スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の重賞

今週の中央重賞は、以下の通りです。

【土曜】
・京都新聞杯(GⅡ)(京都11R、3歳限定馬齢、芝2200m・外)
【日曜】
・新潟大賞典(GⅢ)(新潟11R、4歳以上ハンデ、芝2000m・外)
・NHKマイルカップ(GⅠ)(東京11R、3歳限定定量、芝1600m)

ローカル開催の福島が終わり、今週からは新潟開催に移ります。
そして、4週連続東京でGⅠが開催されます。

土曜には、ダービーへ向けての賞金加算のための一戦、京都新聞杯、
日曜には、ローカル芝2000mハンデの新潟大賞典、
3歳マイル王決定戦のNHKマイルカップと、3つの重賞が予定されています。

京都新聞杯には、18頭の特別登録がなされています。
皐月賞臨戦組、前走500万下勝ち、1勝馬と様々な馬が登録を予定していますが、
抜けた馬がおらず混戦模様です。

新潟大賞典には、23頭の特別登録がなされています。
中日新聞杯を制したスマートギア、新潟芝2000m重賞2勝のナリタクリスタル、
昨年の優勝馬セイクリッドバレーなど裏開催のハンデ戦としてはメンバーが揃いました。

NHKマイルカップには、36頭もの特別登録がなされています。
前走好時計で快勝し3戦3勝とまだ底を見せていないカレンブラックヒルが人気を集めそうです。
同レース2、3着のセイクレットレーヴ、ブライトライン、4戦全連対で前走OPEN勝ちのガンジス、
マイル3勝の2歳王者アルフレード、チューリップ賞以来となるハナズゴールなど、ここもメンバーが
揃いました。

また、今週の地方交流重賞は、以下の通りです。
【水曜】
・第24回かしわ記念(JpnⅠ)(船橋、4歳以上定量、ダ1600m)
【木曜】
・第13回兵庫チャンピオンシップ(JpnⅡ)(園田、3歳限定定量、ダ1870m)
【金曜】
・第14回かきつばた記念(JpnⅢ)(名古屋、4歳以上別定、ダ1400m)

5月連休名物の3連日重賞です。

かしわ記念はさすがJpnⅠといえるメンバー。フェブラリーステークス1、2着馬の
テスタマッタ、シルクフォーチュン、昨年の優勝馬フリオーソ、
一昨年と3年前の優勝馬エスポワールシチー、ダイオライト記念1、2着馬のランフォルセ、
ビイラニハイウェイと、中央勢が揃いに揃いました。
この中でも絞り込むのは難しいと言えるほどの超豪華メンバーです。

今週は連休ですが、重賞合計6つとまた競馬漬けになりそうです。
今週も快晴の中で競馬を楽しみたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

第145回天皇賞(春) 回顧

第145回天皇賞(春)(GⅠ)の結果です。

tennouharu_cap.jpg

tennouharu_result.html

ラップは、13.0-11.6-11.3-11.7-12.4-11.9-11.9-12.7-12.7-12.7-12.1-11.9-11.4-11.7-12.3-12.5。
前は平均ペース後続は超スローペースです。
11秒前半のラップが一つしかなく、道中12秒後半のラップが連続しているように、
かなり前が楽をして
います。

1着は、・・・①ビートブラック。石橋脩騎手の強気な騎乗が生んだ勝利と言えるでしょう。
初GⅠ制覇、おめでとうございます。
道中は大逃げを打とうとするゴールデンハインドに張り付き2番手、向こう正面から強気に先頭に立つと、
そのまま直線に入っても脚色は衰えず。
同馬は、重賞未勝利、前走大敗、テン乗り、京都未勝利と不安要素満載の馬だったのですが、
そのようなものを打ち砕くような好騎乗でした。

2着に、・◎⑯トーセンジョーダン。天皇賞(秋)と同じような、前を見据えた中団前の7番手につけ、
直線は3位の上がり34.0としっかりと伸びています。
速い上がりを使えない同馬では、4コーナーでの差は詰められなかったでしょう。
個人的には、ビートブラックがしたような騎乗をして欲しかったのですが、前がつぶれると読んでの
位置取りだったのだと思います。

3着に、・・・⑪ウインバリアシオン。道中は12番手と中団につけます。
レースが動いた3コーナーでも流石名手、慌てることなくじっくりと脚を溜め、直線差し込んできました。
最速の上がり33.5をマークしましたが、前が止まらない今の馬場ではここまで。
速い脚が使える馬ではないので京都では厳しいと評価を下げましたが、成長を伺わせる内容でした。

1番人気の〇⑱オルフェーヴルは、11着同着。
後方に着けた時点でアウト。現在の時計の速い京都では、4コーナーである程度前にいないと届きません
長距離ならなおさらです。池添騎手らしい攻めの騎乗がまるでみられませんでした。

【次走注意】
3着 ウインバリアシオン
次走、宝塚記念に出走してくるなら怖い馬だと思います。パワーがあり、速い脚が使えず、
長く良い脚を使えるこの馬にとっては阪神芝2200mは向いていると見ます。



【結果】
1着・・・
2着◎
3着・・・
複勝のみ的中・・・。回収率100%超えならず負け。
購入6000円⇒3200円

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

騎手データ:三浦皇成

1年目から重賞勝利、91勝という破格の成績を挙げ、武豊を超える逸材かと期待された若手騎手です。
その後はやや成績を落とすも、今年は勝率約12%と好成績を挙げています。
現在の目標はGⅠ勝ちでしょう。

まず、本騎手の全成績です。
以下、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率です。
全 317- 284- 285-2531/3417 9.3% 17.6% 25.9% 68 73

芝 137- 135- 141-1288/1701 8.1% 16.0% 24.3% 59 71
ダート 180- 149- 144-1243/1716 10.5% 19.2% 27.6% 76 76

ダートの方が好成績です。今年もダートの方が勝率、勝ち鞍ともに上。
しかし、重賞勝ちは全て芝です。というより、ダート重賞自体あまり乗っていません。
芝 6- 4- 6-134/150 4.0% 6.7% 10.7% 40 55
ダート 0- 3- 0- 17/ 20 0.0% 15.0% 15.0% 0 28

1.相性のいい厩舎
10勝以上の厩舎を挙げます。
(美)萩原清 19- 16- 12- 77/124 15.3% 28.2% 37.9% 56 92
(美)河野通文 16- 22- 26-129/193 8.3% 19.7% 33.2% 135 104
(美)小島茂之 14- 15- 12- 71/112 12.5% 25.9% 36.6% 48 79
(美)堀宣行 12- 4- 7- 41/ 64 18.8% 25.0% 35.9% 125 105
(美)伊藤圭三 10- 7- 10- 68/ 95 10.5% 17.9% 28.4% 79 59
(栗)加用正 10- 6- 5- 28/ 49 20.4% 32.7% 42.9% 136 81

