、以下の通り。

10/25(木) 門別11R 2歳牝馬限定馬齢 ダート1200m(右) 20:00発走
第15回エーデルワイス賞(JpnⅢ)

2歳限定、それも牝馬、ダート重賞と、まるで取っ掛かりをつかめないレースです。
このレースはケンしようと思っています。
レース内容を見て、今後の2歳限定交流重賞の買い方を学習する方向で。



牝馬3冠馬(秋華賞はクラシック非指定)に、牡馬クラシック2冠馬と、盛り上がっているGⅠシリーズ。
しかし、その中でも特に楽しみなのが今週の天皇賞(秋)です。
実績ある古馬と、勢いある3歳馬の激突。
強い馬が強い競馬で勝つ、そんなレースを今週も期待したいと思います。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

スクエニ作「ブレイブリーデフォルト」が好評

久々に面白そうなゲームが出たようです。Amazonのレビューで高得点。

公式はこちら

内容を見ても面白そうです。やり込む類のRPGは、特に。
早速、ネット通販で購入しました。

最近やってなかったので、楽しみにしてます。

テーマ : 3DSゲーム、3DSニュース、3DS情報
ジャンル : ゲーム

第73回菊花賞  回顧

第73回菊花賞(GⅠ)の結果です。予想はこちら

KikukaSho_cap.jpg

KikukaSho_result.html

ラップは、13.0-11.9-12.2-12.2-11.6-11.6-12.6-12.5-12.3-12.2-12.5-12.2-11.9-11.8-12.4。
平均ペース。ただ、13秒台のラップが一つもなく、息が全く入っていません。
前に行った馬が全滅しているように、先行馬には相当に苦しい展開となりました。

ゴールドシップが2冠達成。しかし、危なげないという内容ではなく、スタート直後は
追って前に行こうとしていけず、結果的に道中は後方から。
今後も、この馬の競馬は安心して見れるものにはならなさそうです。

1着に、単勝1.4倍圧倒的1番人気の、・◎①ゴールドシップ
これで内田博騎手は、オウケンブルースリに続く菊花賞2勝目
道中は、テンから行けず敢えて下げて後方17番手から。しかし、思ったよりペースが落ち着いたのを機に、
向こう正面から少しずつ位置を押し上げ、4コーナーでは前を射程圏に。
切れないまでもバテない長い脚で、きっちり最後まで先頭を守り切りました。

2着に、・・・⑯スカイディグニティ。父ブライアンズタイム、ロベルト系の持久力を見せつけました。
道中は、中団12番手。3コーナー前でゴールドシップが上がっていたのを見て、
鞍上が仕掛け、追いかけるように上がって
いきます。
直線では、外に出さず真ん中に入り、ジリジリと持久力を活かして渋太く伸び、
3着には決定的な差をつけました。

3着に、・・・⑮ユウキソルジャー。父トーセンダンスは、ダンスインザダークと同じ血統構成
道中は、中団12番手。スカイディグニティの内、ほぼ同じ位置を追走します。
上位2頭が上がって行ったタイミングで、鞍上は、行かなかったのか行けなかったのか敢えて控えます。
4コーナー前でムチを入れ上がっていき、直線では4コーナー10番手、菊花賞で言う苦しい位置から、
3着まで差し込んで
きました。

2番人気の、・・・⑩マウントシャスタは、9着。
道中は、好位7番手。人気を背負っているため勝ちに行く競馬を、早目に動いて行きます。
この川田騎手の判断は、私には好ましく思えました。こういう積極的な競馬で負けたなら悔いはないでしょう。
直線では先頭に立ちますが、既に脚が無く早々に失速。ただ、見せ場は作ったように、
地力はある馬だと思います。

3番人気の、・〇⑥ロードアクレイムは、6着。
道中は、後方14番手。レースが動いても鞍上は我慢し、内でじっくりと脚を溜めます
直線では内側を突いて差し込みますが、殆ど伸びを見せませんでした。
早目に動いたうえ外々を回ったユウキソルジャーに上がりで後れを取っており、
距離適性の差が出たように思えます。

今週は、2重賞どちらも変に動かず、おとなしく重賞展望に従っていれば連勝系馬券は当たっていたレース。
自信とは、自分を信じること。なぜ、先週できたことを今週できなかったのだろう・・・(小田和正風に)。
ちょっと疲れてるようです。

【次走注意】
6着 ロードアクレイム
長距離も息が入らない展開も苦しかったか。次走芝の中距離に戻ったら警戒します。
特に、バランスが問われる2000m、2400mで持ち味を発揮できそう。

9着 マウントシャスタ
距離適性による負けを示すような着差。むしろこの距離にしては格好をつけた方だと思います。
次走1400m、1800m、あるいはダート路線ならば注目してみます。



【結果】
1着◎
2着・・・
3着・・・
圧倒的1番人気の単勝、複勝的中だけでは当然負け・・・。
購入6000円⇒1160円

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

乾坤一擲の秋のGⅠシリーズ第1弾 菊花賞

万世六兵太さんが取り纏めなされている「乾坤一擲の秋のGⅠシリーズ 6番勝負!
第1弾に登録します。

・④ラニカイツヨシの複勝5000ポイント突っ込みます。

ちなみに、ゴールドシップの人気一本被りに不安がある方のための、気休めデータです。
過去60か月の平地重賞における、単勝1.5倍以下の馬の成績です。

Heichi_Graderace_Themostpopular_Results.html

テーマ : 競馬予想大会
ジャンル : ギャンブル

第15回富士ステークス  回顧

富士ステークスの結果です。予想はこちら

Fuji_Stakes_cap.jpg

Fuji_Stakes_result.html

ラップは、12.3-10.8-11.3-11.5-11.7-11.3-11.6-11.9。
ハイペース。予想に反して、先行勢には厳しいレースとなりました。

3歳勢のワンツー。3歳は4頭出走していましたが、結局重賞を勝っている2頭だけ絡みました。

1着に、・〇⑱クラレント。
岩田康騎手、テン乗りながら見事な騎乗でした。
好スタートから、ロスなく内々に馬を入れながら、外の中団7番手追走
直線では、早目に前を捕える仕掛け、最後までしっかりと脚を伸ばして重賞2勝目。
前走から-12キロと馬体が絞れたのも大きかったようです。

2着に、3番人気の、・・・⑩ファイナルフォーム。
道中は、中団真ん中の9番手。直線では7番手まで追い上げていましたが、
入り口で8枠2頭に挟まれ少し追い出しが遅れたのが痛かったか。
クラレントと同じ上がり33.9で、半馬身の差。
しかし、大型馬の休み明けで連対確保。時計勝負にも不安があった馬ですが、
地力は相当なものがあるようです。

3着に、14番人気の、・・・⑪ヒットジャポット。またも松岡騎手、人気の盲点。
道中は、ファイナルフォームの外、中団9番手。
直線では、クラレントの後ろ、ファイナルフォームの隣外から追い出し、最速の上がり33.8
最後に勝負争いに加わりました。
この馬、コース適性、騎手相性、鉄砲が利く、季節得意など、強調材料の塊で、
OPEN2戦の敗退で印象を悪くしていただけ。これだけの走りを見せても不思議ではありません。

本命に推した、・◎⑰スピリタスは、5着。
一言、騎乗内容があまりにも悪いです。スタートでやや出負け。
前走ハイペースで結果を出しているのだからそのまま行かせても良かったのに無理に抑えて内に入り、
結果直線では前が塞がり、殆ど追えていません。

1番人気の、・〇⑧コスモセンサーは、8着。
誤算だらけでした。人気になった点、ハナを切った点、ハイペースにした点
ただ、今回以上のペースで飛ばして好走した例があり、敗因はハイペースではなく、
やはりまだ良化途上ということなのだと思います。

2番人気の、・・・⑨ガルボは、6着。
休み明けは走らない馬なので、理想的な叩き台になったのではないかと思います。
この馬自身、終いは上がり34.3としっかり伸びています。

【次走注意】
2着 ファイナルフォーム
6着 ガルボ
8着 コスモセンサー
休み明けに不安があった上2頭、叩いて暫くは走らないコスモセンサー、いずれも見せ場を作りました。
特に、コスモセンサーは、馬の気合を入れる意味でこういうレースをした節があり、
今回を経て馬が変わるようなら次走こそ人気も落ちるはずで、面白いかもしれません。



【結果】
1着〇
2着・・・
3着・・・
購入6000円⇒0円

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

菊花賞の予想

菊花賞の予想です。

KikukaSho_race.html

10/19(金)正午時点の馬場情報です。
向正面直線の中間部から内回り3コーナーにかけて内側に傷みが出始めましたが、
それ以外の箇所は引き続き良好な状態です、とのこと。
芝の草丈 : (芝コース) 野芝約12~14cm、洋芝約12~16cm

今日、明日、明後日と、晴れ時々曇りの予報
俄か雨でもない限りは、馬場で施行されると思います。

コースデータはこちら。データ傾向はこちら。

JRA発表の、調教後馬体重はこちら

【展開予想】ハイペース(後方馬群はスローペース)
3歳以上重賞(36.3-75.3-37.8-35.7=3.05.1)
逃げてこその馬が2頭おり、大歓声で馬が引っかかる可能性も考慮すると、
大逃げの形になる可能性もあります。

データからは、以下の傾向が出ました。
◆軸・紐候補・・・
神戸新聞杯組:・①ゴールドシップ、⑩マウントシャスタ、③ベールドインパクト、
・⑥ロードアクレイム、⑭ミルドリーム、⑮ユウキソルジャー
1着、3着馬が特に好成績
セントライト記念組:⑬ダノンジェラード、⑯スカイディグニティ(のどちらか1頭)
条件戦組:②フェデラルホール、⑪ビービ―ジャパン、⑰タガノビッグバン(のどれか1頭)
(特定の条件を満たす臨戦過程を狙う)


◆穴候補・・・該当なし
※過去10年で、6番人気以下が良く絡んでおり、迷ったら人気薄を選ぶ気持ちで。
6~ 人気 5- 5- 4-114/128 3.9% 7.8% 10.9% 131 83

◆消し候補・・・該当なし

上記を踏まえて、予想を組み立てていきます。

今回は、トライアルの成績から穴人気しそうな馬を徹底排除し、
トライアルの内容や過去実績などから如何にも買えそうなのに人気が無いであろう馬をピックアップ。
少なくとも、トライアルを人気薄で好走したために、本番の方が人気するパターンというのは、
個人的に嫌いたいタイプです。

【予想】
・◎①ゴールドシップ
皐月賞馬。中山芝2000mは持久力が問われるレースで、実際それを示した勝ち方をしました。
前走は仕上がり途上で後続を圧倒。今週の追い切りを見る限り、明らかに状態は上向いています。
長距離ならいつでもゴーサインが出せるでしょうし、馬群が縦長になりそうで早目に外に出すか、
内がぽっかり空くかで、展開もこの上ない追い風になると思います。

・〇⑥ロードアクレイム
相手筆頭。母レディパステルは、ステイヤー御用達の東京芝2500mを56キロで2着、
速い脚はないがとにかく安定していた馬で、この馬もそれと同じタイプといった印象。
母父がトニービン、グレイソヴリン系で、抜けたものはないがバランスが良く、
如何にも長距離や根幹距離で力を発揮しそうな馬

・〇③ベールドインパクト
前走の大敗はイマイチ分かりませんが、地力負けではないことは確か。
それだけに、人気落ちしそうで却って美味しいと思います。
京都の外回り重賞で2度馬券に絡んでおり、母父トウルビヨンの重苦しい血統と裏腹に、
レコード決着の京都新聞杯2着と、それなりのスピードも兼ね揃えています。

・〇④ラニカイツヨシ
直結しないセントライト記念組、それも5着となれば確実に人気薄でしょう。
父の母系5代目にグレイソヴリンの血があり、長距離への適性は十分。
タフな中京芝2200m、ラストでグッとラップが落ちた持久力勝負をレコードで制しており、
この距離で如何にも不気味な馬です。

・〇⑦エタンダール
消耗戦未経験で、しかも直結しないセントライト記念4着と、今回大きく人気落ちするであろう馬。
母父サドラーズウェルズから、長距離自体はこなせると思いますが、適性で劣る印象はあります。
ただ、唯一の厩舎2頭出し、ロードアクレイムと真逆の一本調子、非根幹距離馬という印象を受け、
もしロードアクレイムが来ない展開になればこの馬が突っ込んでくる気がします。

・〇⑪ビービ―ジャパン
逃げたら3-1-0-0。2番手でも大敗しているので、逃げられなければアウトです。
父アドマイヤジャパンは奇襲戦法で菊花賞2着、ディープインパクトを負かすかと驚かせた馬。
母父トニービン、グレイソヴリン系。長距離適性は文句なしです。



【馬券】
単勝、複勝 1
枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単1頭軸1⇒3,4,6,7,11
(単勝200円、複勝800円、他100円、計6000円)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

富士ステークスの予想

富士ステークスの予想です。

Fuji_Stakes_race.html

10/19(金)正午時点の馬場情報です。
3コーナーから4コーナーの内柵沿いで若干の傷みがみられますが、
凹凸はなく、全体的に良好な状態です、とのこと。
芝の草丈 : (芝コース) 野芝約11~13cm、洋芝約12~16cm