いくつか好成績の厩舎がありますが、重賞勝ちはありません。

相性が悪い厩舎はありません。

2.乗り替りで相性のいいパターン
6勝以上のパターンを挙げます。
三浦皇成→三浦皇成 120- 89-124-652/985 12.2% 21.2% 33.8% 67 81
松岡正海→三浦皇成 14- 9- 8- 63/ 94 14.9% 24.5% 33.0% 81 72
横山典弘→三浦皇成 10- 10- 6- 42/ 68 14.7% 29.4% 38.2% 219 103

岩田康誠→三浦皇成 7- 9- 1- 44/ 61 11.5% 26.2% 27.9% 78 61
後藤浩輝→三浦皇成 7- 2- 5- 54/ 68 10.3% 13.2% 20.6% 38 66
内田博幸→三浦皇成 6- 7- 6- 52/ 71 8.5% 18.3% 26.8% 60 82
田中勝春→三浦皇成 6- 4- 4- 37/ 51 11.8% 19.6% 27.5% 259 112
藤田伸二→三浦皇成 6- 3- 5- 46/ 60 10.0% 15.0% 23.3% 43 48
北村宏司→三浦皇成 6- 3- 4- 37/ 50 12.0% 18.0% 26.0% 62 73

勝率では松岡、北村騎手、回収率では横山典、田中勝騎手からの乗り替りで好成績です。

相性の悪い乗り替りです。
蛯名正義→三浦皇成 2- 7- 1- 57/ 67 3.0% 13.4% 14.9% 44 39
人気でも結果が出ていません。
1~5人気 0- 6- 1-31/38 0.0% 15.8% 18.4% 0 36

3.人気別成績
1番人気 108- 65- 30- 144/ 347 31.1% 49.9% 58.5% 72 76
2番人気 76- 61- 53- 179/ 369 20.6% 37.1% 51.5% 86 83
3番人気 49- 46- 42- 218/ 355 13.8% 26.8% 38.6% 80 78
4番人気 27- 36- 36- 263/ 362 7.5% 17.4% 27.3% 70 68
5番人気 22- 19- 35- 253/ 329 6.7% 12.5% 23.1% 70 72
6番人気 7- 21- 27- 247/ 302 2.3% 9.3% 18.2% 34 70
7番人気 12- 12- 24- 208/ 256 4.7% 9.4% 18.8% 83 91
8番人気 5- 13- 13- 205/ 236 2.1% 7.6% 13.1% 47 86
9番人気 2- 3- 11- 192/ 208 1.0% 2.4% 7.7% 27 54
10番人気 6- 5- 3- 184/ 198 3.0% 5.6% 7.1% 114 60
11番人気 2- 3- 7- 143/ 155 1.3% 3.2% 7.7% 114 127
12番人気 1- 0- 0- 105/ 106 0.9% 0.9% 0.9% 89 10
13番人気 0- 0- 2- 79/ 81 0.0% 0.0% 2.5% 0 43
14番人気 0- 0- 1- 55/ 56 0.0% 0.0% 1.8% 0 54
15番人気 0- 0- 0- 27/ 27 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0- 0- 0- 21/ 21 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3% 0 317
18番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

1番人気の信頼度はやや低いです。2番人気の方が好成績

4.位置取りの好み、成績
逃げ 52- 36- 22- 179/ 289 18.0% 30.4% 38.1% 129 120
先行 154- 143- 113- 599/1009 15.3% 29.4% 40.6% 93 101
中団 91- 81- 107-1084/1363 6.7% 12.6% 20.5% 52 63
後方 20- 19- 39- 647/ 725 2.8% 5.4% 10.8% 41 36

中団より後ろからの競馬を好むようです。

5.クラス別成績
新馬 35- 26- 25- 194/ 280 12.5% 21.8% 30.7% 118 85
未勝利 128- 108- 107- 816/1159 11.0% 20.4% 29.6% 83 88

500万下 85- 92- 84- 737/ 998 8.5% 17.7% 26.2% 49 65
1000万下 40- 30- 42- 381/ 493 8.1% 14.2% 22.7% 53 63
1600万下 13- 11- 10- 163/ 197 6.6% 12.2% 17.3% 67 53
OPEN特別 10- 10- 11- 89/ 120 8.3% 16.7% 25.8% 65 86
G3 3- 6- 3- 81/ 93 3.2% 9.7% 12.9% 24 49
G2 3- 1- 1- 44/ 49 6.1% 8.2% 10.2% 77 73
G1 0- 0- 2- 26/ 28 0.0% 0.0% 7.1% 0 25


新馬、未勝利戦は好成績ですが、重賞の成績が悪いです。
重賞6勝はすべて関東圏内。
フローラG2 1- 0- 0- 3/ 4
ステイヤG2 1- 0- 0- 3/ 4
東京新聞G3 1- 0- 0- 2/ 3
アルゼンHG2 1- 0- 0- 2/ 3
函館2歳G3 1- 0- 0- 1/ 2
関屋記念G3 1- 0- 0- 0/ 1

6.競馬場別成績
札幌 69- 61- 55- 412/ 597 11.6% 21.8% 31.0% 72 80
函館 31- 30- 21- 196/ 278 11.2% 21.9% 29.5% 69 68

福島 18- 21- 7- 107/ 153 11.8% 25.5% 30.1% 45 54
新潟 11- 15- 17- 93/ 136 8.1% 19.1% 31.6% 29 64
東京 96- 85- 89- 814/1084 8.9% 16.7% 24.9% 71 81
中山 84- 65- 83- 761/ 993 8.5% 15.0% 23.4% 77 70
中京 2- 2- 2- 19/ 25 8.0% 16.0% 24.0% 61 74
京都 0- 1- 3- 37/ 41 0.0% 2.4% 9.8% 0 42
阪神 6- 4- 8- 92/ 110 5.5% 9.1% 16.4% 40 57

北海道シリーズを得意としており、関西中央開催を苦手としています。京都では未だ勝ち鞍なし

7.年度別成績(2012年4月27日現在)
2012年 35- 16- 24-215/290 12.1% 17.6% 25.9% 116 67
2011年 67- 63- 64-649/843 7.9% 15.4% 23.0% 57 65
2010年 46- 51- 53-493/643 7.2% 15.1% 23.3% 52 87
2009年 78- 80- 86-614/858 9.1% 18.4% 28.4% 67 82
2008年 91- 74- 58-560/783 11.6% 21.1% 28.5% 76 64