今日、明日と晴れの予報
俄か雨でもない限り、馬場で施行されると思います。

コースデータはこちら。データ傾向はこちら。

【展開予想】平均ペース
3歳以上重賞(34.2-23.4-34.9=1.32.5)
・④ツクバホクトオー、・⑯ミキノバンジョーあたりが逃げると思いますが、
どちらも本質的な逃げ馬では無く、テンから飛ばすタイプではないだけに、
それほどペースは速くならないと思います。

データからは、以下の傾向が出ました。
◆軸・紐候補・・・該当なし

◆穴候補・・・該当なし

◆消し候補・・・該当なし

データ傾向が無かったということを踏まえて、予想を組み立てていきます。

荒れる重賞。人気馬が休み明けで、追い切りを見る限りでも如何にも叩き台という馬ばかり。
取っ掛かりがつかめないので、括り馬券を設けます。条件は、データで好成績の、
京成杯オータムハンデキャップ及びポートアイランドステークスから臨戦組。丁度6頭

オータムHG3 4- 3- 1-20/28 14.3% 25.0% 28.6% 91 75
ポートア 2- 1- 2-18/23 8.7% 13.0% 21.7% 32 83

安田記念G1 1- 1- 0-11/13 7.7% 15.4% 15.4% 86 183

【予想】
・◎⑰スピリタス
7歳ですが、まだキャリア33戦、馬は若いです。叩き良化型にも拘らず3戦続けて結果が出ており、
今回はベストの4戦目、1-2-0-0です。
東京コースで1.31.7という持ち時計を持っており、重賞もマイルだけ5戦挑戦して、
全てタイム差0.4以内に健闘しています。
前で競馬出来るようになった強みを生かして、今度こそ戴冠を。

・〇⑱クラレント
相手筆頭。
この馬は、直線の長いマイルコースという条件に絞れば、デイリー杯2歳ステークス勝ち、
NHKマイルカップ3着と、
安定した末脚を発揮してきた馬です。
今回は、OPENクラスでの惜敗、乗り替り、大外枠と人気落ちしそうな要素が揃っていますが、
それだけに妙味はたっぷり。
前走は内で閉じ込められたようなレースだっただけに、外で伸び伸び走った方が好結果になりそう。

・〇③ゴールスキー
これまではゆとりを持ったローテで敗戦を繰り返したためか、近走は詰めて使われています。
それがいい方向に出ているのか、近3走でいい末脚を繰り出しています
GⅠ3着、GⅢ、それも東京マイルで3着の地力はあり、さらにこのコース得意の内田博騎手

・〇⑥ダローネガ
休み明けの小倉日経オープンが、マイラーの資質を感じさせる勝ちっぷりでした。
11秒台のラップを前で押し切るというのは、東京マイルの好走条件ともいえます。
前走OPENクラスで人気を裏切ったことから、ここでも人気落ちが予想されますが、
その分開き直った積極策が取れるでしょうから、まさかの前残りを演出する可能性も。

・〇⑧コスモセンサー
前走回顧で、休み明け2~4走目は0-0-2-8と全く走らないから人気したら危険、
と書きましたが、今回はあまり結果の出てない中谷騎手ということで人気薄が予想されます。
馬の地力については、安田記念3着始め、マイル重賞でとても安定した走りぶり。
中谷騎手は、1番人気の成績が抜群に良く、腕は確か。あとは大舞台で平常心になれるかだけ。
1番人気 17- 8- 7- 11/ 43 39.5% 58.1% 74.4% 97 102

・〇⑯ミキノバンジョー
夏に中距離を使った馬がマイル連戦ですが、2-1-1-1とベストの距離。
休み明けから立て続けに8戦使われていますが、504キロから518キロまで馬体を増やしており、
調子落ちは見られません。前走3着と好走していますが、とにかく走っても人気しないタイプで、
有力馬に差しタイプが多い今回、思い切った競馬で前残りを演出できるか。



【馬券】
単勝、複勝 17
枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単1頭軸17⇒3,6,8,16,18
(単勝200円、複勝800円、他100円、計6000円)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

レース番組の偏向について

本日、京都芝3000mのコース条件を調べていて、かねて思っていたこと。

JRAのレースコースってかなり偏ってますよね。
特に多いのが、東京芝1600m。嫌がらせのごとく、春に3つものGⅠがあります。
一言、飽きます。阪神や京都で行ってもよさそうなのに。

逆に、年1回ないし数回しか重賞が無いコースもあります。
前述の京都芝3000m、先週の秋華賞の京都芝2000m、などなど。
こういうコースは、データ取りしにくい上、ラップも展開も読みにくいですが、
その分予想のし甲斐はあります。

また、中央4場で、東京だけ芝1200mが施行されていません

ダートも同様。1800mに偏っており、1200m、2000mはわずか1つ。

新設、時期移設、レース条件変更にせよ、どうせ変えるならあまり使われてないコースを
使ってみては
どうか、と思います。
同じようなコースで、同じような競馬ばかり見ていれば、誰でも飽きます。

テーマ : 雑記
ジャンル : ギャンブル

コースデータ:京都芝3000m・外

JRA公式の京都コース情報です。

スタート地点は、3コーナーの丘の上り坂途中。すぐにカーブがあり、下りに入ります。
下りからスタンドの大歓声でかかる馬も出てくるため、先行争いは1週目の直線まで続き、
前半はある程度速いラップ
で進みます。

向こう正面では息が入りますが、位置取りの関係から残り800mあたりで再びレースが動き、
ここでの加速について行けないと苦しく
なります。
持久力と脚の持続力はもちろんのこと、ある程度の反応や瞬発力も問われます。

ロベルト系が強いレースではありますが、反応と瞬発力の有無という点で、
得手不得手があります。
ブライアンズタイム、リアルシャダイ、グラスワンダー産駒は過去菊花賞で馬券に絡んでいますが、
タニノギムレット、シンボリクリスエス、マヤノトップガン産駒は絡んでいません。

【クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(─)
3歳以上1000万(─)
3歳以上準OP・OP特別(37.6-77.1-37.0-35.7=3.07.4)
3歳以上重賞(36.3-75.3-37.8-35.7=3.05.1)

本コースでは、
10月頃に、GⅠの、3歳限定馬齢の菊花賞
そして、OPENクラス、ハンデ戦万葉ステークス、わずか2鞍しか組まれていません。

サンプル数不足につき、騎手や枠順などのデータは割愛します。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

富士ステークスの解析

過去11年の全着順データです。
2002年は東京競馬場の改修工事による振替開催により、中山で施行されています。

Fuji_Stakes_data.html

解析は、東京で施行された2001年~2011年の10年間を対象とします。

1番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0% 64 62
2番人気 2- 3- 0- 5/ 10 20.0% 50.0% 50.0% 85 82
3番人気 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0% 138 45
4番人気 2- 1- 2- 5/ 10 20.0% 30.0% 50.0% 196 162
5番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 66
6番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0% 112 130
7番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 77
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 56
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
11番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0% 0 156
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 159
14番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 192
15番人気 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5% 0 286
16番人気 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5% 940 150
17番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