今年は勝率だけでなく、単勝回収率も100%以上をキープしており、人気に応えつつ穴をあけること
が出来ているようです。

8.枠順別成績
1枠 39- 30- 35-254/358 10.9% 19.3% 29.1% 63 68
2枠 30- 37- 37-284/388 7.7% 17.3% 26.8% 51 71
3枠 34- 25- 35-294/388 8.8% 15.2% 24.2% 55 59
4枠 37- 28- 35-286/386 9.6% 16.8% 25.9% 70 76
5枠 49- 52- 27-336/464 10.6% 21.8% 27.6% 104 86
6枠 30- 39- 34-342/445 6.7% 15.5% 23.1% 51 69
7枠 47- 32- 33-330/442 10.6% 17.9% 25.3% 87 71
8枠 51- 41- 49-405/546 9.3% 16.8% 25.8% 57 82

なぜか奇数枠の成績が良く、偶数枠の成績が悪いです。

9.馬主別成績
7勝以上の馬主を挙げます。
社台レースホース 26- 17- 23- 92/158 16.5% 27.2% 41.8% 85 104
サラブレッドクラブ 16- 10- 15-133/174 9.2% 14.9% 23.6% 82 78
サンデーレーシング 11- 7- 8- 72/ 98 11.2% 18.4% 26.5% 49 60
キャロットファーム 10- 7- 4- 50/ 71 14.1% 23.9% 29.6% 64 57
吉田照哉 9- 7- 2- 31/ 49 18.4% 32.7% 36.7% 71 82
原礼子 7- 4- 7- 32/ 50 14.0% 22.0% 36.0% 56 72
LS.M 7- 4- 3- 12/ 26 26.9% 42.3% 53.8% 205 112

社台、吉田氏の勝率が高いです。
「ノボ」の冠名を持つ(株)LS.Mは、回収率も好成績です。

あと、面白いデータを一つ。
連闘時の成績が抜群にいいです。人気中心とはいえ勝率は群を抜いています。
連闘 13- 7- 5- 43/ 68 19.1% 29.4% 36.8% 95 72

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

京都土曜9Rトーホウアマポーラの凄まじい競馬ぶりに驚いた・・・

今日の土曜京都9R、3歳限定の芝1200mで行われたあやめ賞。
レースを見て、結果を見た時、思わずカフェオレを吹きました。

20120428Ayame_result.html

短距離で6馬身ちぎったのもすごいですが、凄まじいのはそのレース内容。

ラップは、12.1-10.5-10.8-10.9-11.0-11.6。
10秒台を連発する中、差のない好位4番手を追走し、直線あっさり抜け出して
上がり33.2と最速の末脚
2位がこの馬より後ろにつけて33.8なのだから、ぶっちぎって当然と言えます。

勝ち時計1.06.9は、古馬エイシンバーリンが1997年に記録したタイムと同じ

19970420silkroad_result.html

過去よりも速い時計が出やすい馬場になっているという背景があったとはいえ、
これまで破られていないレコードに迫ったのも事実。
短距離の新星誕生なるか、注目したい一頭です。

テーマ : 雑記
ジャンル : ギャンブル

第145回天皇賞(春)(GⅠ)の予想

今年のGⅠ第5弾、長距離王者決定戦、天皇賞(春)の予想です。

tennouharu_race.html

土曜開催終了時点で良馬場。明日は晴れの予報です。
快晴の中で好勝負を観戦できそうです。

【重要】としたデータ傾向はないため、参考程度まで。

【展開予想】スローペース
いわゆる「逃げ馬」がいません。そして先行馬もわずか6頭。
逃げるとすれば万葉ステークスを大逃げで逃げ切ったゴールデンハインド、
ダイヤモンドステークスを超スローペースで逃げ切ったケイアイドウソジン、
そして前走逃げの手を打ったトーセンジョーダン。つまり、逃げ馬が予想できません。
どれかが大逃げを打ったとしても人気上位が差しタイプで牽制し合う可能性があり、
後続はスローペースになると思います。

【予想】
・◎⑯トーセンジョーダン
折り合いに不安がないことが何よりの強調材料です。
同厩にも拘らずオルフェーヴルが出走するここに態々ぶつけてくる厩舎の勝負気配、
この馬は春秋連覇が懸かっており、勝たせたいのはこちらと見ます。
ステイヤーの資質を問われる東京芝2500mを息の入らない展開で最速上がりで勝っており、
距離の心配はいりません。好位から強気の競馬で他馬を出し抜く岩田康騎手の騎乗に期待します。
不安なのは8枠。データ上は内枠有利ですので、好スタートを決めて早めに内に入ってほしいです。

・〇⑱オルフェーヴル
相手筆頭。また大外枠に入ってしまいました。実は外枠の経験は2回しかなく
前走のようなことがあったため、またスムーズな競馬が出来ない可能性があります。
ただ、高速決着だった菊花賞で早めに動いて突き放す競馬から、長距離適性は十分。
まず、馬券圏内は外さないでしょう。

・〇③ナムラクレセント
絶好枠に入りました。異なる馬場で本レース過去3、4着と、走る下地はあり、
復調してきた今回は十分上位進出は可能と見ます。先行脚質なのも強み。
世紀末覇王、もといテイエムオペラオーで連覇しているように長距離の手腕は確かな和田騎手、
逃げ馬を楽にさせない騎乗を期待したいです。

・〇④モンテクリスエス
ズブい馬なので、下り坂で加速できる京都外回りは合うと思います。
距離延長してからのダイヤモンドステークスレコードホルダー
速い脚が無い分乗り難しい馬ではありますが、長距離適性があり、
かつて本レースにてマイネルキッツで穴をあけたことのある松岡騎手の手腕に期待します。

・〇⑤ジャガーメイル
データでは消しの8歳馬ですが、この馬は長期休養が多く馬が若いので無視していいと思います。
天皇賞(春)を好時計で勝っている実績馬で、
前走も合わない重たい馬場で速めに仕掛ける苦しい展開で大きく崩れなかったことから、
まだ衰えてはいないと思います。

・〇⑧ギュスターヴクライ
ここまで大きく負けたのが1回だけという安定感が何よりの武器。
絶好調の蛯名騎手が騎乗します。
とても堅実に走る馬で、初めてのGⅠでも気後れすることはないでしょう。
前走は何もかもうまく行き過ぎた感はありますが、そういうレースが再度できれば。



【馬券】
単勝、複勝 16
枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単1頭軸16⇒3,4,5,8,18
(単勝200円、複勝800円、他100円、計6000円)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