極めて波乱傾向が高く、1番人気の信頼度は無いに等しいです。
二桁人気が6回も馬券に絡んでおり、前評判はまるで関係なし。

以下、傾向です。
数値の羅列は、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率の順です。
1.該当なし(軸・紐候補ピックアップ)
傾向が分散しまくっており、絞り込みできません。

【結論】該当なし

該当馬:該当なし

2.該当なし(穴馬ピックアップ)
6~ 人気 2- 5- 5-106/118 1.7% 5.9% 10.2% 73 94

特徴としてはマイル重賞を勝っている、前走好成績、あたりが考えられますが、
絞込みの条件としては不適格で、該当数も多くないため、対象外とします。

【結論】該当なし

該当馬:該当なし

3.該当なし(消しピックアップ)
前走GⅠ組、特定のレースが不振など、ある程度の傾向はあるものの、
元が荒れるレースで、サンプル数も過小のため、消しとするまでには至らないと判断しました。

【結論】該当なし

該当馬:該当なし




<データの信頼度に関する最終結論>
信頼度以前に、全く傾向が掴めませんでした。不甲斐ない結果に終わってしまい申した。

ちなみに、その他の傾向を、ご参考までに。


◆騎乗数に比して、関西所属騎手の成績が良い
美浦 7- 5- 6-103/121 5.8% 9.9% 14.9% 102 86
栗東 3- 5- 4- 25/ 37 8.1% 21.6% 32.4% 29 133
地方 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

◆関西馬がやや有利
美浦 5- 4- 4- 79/ 92 5.4% 9.8% 14.1% 48 58
栗東 5- 6- 5- 53/ 69 7.2% 15.9% 23.2% 130 141
地方 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3% 0 41
外国 0- 0- 0- 0/ 0

◆過去好走歴がある馬が穴を開ける
キネティクス    1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 3760 675
マイケルバローズ  0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 886

※キネティクスは、2005年1番人気3着、2006年16番人気1着
※マイケルバローズは、2007年7番人気2着、2009年15番人気3着

◆高齢馬が活躍し、3歳馬は勝ち切れない
3歳 1- 0- 5- 30/ 36 2.8% 2.8% 16.7% 23 90
4歳 2- 2- 2- 14/ 20 10.0% 20.0% 30.0% 46 72
5歳 4- 5- 1- 32/ 42 9.5% 21.4% 23.8% 67 79
6歳 0- 3- 1- 34/ 38 0.0% 7.9% 10.5% 0 88
7歳以上 3- 0- 1- 28/ 32 9.4% 9.4% 12.5% 278 123

◆先行、差し馬の独壇場、最速上がり馬の複勝率が高い
逃げ 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
先行 3- 3- 3- 28/ 37 8.1% 16.2% 24.3% 73 165
中団 7- 3- 3- 63/ 76 9.2% 13.2% 17.1% 141 60

後方 0- 4- 4- 37/ 45 0.0% 8.9% 17.8% 0 102

3F 1位 2- 4- 4- 4/ 14 14.3% 42.9% 71.4% 45 350
3F 2位 2- 0- 1- 4/ 7 28.6% 28.6% 42.9% 121 131
3F 3位 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0% 829 226
3F~5位 1- 3- 2- 19/ 25 4.0% 16.0% 24.0% 24 61
3F6位~ 3- 2- 2-105/112 2.7% 4.5% 6.3% 27 51

4角1番手 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2番手以内 1- 1- 2- 17/ 21 4.8% 9.5% 19.0% 53 144

3番手以内 3- 2- 3- 30/ 38 7.9% 13.2% 21.1% 71 111
4番手以内 3- 3- 3- 38/ 47 6.4% 12.8% 19.1% 58 130
5番手以内 5- 4- 3- 46/ 58 8.6% 15.5% 20.7% 187 132
7番手以内 7- 5- 3- 66/ 81 8.6% 14.8% 18.5% 150 106
10番手以内 8- 6- 4- 88/106 7.5% 13.2% 17.0% 118 87

◆社台レースホースが好成績
社台レースホース 2- 1- 0- 8/11 18.2% 27.3% 27.3% 172 90
サラブレッドクラブ 1- 0- 2- 9/12 8.3% 8.3% 25.0% 69 92
ノースヒルズマネジ 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 1880 337
平井豊光 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 136 60
近藤利一 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 115 60
薗部博之 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 560 235
ウイン 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 305 115
バイオ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 340 150
ダノックス 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 510 210
サンデーレーシング 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2% 0 70
猪熊広次 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 886
ラッキーフィールド 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 95
河長産業 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 313
グリーンフィールズ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 640
谷水雄三 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 310
臼田浩義 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 65
太陽ファーム 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 140
協栄 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 310
永井啓弍 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 85
トウショウ産業 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 280
津村靖志 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 400
池田草龍 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 290
石川一義 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1590

◆ノーザンファームが好成績
ノーザンファーム 4- 1- 2-15/22 18.2% 22.7% 31.8% 84 78
社台ファーム 2- 4- 0-20/26 7.7% 23.1% 23.1% 86 96
笹島政信 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 3760 675
小河豊水 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 830 310
三城牧場 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 610 230
Silk and Scarlet S 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 410 180
高村伸一 0- 1- 2- 2/ 5 0.0% 20.0% 60.0% 0 850
Mrs J. Chandris 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 640
カントリー牧場 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 310
雅牧場 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 140
タバタファーム 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 310
トウショウ産業株式 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 280
明和牧場 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 290
武牧場 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 310
中本牧場 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 490
稲原牧場 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 170

◆父はヘイルトゥリーズン、ノーザンダンサー系が優勢
サンデーサイレンス 3- 3- 2-15/23 13.0% 26.1% 34.8% 51 96
フォーティナイナー 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0% 3760 675
ダンスインザダーク 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 56 23
タニノギムレット 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 224 94
フレンチデピュティ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 376 143
Giant's Causeway 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 205 90
ノーザンテースト 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 770 220
ゼンノエルシド 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 830 310
タイキシャトル 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6% 0 380

ジャングルポケット 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 370
フジキセキ 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 20
サクラバクシンオー 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 58
ウォーニング 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 206
Singspiel 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 640
トニービン 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 155
スターオブコジーン 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 96
ラストタイクーン 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 280
チーフベアハート 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 155
マンハッタンカフェ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1590

トウカイテイオー 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 490

◆勿論偶々だが、特定の毛色しか結果が出てない
栗毛 6- 3- 4-28/41 14.6% 22.0% 31.7% 260 99
黒鹿 3- 3- 0-33/39 7.7% 15.4% 15.4% 65 107
鹿毛 1- 4- 5-61/71 1.4% 7.0% 14.1% 3 77
青毛 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1590