第19回青葉賞 回顧

青葉賞の結果です。

aobasho_cap.jpg

AobaSho_result.html

ラップは、12.3-10.8-12.0-12.9-12.9-12.8-12.5-12.5-12.1-11.6-11.2-12.1。
スローペースです。

勝ったのは、◎⑦フェノーメノ。スタートは遅れ気味でしたが、
焦らず道中は中団9番手の内に入れ、3コーナーでは外に出し、直線ではやや速めに仕掛ける、
望みどおりの騎乗を見せてくれました。そして蛯名騎手、これで2週連続重賞制覇
1番人気でも結果を出し続けるのは難しいもの。見事な騎乗でした。

2着に、〇⑫エタンダール。控える競馬をしたのは意外でしたが、速い上がりを繰り出せる馬だけに
心配はなかったようです。道中は好位6番手につけ、直線では馬場の真ん中から差し込み。
フェノーメノと併せ馬の形になったのが良かったのか、グイッと伸びました。
勝負根性を生かすような競馬があっているようです。

3着に、〇⑩ステラウインド。500万下を負けているという理由か、全く人気が無かったですね・・・。
道中は、中団12番手の内につけ、直線は内から2頭目、馬場の真ん中へとごちゃつく内を避ける舵取り。
直線狭くなる不利がありながら、再度しっかりと脚を伸ばしての権利取り。
急遽乗り替りとなった北村騎手の騎乗も見事でした。

2番人気の、・・・⑬カポーティスターは9着。
3番人気の、〇⑤サトノギャラントは15着。
流れが落ち着いたにもかかわらず、位置が悪かったです。しかし、上がり2位を記録したサトノギャラント
は展開の綾と言えますが、上がりも掛かってしまったカポーティスターはやはり連闘かつ連続輸送が
堪えたようです。新馬戦から休みなく使われているのも懸念材料でした。

【次走注意】
1着 ⑦フェノーメノ
雨が残っていたとはいえ、今の時計の掛かる東京で2分25秒台の時計は優秀です。
相手は一気に強化されますが、ダービーの有力馬に前付けして速い上がりを使える馬が少ないため、
うまく運べれば出し抜くことも可能でしょう。



【結果】
1着◎
2着〇
3着〇
完全的中!今年初の10万馬券的中!
購入6000円⇒256940円

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

競馬関係者著書 2ちゃる騎手

2ちゃる騎手

「2ちゃる」とは、2ちゃんねるで書き込みをしている騎手、競馬関係者のことを指すそうです。
このシリーズ、最近は書店に行っても売ってません。人気なのか絶版なのか知りませんが、残念です。

息抜きに最適です。著者は栗東トレセン関係者らしく、他にも~騎手シリーズを出版しています。
取り敢えず書店にあったものは全て購入済みです。

(本当かどうかはともかく)2006年1月の田中剛騎手の騎乗停止の真相、
朝日チャレンジカップで小牧太騎手がやらかした3着でのガッツポーズについて、
など、騎手の内容をメインに取り上げています。かなり笑えます。

本書では某巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」に、騎手が書き込みをしているということも触れられて
いますが、実際は2ちゃんねるに関する記事は少なめ。
あくまで騎手に関することを、面白おかしく書いているという感じです。

テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

種牡馬データ:ゴールドアリュール

晩年はダート戦線で活躍した馬ですが、実は芝に勝ち鞍があり、ダービーで5着したことのある馬です。
そして実はサンデーサイレンス産駒唯一のダートGⅠ優勝馬
サンデーサイレンス自身はダート戦線で活躍した馬だけに、これは意外ともいえます。
代表産駒はエスポワールシチー。ダートGⅠを2勝しています。ちなみに、本産駒のGⅠ勝利も2つ。

現役時は、最初は芝戦線を使われるもなかなか結果が出ずダートに切り替えて連勝。
ダービー5着を経て、ジャパンダートダービー、ダービーグランプリを圧勝し、その後も
東京大賞典、フェブラリーステークスを制覇。
帝王賞13着後、喘鳴症という病気を発症し、完治に時間を要することから引退。

まず、本産駒の全成績を示します。
以下、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率です。
全 273- 245- 245-2216/2979 9.2% 17.4% 25.6% 77 79

芝 58- 63- 58- 651/ 830 7.0% 14.6% 21.6% 53 69
ダート 215- 182- 187-1565/2149 10.0% 18.5% 27.2% 86 83

ダート向けです。芝では勝率、回収率共にガタッとと落ちます。

さて、本産駒の特長(欠点)です。なお、障害レースは除外します。
1.距離適性万能
1000m~1300m 73- 57- 62- 631/ 823 8.9% 15.8% 23.3% 65 67
1400m~1600m 64- 63- 59- 581/ 767 8.3% 16.6% 24.3% 82 76
1700m~2000m 119- 107- 115- 916/1257 9.5% 18.0% 27.1% 82 87
2100m~2400m 16- 15- 8- 71/ 110 14.5% 28.2% 35.5% 84 102
2500m~3600m 1- 3- 1- 17/ 22 4.5% 18.2% 22.7% 27 73

1000m 18- 8- 12- 113/ 151 11.9% 17.2% 25.2% 118 83

1150 0- 4- 3- 21/ 28 0.0% 14.3% 25.0% 0 44
1200m 52- 45- 45- 470/ 612 8.5% 15.8% 23.2% 56 66
1300m 3- 0- 2- 27/ 32 9.4% 9.4% 15.6% 46 36
1400m 32- 34- 31- 344/ 441 7.3% 15.0% 22.0% 84 66
1500m 2- 1- 1- 12/ 16 12.5% 18.8% 25.0% 68 75
1600m 30- 28- 27- 225/ 310 9.7% 18.7% 27.4% 79 90
1700m 56- 38- 31- 266/ 391 14.3% 24.0% 32.0% 133 97
1800m 53- 60- 72- 551/ 736 7.2% 15.4% 25.1% 63 83
1900m 0- 2- 0- 7/ 9 0.0% 22.2% 22.2% 0 46
2000m 10- 7- 12- 92/ 121 8.3% 14.0% 24.0% 44 77
2100m 7- 6- 5- 19/ 37 18.9% 35.1% 48.6% 118 148
2200m 4- 3- 1- 13/ 21 19.0% 33.3% 38.1% 139 130

2300m 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2400m 5- 6- 2- 34/ 47 10.6% 23.4% 27.7% 42 63
2500m 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 122 52
2600m 0- 3- 1- 13/ 17 0.0% 17.6% 23.5% 0 79

長距離はサンプル数が少ないので判断しにくいですが、1000m~2400mまで安定した成績。
特に非根幹距離(1200m、1600m、2000m、2400m以外)で好成績を残しています。

2.春は走らない
1月 28- 21- 22- 186/ 257 10.9% 19.1% 27.6% 86 71
2月 18- 17- 25- 201/ 261 6.9% 13.4% 23.0% 48 83
3月 24- 24- 23- 225/ 296 8.1% 16.2% 24.0% 79 83
4月 15- 22- 20- 208/ 265 5.7% 14.0% 21.5% 53 65
5月 20- 16- 24- 184/ 244 8.2% 14.8% 24.6% 44 86

6月 24- 12- 14- 145/ 195 12.3% 18.5% 25.6% 160 85
7月 25- 21- 15- 179/ 240 10.4% 19.2% 25.4% 83 68
8月 23- 22- 19- 185/ 249 9.2% 18.1% 25.7% 100 80
9月 21- 26- 24- 154/ 225 9.3% 20.9% 31.6% 100 102
10月 23- 27- 17- 183/ 250 9.2% 20.0% 26.8% 58 69
11月 28- 20- 17- 180/ 245 11.4% 19.6% 26.5% 77 74
12月 24- 17- 25- 186/ 252 9.5% 16.3% 26.2% 59 84

2月~5月の成績が悪いです。春競馬で成績が落ちます。

3.大舞台で好成績を残せる血統パターンが限られている
重賞での出走馬の父×母父系統パターンです。
ロイヤルチャージャxロイヤルチャージャ 4- 4- 2-11/21 19.0% 38.1% 47.6% 42 87
ロイヤルチャージャxニアークティック系 3- 4- 2-24/33 9.1% 21.2% 27.3% 184 114
ロイヤルチャージャxナスルーラ系 0- 1- 4-21/26 0.0% 3.8% 19.2% 0 91
ロイヤルチャージャxネイティヴダンサー 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ロイヤルチャージャxその他のエクリプス 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
ロイヤルチャージャxトゥルビヨン系 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

母父ナスルーラに該当する馬で、重賞で人気したのはトップカミングのみですが、
結果を出せていません。ダート適性を強調する系統との相性がいいようです。

4.間隔が詰まっているか、長期休養明けが良い
連闘 9- 6- 5- 43/ 63 14.3% 23.8% 31.7% 119 97
2週 44- 47- 46- 355/ 492 8.9% 18.5% 27.8% 55 75
3週 69- 57- 53- 416/ 595 11.6% 21.2% 30.1% 80 86
4週 45- 37- 33- 315/ 430 10.5% 19.1% 26.7% 61 73
5~9週 36- 30- 44- 465/ 575 6.3% 11.5% 19.1% 92 70
10~半年 29- 33- 31- 290/ 383 7.6% 16.2% 24.3% 54 83

半年以上 9- 7- 3- 78/ 97 9.3% 16.5% 19.6% 86 66

中途半端に間隔が開くより、間隔を詰めるか長期休養を挟んだ方が好成績です。

既に後継種牡馬と言える馬を輩出していますが、番組数が多いダートで好成績を挙げており、
今後も種付け数は増えることが予想されます。今後GⅠ勝ちが期待されるのは末脚安定の
シルクフォーチュン。エスポワールシチーに続けるか、今後の活躍に注目したいところです。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

青葉賞の予想

青葉賞の予想です。

AobaSho_race.html

4/27(金)正午時点の馬場情報では、天候・雨、芝は重。
明日は晴れ予報ですが、雨が残る可能性が高く、回復しても稍重までと思われます。

【重要】としたデータ傾向を挙げると、前走タイム差が1.0以内。
該当しない馬は2頭しかいませんが、消します。

【展開予想】スローペース
②クランモンタナか⑫エタンダールのどちらかが逃げると思います。
先行馬はやや多いですが、有力馬に脚を溜めての末脚タイプが多いため、自然と上がり勝負になる
と思われます。速い上がりを繰り出せる馬場にまで回復しているかどうかがカギでしょう。

【予想】
・◎⑦フェノーメノ
データ面は文句なし、唯一の弥生賞組です。鞍上も絶好調、東京コースも2戦2勝。
33秒台の上がりを記録したことが無く、速い上がりを繰り出せるかどうかだけが疑問ですが、
追って渋太い馬で、速めの競馬を心がければそのハンデは克服できると思います。
復帰していきなり重賞制覇した蛯名騎手も心強い限り。

・〇②クランモンタナ
相手筆頭。今の東京は、先週の府中ステークス(2.00.9)の時計の掛かり様からも、
やや重たい馬場のようです。そのため、重たい馬場を経験しているのは大きいと思います。
とにかく粘り強い馬で掲示板を外したことがありません。この馬も速めの競馬をしたいところ。

・〇⑤サトノギャラント
皐月賞組というのは不安材料ですが、叩き良化型のシンボリクリスエス産駒なので心配ないと思います。
藤沢厩舎3頭出しで、ここに懸ける勝負気配は全陣営で一番と思います。
ここ2戦の強敵との対戦経験を活かすならここしかないでしょう。

・〇⑩ステラウインド
ラスト2ハロンが10.8-10.5と極めて特異なラップを刻んだ山吹賞組その1。
未勝利ですが東京芝2400m2着があり、コース適性の下地はあります。
不良馬場の中山芝2000mで逃げながら12.2-12.4-12.4-12.9と最後までバテなかった
長い脚が武器。前付けして速い脚を繰り出せるタイプはこのコースでは怖い存在です。

・〇⑫エタンダール
山吹賞組その2。逃げながら10秒台のラップを連発したように、速い脚を繰り出せる馬。
これまでのレースから速めの競馬をした方が良い馬のようで、今回も前に着けると思われます。
スローで流れるようなら前走の再現もあると思います。

・〇⑯ミルドリーム
すみれステークス、若葉ステークスとOPENクラスで連続3着。ラスト3ハロンが速くなり、かつ
ある程度時計も速かった同距離の梅花賞を完勝しているのが強み。
今年の重賞勝ちを収めた後藤騎手が騎乗したサイレントメロディもこの馬と同じ配合パターン。



【馬券】
単勝、複勝 7
枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単1頭軸7⇒2,5,10,12,16
(単勝200円、複勝800円、他100円、計6000円)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

天皇賞(春)の解析

過去10年の全着順データです。

tennouharu_data.html

かつては「日本一堅いGⅠ」とまで言われた本レース、ここ10年は荒れまくっています。
1番人気 1- 0- 3- 6/ 10 10.0% 10.0% 40.0% 11 47
2番人気 3- 2- 0- 5/ 10 30.0% 50.0% 50.0% 133 94
3番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0% 58 60
4番人気 0- 3- 2- 5/ 10 0.0% 30.0% 50.0% 0 145
5番人気 0- 0- 3- 7/ 10 0.0% 0.0% 30.0% 0 132
6番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
7番人気 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0% 330 95
8番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 86
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
10番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0% 710 193
11番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 142
12番人気 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 516 96
13番人気 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 390 98