青鹿 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
芦毛 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
栃栗 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

◆キャリアは11戦~20戦が望ましい
3~ 5戦 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 163
6~10戦 2- 0- 3- 25/ 30 6.7% 6.7% 16.7% 44 90
11~15戦 3- 3- 3- 12/ 21 14.3% 28.6% 42.9% 83 109
16~20戦 3- 2- 0- 18/ 23 13.0% 21.7% 21.7% 97 53

21~30戦 1- 4- 2- 37/ 44 2.3% 11.4% 15.9% 13 73
31戦~ 1- 1- 1- 44/ 47 2.1% 4.3% 6.4% 160 115

◆乗り替りは割引
◆同騎手 8- 4- 3-56/71 11.3% 16.9% 21.1% 80 123
◆乗替り 2- 6- 7-82/97 2.1% 8.2% 15.5% 79 67

◆レース間隔は問わない
連闘 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2週 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2% 45 38
3週 3- 1- 2- 22/ 28 10.7% 14.3% 21.4% 295 111
4週 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0% 0 79
5~9週 4- 5- 2- 33/ 44 9.1% 20.5% 25.0% 57 124
10~半年 1- 1- 3- 54/ 59 1.7% 3.4% 8.5% 18 80
半年以上 1- 2- 0- 13/ 16 6.3% 18.8% 18.8% 70 55

◆前走3着~5着馬がやや好成績
前走1着 2- 3- 2- 20/ 27 7.4% 18.5% 25.9% 60 154
前走2着 1- 1- 2- 18/ 22 4.5% 9.1% 18.2% 35 56
前走3着 3- 1- 0- 9/ 13 23.1% 30.8% 30.8% 689 144
前走4着 2- 1- 0- 9/ 12 16.7% 25.0% 25.0% 53 55
前走5着 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5% 42 61

前走6~9着 0- 1- 3- 43/ 47 0.0% 2.1% 8.5% 0 59
前走10着~ 1- 2- 2- 34/ 39 2.6% 7.7% 12.8% 28 105

◆前走大敗していても巻き返す
勝0.6~0.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
勝0.3~0.5 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 102 76
勝0.1~0.2 0- 3- 1- 9/13 0.0% 23.1% 30.8% 0 257
勝0.0 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5% 141 53
負0.0 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5% 0 35
負0.1~0.2 3- 2- 1-16/22 13.6% 22.7% 27.3% 56 55
負0.3~0.5 3- 1- 0-23/27 11.1% 14.8% 14.8% 321 75
負0.6~0.9 1- 1- 4-37/43 2.3% 4.7% 14.0% 17 79
負1.0~1.9 1- 3- 0-22/26 3.8% 15.4% 15.4% 43 133
負2.0~2.9 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0 49
負3.0~3.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負4.0~ 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 72

◆前走2、4、5番人気はなぜか成績が極めて悪い
前走1人気 4- 4- 2- 19/ 29 13.8% 27.6% 34.5% 65 70
前走2人気 1- 0- 0- 17/ 18 5.6% 5.6% 5.6% 42 12
前走3人気 0- 1- 4- 7/ 12 0.0% 8.3% 41.7% 0 155
前走4人気 1- 0- 0- 12/ 13 7.7% 7.7% 7.7% 86 33
前走5人気 0- 1- 0- 16/ 17 0.0% 5.9% 5.9% 0 36
前走6~9人 1- 3- 1- 36/ 41 2.4% 9.8% 12.2% 27 63
前走10人~ 3- 1- 3- 31/ 38 7.9% 10.5% 18.4% 224 198

◆前走GⅠ組が大不振、OPENかGⅢが望ましい
1000万下 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1600万下 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2% 0 33
OPEN特別 2- 1- 3- 28/ 34 5.9% 8.8% 17.6% 21 123
G3 6- 5- 2- 52/ 65 9.2% 16.9% 20.0% 172 101
G2 1- 2- 1- 16/ 20 5.0% 15.0% 20.0% 20 41
G1 1- 1- 1- 26/ 29 3.4% 6.9% 10.3% 38 99

◆京成杯オータムハンデキャップかポートアイランドステークス組が優勢
オータムHG3 4- 3- 1-20/28 14.3% 25.0% 28.6% 91 75
ポートア 2- 1- 2-18/23 8.7% 13.0% 21.7% 32 83

安田記念G1 1- 1- 0-11/13 7.7% 15.4% 15.4% 86 183
毎日王冠G2 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 68 30
ダービーHG3 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 376 143
シリウスHG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 7520 1200
オールカG2 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 125
朝日チャG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 940
中山記念G2 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 140
大阪スH1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 130
京都金杯HG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 310
東京優駿G1 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 98
ラジオNIHG3 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 397
朱鷺S 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 1145
ダービG1 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 145
名古屋G2 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 280
大原SH1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 170
関屋記念G3 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
NHKマG1 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

※安田記念組は、2度1番人気で敗退、NHKマイルカップも1度敗退している

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

菊花賞の解析

過去10年の全着順データです。

KikukaSho_data.html

出走馬全てが未知の距離に挑むだけあって、波乱傾向が高いです。

1番人気 3- 1- 2- 4/ 10 30.0% 40.0% 60.0% 61 81
2番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0% 0 33
3番人気 0- 0- 4- 6/ 10 0.0% 0.0% 40.0% 0 98
4番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0% 84 74
5番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0% 202 35
6番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0% 0 156
7番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0% 232 102
8番人気 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0% 1085 237
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 65
10番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0% 366 88
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 115
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
15番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 85
16番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 225
17番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

以下、傾向です。
数値の羅列は、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率の順です。
1.特定の条件を満たす臨戦過程を狙う(軸・紐候補ピックアップ)
神戸新聞G2 8- 6- 6-46/66 12.1% 21.2% 30.3% 210 106
九十九H1000 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 2255 505
野分特別1000 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1920 600

セントラG2 0- 2- 2-38/42 0.0% 4.8% 9.5% 0 28
札幌記念G2 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 750
京都大賞G2 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 290
朝日チャG3 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 82
兵庫特H1000 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 287

大きく分けて3パターン。
1.神戸新聞杯、セントライト記念のトライアル臨戦組
2.条件戦からの格上挑戦
3.トライアル以外の重賞経由

1.神戸新聞杯、セントライト記念のトライアル臨戦組

まず、神戸新聞杯組。過去の芝2000m、現行の芝2400m・外どちらも好成績です。
前走成績は問いません
が、優勝馬と3着馬の成績が良いです。
前走1着 2- 2- 0- 3/ 7 28.6% 57.1% 57.1% 34 75
前走2着 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 105 45
前走3着 3- 0- 3- 4/10 30.0% 30.0% 60.0% 711 218
前走4着 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3% 0 101
前走5着 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3% 336 125
前走6~9着 1- 0- 2-15/18 5.6% 5.6% 16.7% 203 97
前走10着~ 0- 1- 0-10/11 0.0% 9.1% 9.1% 0 77