14番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0 174
15番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5% 0 357

1番人気がわずか1連対、二桁人気が3勝と、長距離界に絶対的な存在がいないことを露呈している
かのような結果。ちなみに1番人気の優勝はディープインパクトです。

以下、傾向です。
数値の羅列は、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率の順です。

1.大阪杯組が優勢、前走レースは限られる
産経大阪G2 3- 2- 2-18/25 12.0% 20.0% 28.0% 150 87
日経賞G2 2- 5- 1-32/40 5.0% 17.5% 20.0% 123 98
阪神大賞G2 2- 2- 5-45/54 3.7% 7.4% 16.7% 12 37
大阪―ハH 1- 1- 1-18/21 4.8% 9.5% 14.3% 167 253
京都記念G2 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 118 146
ダイオG2 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 7100 1930

上記以外の臨戦過程は馬券に絡んでいません。ダイオライト記念はイングランディーレです。
大阪ハンブルクカップ組の3頭は全て二桁人気、穴を狙うならこのグループでしょう。

<理由付け>波乱傾向でもやはり地力が問われる。持久力を問われるコース、長距離適性も重要。

2.4歳が優勢、7歳以上の優勝なし
4歳 6- 4- 2- 41/ 53 11.3% 18.9% 22.6% 144 140
5歳 2- 3- 6- 32/ 43 4.7% 11.6% 25.6% 178 116
6歳 2- 1- 2- 27/ 32 6.3% 9.4% 15.6% 163 56
7歳以上 0- 2- 0- 36/ 38 0.0% 5.3% 5.3% 0 49

7歳以上も、7歳のマイネルキッツ、ビッグゴールドが連対したのみ。8歳以上は消しでいいでしょう。

<理由付け>地力が問われる一戦、ピークを過ぎた馬は実績があっても苦しい。

3.内枠有利
1枠 2- 0- 1-15/18 11.1% 11.1% 16.7% 352 105
2枠 0- 1- 2-15/18 0.0% 5.6% 16.7% 0 198
3枠 2- 0- 0-17/19 10.5% 10.5% 10.5% 397 113
4枠 2- 0- 1-16/19 10.5% 10.5% 15.8% 21 38
5枠 1- 1- 1-16/19 5.3% 10.5% 15.8% 184 62
6枠 2- 2- 3-13/20 10.0% 20.0% 35.0% 110 84
7枠 0- 2- 1-23/26 0.0% 7.7% 11.5% 0 36
8枠 1- 4- 1-21/27 3.7% 18.5% 22.2% 21 145

6枠までの馬が9勝、ちなみに、8枠の優勝は14頭立てだったときのアドマイヤジュピタ。
フルゲートではここ10年優勝はありません。外枠は着拾いが精いっぱいのようです。
やはり長丁場だけに距離損は最後にこたえるようです。

<理由付け>長距離レースだけに長い距離を走らされる外枠は不利。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

青葉賞の解析

過去10年の全着順データです。

AobaSho_data.html

本番と同じ条件で行われるダービートライアルです。
地力がそのまま結果になりやすい東京芝2400mで施行されるためか、
過去10年で二桁人気の馬は2007年トーセンマーチの2着のみ。
1~5人気 9- 5- 7- 29/ 50 18.0% 28.0% 42.0% 52 69
ほぼ人気サイドで決着することが多いです。

以下、傾向です。
数値の羅列は、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率の順です。

1.前走タイム差が1.0以内【重要】
馬券圏内30頭全てに該当します。
勝1.0~1.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
勝0.6~0.9 0- 0- 0- 0/ 0
勝0.3~0.5 2- 1- 2- 8/13 15.4% 23.1% 38.5% 34 56
勝0.1~0.2 3- 3- 1-37/44 6.8% 13.6% 15.9% 12 32
勝0.0 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0% 0 131
負0.0 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 90
負0.1~0.2 2- 1- 1-12/16 12.5% 18.8% 25.0% 48 53
負0.3~0.5 2- 2- 2-19/25 8.0% 16.0% 24.0% 80 67
負0.6~0.9 1- 2- 1-18/22 4.5% 13.6% 18.2% 12 44
負1.0~1.9 0- 0- 1-20/21 0.0% 0.0% 4.8% 0 10
負2.0~2.9 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負3.0~3.9 0- 0- 0- 0/ 0
負4.0~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


タイム差1.0だったヤマノブリザードは、前走皐月賞でGⅠ2着の実績馬です。
前走大きく負けている馬の巻き返しはほぼないと考えてよいと思います。

<理由付け>地力が問われるため、前走崩れている馬が巻き返すのは苦しい。


2.前走間隔が中3週~9週であること
連闘 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2週 0- 0- 1- 22/ 23 0.0% 0.0% 4.3% 0 9

3週 2- 0- 1- 31/ 34 5.9% 5.9% 8.8% 13 16
4週 0- 1- 2- 25/ 28 0.0% 3.6% 10.7% 0 30
5~9週 8- 8- 6- 53/ 75 10.7% 21.3% 29.3% 48 94
10~半年 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 19

中2週はGⅠ2着があるヤマノブリザード、中10週以上開いたのは前走に東京芝2400mを快勝
したホオキパウェーブ。地力か本コースへの適性を示している馬でなければ苦しいようです。

3.弥生賞組に注意
毎日杯G3 4- 3- 3- 8/18 22.2% 38.9% 55.6% 87 116
弥生賞G2 2- 1- 1- 2/ 6 33.3% 50.0% 66.7% 288 160

山吹賞500* 2- 0- 0-13/15 13.3% 13.3% 13.3% 30 15
すみれS 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 45 125
若葉S 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 20 15
皐月賞G1 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 42

毎日杯、弥生賞組の成績が優秀です。
但し、毎日杯はコース改装後は同レースで3着以内に入った馬しか馬券圏内に入っていません。
弥生賞組は、6頭全て前走4着以下だったにもかかわらず青葉賞では掲示板を確保
着差さえ大きく負けていなければ要注意です。
また、皐月賞組は中2週が響くのか、ヤマノブリザード以外は敗退しています。

<理由付け>タフな条件のためか、ある程度間隔が開き、レベルの高い相手との対戦経験が問われる

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コースデータ:京都芝3200m・外

JRA公式の京都コース情報です。

施行されているのはGⅠの天皇賞(春)のみ、というコース。
サンプル数が少なすぎるのでデータは取りません。

4コーナーを回った最初のホームストレッチでスタンドの大歓声を受けるため、
いかに折り合いをつけられるかがポイントです。
気性難のある馬や、大舞台に慣れていない馬は舞い上がってしまう可能性があります。
京都名物の丘を2回越える唯一のコースで、とにかく持久力を要します
しかし、それを見越して前半はゆったりした流れになりやすく、
緩急をつけた逃げでまんまと後続を出し抜いたイングランディーレのようになってしまう可能性もあります。

3コーナーあたりからは、余力を残している馬がスパートをかけるため、速いラップが連発し、
持久力だけの馬では置かれてしまいます。ある程度速い脚を長く使えるタイプが有利です。
位置取りもできるだけ前が良く、後方一気はまず不可能です。

【クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計】
3歳以上重賞(36.8-86.2-36.9-34.9=3.14.8)

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コースデータ:東京芝2400m

JRA公式の東京コース情報です。

1コーナーあたりに緩い下り坂、向こう正面から3コーナーにかけてやや急な下り坂がありますが、
距離や直線の長さを騎手が意識してか、基本的にはスローペースになります。
脚質上の有利不利は殆ど無く、ひたすら上がりの速さが求められます。
中央の芝コースにおいて、逃げ切りより差し切りの方が多いという、差し馬には絶好のコース。

【クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(36.2-37.7-38.0-35.4=2.27.3)
3歳以上1000万(36.5-37.2-37.9-34.8=2.26.4)
3歳以上準OP・OP特別(36.2-37.0-37.1-35.1=2.25.4)
3歳以上重賞(35.9-37.1-37.1-34.6=2.24.7)

本コースでは、
4月頃に、3歳限定馬齢の青葉賞、
5月頃に、GⅠの、3歳牝馬限定定量の優駿牝馬(オークス)
5月頃に、GⅠの、3歳限定定量の東京優駿(ダービー)
11月頃に、GⅠの、3歳以上定量のジャパンカップ
以上、3つのGⅠ含む、4つの重賞が開催されています。

以下、本コースの特徴です。集計データは、過去5年のものです。
計114レース。

以下、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率です。

1.騎手
30鞍以上騎乗している騎手の成績です。
横山典弘 9- 5- 8-33/55 16.4% 25.5% 40.0% 55 89
蛯名正義 12- 9- 6-47/74 16.2% 28.4% 36.5% 77 92

三浦皇成 10- 3- 9-47/69 14.5% 18.8% 31.9% 93 79
内田博幸 11-13- 6-46/76 14.5% 31.6% 39.5% 83 73
岩田康誠 4- 2- 2-26/34 11.8% 17.6% 23.5% 68 40
後藤浩輝 5- 4- 6-42/57 8.8% 15.8% 26.3% 103 94
吉田豊 5- 6- 2-61/74 6.8% 14.9% 17.6% 67 42
石橋脩 2- 3- 3-26/34 5.9% 14.7% 23.5% 25 107
武士沢友 2- 2- 1-31/36 5.6% 11.1% 13.9% 63 45
吉田隼人 2- 0- 4-30/36 5.6% 5.6% 16.7% 43 41
北村宏司 4- 6- 7-56/73 5.5% 13.7% 23.3% 24 86
柴田善臣 2- 4- 6-39/51 3.9% 11.8% 23.5% 31 70
松岡正海 2- 6- 3-45/56 3.6% 14.3% 19.6% 23 66
福永祐一 1- 1- 9-21/32 3.1% 6.3% 34.4% 75 90
武豊 1- 4- 6-22/33 3.0% 15.2% 33.3% 26 101

江田照男 1- 2- 3-37/43 2.3% 7.0% 14.0% 23 75
田中勝春 1- 6- 4-43/54 1.9% 13.0% 20.4% 13 90
柴山雄一 0- 0- 3-30/33 0.0% 0.0% 9.1% 0 182

関東の第1人者、内田博騎手、横山典騎手、そして蛯名騎手の成績が良いです
関西の第1人者、武豊騎手と福永騎手は、複勝率はまあまあですが、勝ち切れません。

上記を除き、15鞍以上騎乗している騎手の成績です。
ウィリア 4- 3- 3- 7/17 23.5% 41.2% 58.8% 201 148
安藤勝己 5- 3- 0-14/22 22.7% 36.4% 36.4% 128 82
藤田伸二 4- 3- 0-14/21 19.0% 33.3% 33.3% 119 66
戸崎圭太 4- 0- 4-13/21 19.0% 19.0% 38.1% 66 120
川田将雅 3- 1- 0-15/19 15.8% 21.1% 21.1% 119 73
池添謙一 2- 1- 2-14/19 10.5% 15.8% 26.3% 66 53
四位洋文 1- 2- 3-11/17 5.9% 17.6% 35.3% 21 152
勝浦正樹 1- 1- 1-22/25 4.0% 8.0% 12.0% 10 58
柴田大知 1- 3- 3-19/26 3.8% 15.4% 26.9% 58 135
田辺裕信 1- 4- 1-23/29 3.4% 17.2% 20.7% 5 42
幸英明 0- 1- 1-13/15 0.0% 6.7% 13.3% 0 47
大野拓弥 0- 1- 0-14/15 0.0% 6.7% 6.7% 0 22
津村明秀 0- 1- 0-16/17 0.0% 5.9% 5.9% 0 7
木幡初広 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0% 0 17
伊藤工真 0- 0- 1-20/21 0.0% 0.0% 4.8% 0 48
大庭和弥 0- 0- 0-16/16 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
丸山元気 0- 0- 0-16/16 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

2012年の春に大暴れしたウィリアムズ騎手の成績が飛び抜けて良いです。
あとは、中央入りして本コースで2戦2勝している戸崎騎手。

2.枠順
1番 17- 9- 6- 83/115 14.8% 22.6% 27.8% 136 104
2番 11- 6- 13- 86/116 9.5% 14.7% 25.9% 36 76
3番 11- 9- 11- 85/116 9.5% 17.2% 26.7% 172 100
4番 10- 10- 8- 87/115 8.7% 17.4% 24.3% 175 76
5番 9- 4- 12- 91/116 7.8% 11.2% 21.6% 24 48
6番 8- 6- 10- 91/115 7.0% 12.2% 20.9% 27 66
7番 9- 7- 10- 89/115 7.8% 13.9% 22.6% 21 56
8番 5- 8- 7- 93/113 4.4% 11.5% 17.7% 31 59
9番 5- 10- 4- 90/109 4.6% 13.8% 17.4% 29 47
10番 4- 9- 8- 84/105 3.8% 12.4% 20.0% 36 94
11番 9- 5- 4- 82/100 9.0% 14.0% 18.0% 49 91
12番 4- 7- 7- 70/ 88 4.5% 12.5% 20.5% 15 59
13番 2- 8- 5- 64/ 79 2.5% 12.7% 19.0% 7 47
14番 3- 5- 8- 55/ 71 4.2% 11.3% 22.5% 17 95
15番 4- 3- 2- 50/ 59 6.8% 11.9% 15.3% 58 40
16番 3- 4- 1- 37/ 45 6.7% 15.6% 17.8% 134 60
17番 2- 3- 2- 26/ 33 6.1% 15.2% 21.2% 12 45
18番 2- 1- 0- 21/ 24 8.3% 12.5% 12.5% 58 52
他 0- 0- 0- 0/ 0
偶数 50- 56- 62-624/792 6.3% 13.4% 21.2% 56 73
奇数 68- 58- 56-660/842 8.1% 15.0% 21.6% 63 68
大外 9- 11- 5- 90/115 7.8% 17.4% 21.7% 42 73