神戸新聞杯優勝馬は、7頭全て掲示板を外していません。

2006年ソングオブウインド、2008年オウケンブルースリ、2010年ビッグウイークと、
隔年で神戸新聞杯3着馬が優勝しています。今年該当するのはマウントシャスタ。

逆に、極めて成績が悪いセントライト記念組。優勝馬が9頭出走しながら、連対すらできていません。
前走1着 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1% 0 18
前走2着 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0% 0 58
前走3着 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0 61
前走4着 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走5着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走6~9着 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走10着~ 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


こちらの取捨選択は至ってシンプル。前走3着以内であること
また、同年で2頭以上絡んだ例が無いため、買うなら1頭まで

2.条件戦からの格上挑戦

2頭の優勝馬、3着1回とまあまあの成績。3頭とも、前走勝っています
但し、皆1000万下以上からの臨戦で、古馬相手にある程度の地力を示していることが条件。
また、セントライト記念組同様、こちらも同年で2頭以上絡んだ例がありません

3.トライアル以外の重賞経由

3着が3頭。この3頭は皆タイプが異なり、取捨選択が難しい。

2007年アルナスライン すみれステークス含め3勝、京都大賞典3着
2004年オペラシチー 新馬戦から3連勝⇒朝日チャレンジカップ2番人気7着0.3差
2002年ファストタテヤマ 札幌記念は惨敗だが、京都外回りの重賞2勝

取り敢えず、過去戦績含め、重賞で勝ち負けしたことを挙げておきます。

【結論】特定の条件を満たす臨戦過程を狙う

該当馬:
神戸新聞杯組:1着ゴールドシップ、3着マウントシャスタ
※該当馬多数につき、特定の馬のみ挙げる
セントライト記念組:スカイディグニティかダノンジェラードのどちらか1頭
条件戦組:タガノビッグバン、ビービ―ジャパン、フェデラルホールのどれか1頭
トライアル以外の重賞組:該当なし

2.該当なし(穴馬ピックアップ)
6~ 人気 5- 5- 4-114/128 3.9% 7.8% 10.9% 131 83

5,4,1番人気で決まった2003年、1,2,3番人気で決まった2011年以外の、
8年間で1頭以上6番人気以下が絡んでいます
ただ、取り留めが無く、絞込みが出来ません。取り敢えず、迷ったら人気上位より人気薄を買う気持ちで。

【結論】該当なし

該当馬:該当なし

3.該当なし(消しピックアップ)
消せるほど悪い成績の傾向がありません。

【結論】該当なし

該当馬:該当なし




<データの信頼度に関する最終結論>
トライアル臨戦組については、それなりの信頼度だと思います。
他路線組は、該当数が多いため、その他の傾向と組み合わせて、さらなる絞込みが必要。
また、今年はサンプル数自体少ない休み明けが3頭もおり、これらの取捨選択は特に難解

ちなみに、その他の傾向を、ご参考までに。


◆長手綱、長距離得意の騎手に注意
武豊 1- 1- 1- 7/10 10.0% 20.0% 30.0% 10 46
安藤勝己 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5% 252 85

四位洋文 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 120 31
角田晃一 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 732 176
岩田康誠 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 644 144
池添謙一 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 20 15
川田将雅 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 464 94
武幸四郎 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 884 152
浜中俊 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 640 200
内田博幸 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 370 170
横山典弘 0- 4- 0- 3/ 7 0.0% 57.1% 57.1% 0 158
和田竜二 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3% 0 156
藤岡佑介 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 283
吉田隼人 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 275
安田康彦 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 2250
福永祐一 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5% 0 57
幸英明 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 191
蛯名正義 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 46
佐藤哲三 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 136
柴山雄一 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 85
松永幹夫 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 165
M.デム 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 130
藤田伸二 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

◆関西所属騎手が断トツの成績
美浦 1- 5- 2- 36/ 44 2.3% 13.6% 18.2% 8 50
栗東 9- 5- 7-106/127 7.1% 11.0% 16.5% 156 91
地方 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 43

◆関西馬が圧倒的有利、関東馬は悲惨な成績
美浦 0- 1- 1- 43/ 45 0.0% 2.2% 4.4% 0 9
栗東 10- 9- 9-104/132 7.6% 14.4% 21.2% 153 102
地方 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

◆先行馬が圧倒的有利、但し4コーナー先頭だと何かに差される
逃げ 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3% 0 19
先行 7- 1- 6- 19/ 33 21.2% 24.2% 42.4% 367 187
中団 2- 7- 2- 67/ 78 2.6% 11.5% 14.1% 57 70
後方 0- 2- 1- 49/ 52 0.0% 3.8% 5.8% 0 22

3F 1位 2- 5- 1- 2/ 10 20.0% 70.0% 80.0% 452 479
3F 2位 3- 4- 1- 4/ 12 25.0% 58.3% 66.7% 347 204
3F 3位 1- 0- 3- 9/ 13 7.7% 7.7% 30.8% 147 121
3F~5位 1- 0- 3- 14/ 18 5.6% 5.6% 22.2% 112 91
3F6位~ 3- 1- 2-118/124 2.4% 3.2% 4.8% 61 28

4角1番手 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0% 202 91
2番手以内 6- 1- 4- 19/ 30 20.0% 23.3% 36.7% 457 161
3番手以内 7- 1- 6- 23/ 37 18.9% 21.6% 37.8% 374 170
4番手以内 8- 1- 7- 30/ 46 17.4% 19.6% 34.8% 343 158

5番手以内 8- 2- 7- 39/ 56 14.3% 17.9% 30.4% 281 135
7番手以内 9- 4- 9- 56/ 78 11.5% 16.7% 28.2% 203 116
10番手以内 10- 6- 9- 86/111 9.0% 14.4% 22.5% 182 92

◆金子氏所有馬が好成績
サンデーレーシング 2- 2- 1-10/15 13.3% 26.7% 33.3% 310 115
社台レースホース 2- 0- 1-14/17 11.8% 11.8% 17.6% 378 72
金子真人ホールディ 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0% 25 222
福井明 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 370 170
田原慶子 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 840 220
谷水雄三 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 2320 470
永井商事 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1920 600
阿部雅一郎 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 3660 880
近藤利一 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3% 0 105
近藤英子 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 70
臼田浩義 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 425
辻幸雄 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 2250
セゾンレースホース 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 190
ウイン 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 140
前田幸治 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 287
友駿ホースクラブ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 205
奈村信重 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 325
島川隆哉 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 115
ノースヒルズマネジ 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 165
大谷高雄 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 460
吉田和美 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 170

◆ノーザンファームの成績が良い
ノーザンファーム 3- 6- 2-21/32 9.4% 28.1% 34.4% 155 104
社台ファーム 2- 1- 2-26/31 6.5% 9.7% 16.1% 92 57
追分ファーム 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 884 152
社台コーポレーショ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 35 27
武牧場 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1920 600
大塚牧場 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 3660 880
カントリー牧場 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 2320 470
白老ファーム 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 63
早田牧場新冠支場 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 133
秋田牧場 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 2250
ノースヒルズマネジ 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 191
北光牧場 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 410
八田ファーム 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 650
筒井征文 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 460
高橋修 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 330
Karreman Bloodstoc 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 170

◆ダンスインザダーク産駒は無条件で買い
ダンスインザダーク 3- 2- 0- 6/11 27.3% 45.5% 45.5% 768 432
サンデーサイレンス 1- 2- 3-19/25 4.0% 12.0% 24.0% 4 53
ステイゴールド 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 28 22
エルコンドルパサー 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 736 126
ジャングルポケット 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 74 34
ホワイトマズル 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 420 110
バゴ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 2320 470
サツカーボーイ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 3660 880
スペシャルウィーク 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 212
フジキセキ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 63
アドマイヤベガ 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 72
ハーツクライ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 46
キングカメハメハ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 43
カーネギー 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 240
オペラハウス 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 205
グラスワンダー 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 115
ディープインパクト 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 115
ヤマニンセラフィム 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 650
ミスキャスト 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1150
ニホンピロウイナー 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 330
Red Ransom 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 170
マンハッタンカフェ 0- 0- 0-13/13 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

◆ロイヤルチャージャー(ターントゥ)かナスルーラ(特にレッドゴッドかグレイソヴリン)系を
父か母父に含む馬がほぼ上位を独占
ロイヤルチャージャxニアークティック系 2- 3- 2-35/42 4.8% 11.9% 16.7% 109 58
ロイヤルチャージャxロイヤルチャージャ 1- 1- 2- 7/11 9.1% 18.2% 36.4% 174 278
ネイティヴダンサーxロイヤルチャージャ 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2% 491 98
ロイヤルチャージャxネイティヴダンサー 1- 0- 3-22/26 3.8% 3.8% 15.4% 77 36
ロイヤルチャージャxトゥルビヨン系 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 28 152
ナスルーラ系 xニアークティック系 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 61 28
ナスルーラ系 xロイヤルチャージャ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 580 117
ニアークティック系xロイヤルチャージャ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 280 73
その他のエクリプスxナスルーラ系 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 3660 880
ロイヤルチャージャxナスルーラ系 0- 3- 1-18/22 0.0% 13.6% 18.2% 0 55
ロイヤルチャージャxセントサイモン系 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 450

ニアークティック系xネイティヴダンサー 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 80
ニアークティック系xナスルーラ系 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0 41
※例外のホオキパウェーブも、父母5代目、母父5代目にナスルーラの血あり

◆キャリアは問わない、使い込まれていても問題なし
4戦 0- 0- 2- 2/ 4 0.0% 0.0% 50.0% 0 145
5戦 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
6戦 2- 0- 0- 12/ 14 14.3% 14.3% 14.3% 33 19
7戦 1- 5- 2- 19/ 27 3.7% 22.2% 29.6% 74 95
8戦 0- 2- 2- 26/ 30 0.0% 6.7% 13.3% 0 54
9戦 4- 1- 1- 25/ 31 12.9% 16.1% 19.4% 249 72
10戦 2- 1- 0- 15/ 18 11.1% 16.7% 16.7% 357 100
11戦~ 1- 1- 3- 42/ 47 2.1% 4.3% 10.6% 77 102
16戦~ 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 732 176
※2002年はキャリア11戦以上が3着まで独占、優勝馬ヒシミラクルはキャリア17戦

◆折り合いが問われるレースだけに、乗り替りは大幅割引
◆同騎手 9- 8- 8- 93/118 7.6% 14.4% 21.2% 133 95
◆乗替り 1- 2- 2- 55/ 60 1.7% 5.0% 8.3% 75 45
乗り替りで来たパターンは以下の通り。
岡部幸雄→岩田康誠 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 4510 1010
高田潤 →横山典弘 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 190
藤田伸二→横山典弘 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 240
浜中俊 →幸英明 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1150
福永祐一→M.デム 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 130

◆前走からの間隔は、中3週~9週を中心に
連闘 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2週 0- 1- 0- 14/ 15 0.0% 6.7% 6.7% 0 19

3週 1- 0- 1- 15/ 17 5.9% 5.9% 11.8% 265 127
4週 9- 6- 6- 57/ 78 11.5% 19.2% 26.9% 202 97
5~9週 0- 3- 3- 57/ 63 0.0% 4.8% 9.5% 0 61
10~半年 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

◆前走は5着までが理想
前走1着 4- 2- 2- 42/ 50 8.0% 12.0% 16.0% 133 69
前走2着 1- 2- 1- 18/ 22 4.5% 13.6% 18.2% 38 37
前走3着 3- 2- 3- 17/ 25 12.0% 20.0% 32.0% 284 120
前走4着 0- 1- 1- 16/ 18 0.0% 5.6% 11.1% 0 33
前走5着 1- 1- 0- 9/ 11 9.1% 18.2% 18.2% 183 68
前走6~9着 1- 0- 3- 28/ 32 3.1% 3.1% 12.5% 114 67
前走10着~ 0- 2- 0- 18/ 20 0.0% 10.0% 10.0% 0 155

◆前走の着差はあまり問わない
勝0.6~0.9 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 480 150
勝0.3~0.5 2- 0- 0- 5/ 7 28.6% 28.6% 28.6% 34 30
勝0.1~0.2 1- 0- 2-17/20 5.0% 5.0% 15.0% 225 116
勝0.0 0- 2- 0-17/19 0.0% 10.5% 10.5% 0 16
負0.0 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 34
負0.1~0.2 3- 1- 1-21/26 11.5% 15.4% 19.2% 216 74
負0.3~0.5 1- 2- 5-28/36 2.8% 8.3% 22.2% 64 78
負0.6~0.9 1- 1- 1-20/23 4.3% 8.7% 13.0% 87 33
負1.0~1.9 1- 3- 1-21/26 3.8% 15.4% 19.2% 140 181
負2.0~2.9 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

◆前走の人気も問わない
前走1人気 3- 0- 1- 27/ 31 9.7% 9.7% 12.9% 153 44
前走2人気 1- 3- 3- 21/ 28 3.6% 14.3% 25.0% 13 51
前走3人気 1- 2- 1- 19/ 23 4.3% 13.0% 17.4% 83 61
前走4人気 1- 0- 1- 18/ 20 5.0% 5.0% 10.0% 101 34
前走5人気 2- 1- 2- 12/ 17 11.8% 17.6% 29.4% 185 151
前走6~9人 2- 2- 2- 38/ 44 4.5% 9.1% 13.6% 183 75
前走10人~ 0- 2- 0- 13/ 15 0.0% 13.3% 13.3% 0 206

◆条件戦からの格上挑戦も注意
500万下 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1000万下 2- 0- 1- 41/ 44 4.5% 4.5% 6.8% 146 62
1600万下 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
OPEN特別 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
G3 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 68
G2 8- 10- 8- 89/115 7.0% 15.7% 22.6% 120 93
G1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

第73回菊花賞 特別登録展望

特別登録時点の、仮想出馬表です。

KikukaSho_Examination.html



【有力馬】
・ゴールドシップ
皐月賞馬。中山芝2000mは、2度の坂越えがあるため持久力が問われるコースであり、
実際過去のレースでも持久力は証明済み。
過去8走全て2位以内の上がりを繰り出す安定した末脚の持ち主。東京優駿も脚を余した競馬で
地力負けではなく、実質連対を外したことが無いと言ってもいいです。

気になるのは、状態のみ。前走は明らかに仕上がり途上、ここで充分に仕上がっているかに注目。

・ディープブリランテ
東京優駿馬。着外に敗れたのは、坂に長い直線とタフなアスコットで行われたキングジョージのみ。
重たい馬場を考えればハイラップだった皐月賞を先行して3着、持久力はそれなりにあると思います。
GⅠで結果を出し続けている岩田康騎手というのも怖い。

気になるのは、海外遠征明け。しかも大敗。精神的な影響が懸念されます。

・コスモオオゾラ
皐月賞ではディープブリランテとハナ差4着、東京優駿ではゴールドシップと0.1差6着。
故障馬が相次いでしまったため、現在クラシック戦線で、善戦を続けている数少ない馬です。
過去8戦全てタイム差0.6以内の安定株。道悪の成績が良く、
時計の掛かる馬場なら怖い存在です。

気になるのは、骨折のための休み明け
故障明けで菊花賞を制したのは、1987年サクラスターオーまで遡ります。
この馬は皐月賞をタイム差0.4で制しており、相当な地力を示していました。



【穴候補】
・スカイディグニティ
前走セントライト記念では、いったん外に出すロスがありながら2位の上がり34.1で2着
2勝は、芝2400m、2600mと中長距離でのもので、持久力勝負ならば一角崩しも考えられます。
ただ、有力馬が悉く不安要素を抱えているため、穴人気する可能性があります。

・ユウキソルジャー
菊花賞に強いダンスインザダーク産駒は未出走ですが、同じ血統構成のトーセンダンス産駒
京都コース2戦2勝、3勝中2勝が芝2400m以上。コースも距離も有利です。
地味な血統構成に、レース内容。スカイディグニティと対称的に、こちらは予想以上に人気薄に
なりそうで、妙味たっぷり
です。

・フェデラルホール
下級条件上がり。中山芝2000m同様、2度の坂越えがある中山芝2500mを勝っており、
持久力勝負ならこの馬も怖い。
3連勝と勢いに乗っており、同じ3連勝で挑むタガノビッグバンと比べ、
ゆとりのあるローテも好感が持てます。
ゴールドシップと同じ、ステイゴールド×母父トウルビヨンという血統構成。ワンツーもあるかも。



【コース・レース短評】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(─)
3歳以上1000万(─)
3歳以上準OP・OP特別(37.6-77.1-37.0-35.7=3.07.4)
3歳以上重賞(36.3-75.3-37.8-35.7=3.05.1)

過去の菊花賞馬。
KikukaSho_Past_Results.html

重賞は菊花賞のみ。長距離戦らしく、前半ゆったり流れつつも上がりも要する
そのため、後方一気はまず届かず、4コーナーの位置取りが重要
追込み馬だったミスターシービーも、早目先頭の競馬で戴冠している。
1986年以降、4コーナーで10番手以下から勝利しているのは、1996年ダンスインザダークのみ。

以上のことから、穴を開けるのは、大逃げを打った馬か、他を出し抜いて早目の競馬をした馬。
そういう競馬が出来る、持久力のあるタイプは要注意。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

自己紹介

セイショウ

Author:セイショウ
2015年は貯金とデータ集めに専念、馬券は来年から始めたいと思います。

食好み:魚>野菜=鶏肉>豚肉
仕事:就業予定
年齢:シービーの1つ上
趣味:読書、三国志(正史寄り)、ゲーム
好きな馬:ナリタブライアン
苦手な馬:人気先行
好きな酒:焼酎、ウイスキー
好きな競馬関係者:積極果敢、謙虚、潔い
嵌る予定のゲーム:三国志13(最高15000円するそうです)

2013年度成績
【中央重賞】
成績詳細:2013年7月1日時点(不定期)
回収率:107.7% 55戦11勝
収支:328,500円→353,760円
本命成績:11-9-3-32
※ダート短距離勝負と合算のため、 画像内容と回収率不一致。別口座にすべきだった。

【地方交流重賞】
※今年は敗北が確定したため終了
回収率:31.35% 10戦1勝
収支:60,000円→18,810円
本命成績:4-2-2-2

【選出ダート短距離勝負】
※対象レース数過少のため終了
回収率:38.3% 3戦0勝
収支:18,000円→6,890円
本命成績:0-1-1-1
カテゴリ
2013年度 万馬券履歴
京都金杯      3連複   11990円
東京スプリント   3連単   15750円
青葉賞         馬連   30590円
 〃           馬単   71140円
平安ステークス  3連単   15630円
エプソムカップ   3連単   34300円
2012年度成績
【中央競馬】
回収率:107.9% 121戦18勝
収支:724,500円→781,890円
本命成績:25-23-10-63
※回収率100%超え達成!

【地方競馬】
回収率:80.2% 30戦7勝
収支:95,300円→76,480円
※回収率100%超えならず・・・

【2012年度 万馬券的中履歴】
佐賀記念       馬単  14940円
弥生賞        馬単  22190円
中日新聞杯      馬単  12230円
大阪杯       3連単  11540円
青葉賞       3連複  48540円
 〃        3連単  189270円
札幌記念      3連単  10590円
金鯱賞        馬単  15280円
 〃        3連複  12810円
 〃        3連単  91410円
カペラステークス  3連複  10460円
本日までの訪問者数
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
リンク先最新記事
ランキング
ランキング参加中です!



相互リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクをご希望の方は、
直近の記事にコメント下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
696位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
324位
アクセスランキングを見る>>
楽天株式会社
健康コーポレーション株式会社
GMOインターネット株式会社
楽天カード株式会社
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉
A8.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。