1番だけ飛び抜けて勝率が高いです。しかし、それ以外はバラバラ。
フルゲートの大外枠でも勝率や複勝率はそれほど悪くなく、基本的に枠順の有利・不利はありません。

3.脚質
平地・逃げ 8- 10- 13- 90/ 121 6.6% 14.9% 25.6% 109 115
平地・先行 35- 35- 35- 299/ 404 8.7% 17.3% 26.0% 52 87
平地・中団 56- 48- 49- 480/ 633 8.8% 16.4% 24.2% 65 71
平地・後方 18- 17- 19- 401/ 455 4.0% 7.7% 11.9% 47 41
平地・マクリ 1- 4- 2- 13/ 20 5.0% 25.0% 35.0% 49 109
3F 1位 54- 28- 18- 40/ 140 38.6% 58.6% 71.4% 280 206
3F 2位 29- 28- 22- 50/ 129 22.5% 44.2% 61.2% 193 158

3F 3位 13- 13- 21- 63/ 110 11.8% 23.6% 42.7% 59 111
3F ~5位 13- 22- 27- 172/ 234 5.6% 15.0% 26.5% 48 79
3F 6位~ 9- 23- 30- 953/1015 0.9% 3.2% 6.1% 16 34

4角1番手 6- 10- 15- 85/ 116 5.2% 13.8% 26.7% 107 114
2番手以内 15- 23- 30- 207/ 275 5.5% 13.8% 24.7% 63 114

3番手以内 36- 40- 41- 315/ 432 8.3% 17.6% 27.1% 67 102
4番手以内 44- 49- 50- 400/ 543 8.1% 17.1% 26.3% 65 95
5番手以内 59- 59- 58- 491/ 667 8.8% 17.7% 26.4% 67 92
7番手以内 84- 81- 77- 652/ 894 9.4% 18.5% 27.1% 75 88
10番手以内 98- 102- 107- 894/1201 8.2% 16.7% 25.6% 62 85
2番手 9- 13- 15- 122/ 159 5.7% 13.8% 23.3% 31 113
3番手 21- 17- 11- 108/ 157 13.4% 24.2% 31.2% 75 81
2~3番手 30- 30- 26- 230/ 316 9.5% 19.0% 27.2% 53 97
2~5番手 53- 49- 43- 406/ 551 9.6% 18.5% 26.3% 58 88
2番手以下 112- 104- 103-1195/1514 7.4% 14.3% 21.1% 56 67
3番手以下 103- 91- 88-1073/1355 7.6% 14.3% 20.8% 59 62
4番手以下 82- 74- 77- 965/1198 6.8% 13.0% 19.4% 57 59
5番手以下 74- 65- 68- 880/1087 6.8% 12.8% 19.0% 58 58
7番手以下 47- 45- 52- 724/ 868 5.4% 10.6% 16.6% 52 53
10番手以下 21- 17- 21- 463/ 522 4.0% 7.3% 11.3% 46 35
13番手以下 11- 4- 6- 236/ 257 4.3% 5.8% 8.2% 66 26
16番手以下 0- 1- 0- 70/ 71 0.0% 1.4% 1.4% 0 2

一般的には、競馬は逃げ・先行が有利。しかし、ことこのコースに関しては、位置取りより
とにかく上がりの速さが求められます。
4コーナーで2番手以内の成績が悪いのは、後続の目標にされるからだと思います。

4.種牡馬
30レース以上出走した産駒の成績を挙げます。
ゼンノロブロイ 9- 2- 6-29/46 19.6% 23.9% 37.0% 79 108
ディープインパクト 9- 3- 5-33/50 18.0% 24.0% 34.0% 118 90
ハーツクライ 6- 8- 5-15/34 17.6% 41.2% 55.9% 158 119
ネオユニヴァース 5- 4- 4-24/37 13.5% 24.3% 35.1% 60 77
ジャングルポケット 10- 6- 3-64/83 12.0% 19.3% 22.9% 113 80
キングカメハメハ 7- 6- 5-52/70 10.0% 18.6% 25.7% 46 64

クロフネ 3- 2- 2-24/31 9.7% 16.1% 22.6% 50 53
ステイゴールド 8- 8- 9-64/89 9.0% 18.0% 28.1% 34 65
アグネスタキオン 5- 5- 4-44/58 8.6% 17.2% 24.1% 144 74
ダンスインザダーク 6- 5- 8-62/81 7.4% 13.6% 23.5% 41 79
スペシャルウィーク 4- 5- 5-40/54 7.4% 16.7% 25.9% 22 72
シンボリクリスエス 5- 8- 9-61/83 6.0% 15.7% 26.5% 15 62
タニノギムレット 2- 4- 3-32/41 4.9% 14.6% 22.0% 40 66
マンハッタンカフェ 2- 4- 4-46/56 3.6% 10.7% 17.9% 25 55

本コースの大舞台で活躍した馬が多く名に上がっています。
特に本コースのGⅠを2勝したジャングルポケット産駒が、サンデー系天下の状況で奮闘。
最も成績が良いのは、複勝率が50%を超えているハーツクライ産駒。
同産駒のウインバリアシオンが、青葉賞1着⇒東京優駿2着と連続好走しています。

上記を除き、15レース以上出走した産駒の成績を挙げます。
スターオブコジーン 3- 2- 0-12/17 17.6% 29.4% 29.4% 255 107
サクラローレル 3- 0- 1-17/21 14.3% 14.3% 19.0% 166 121
ブライアンズタイム 3- 0- 0-21/24 12.5% 12.5% 12.5% 40 16
フレンチデピュティ 3- 2- 1-21/27 11.1% 18.5% 22.2% 157 65
トウカイテイオー 2- 1- 3-12/18 11.1% 16.7% 33.3% 97 141
アドマイヤベガ 2- 2- 1-16/21 9.5% 19.0% 23.8% 79 91
ロージズインメイ 2- 4- 1-16/23 8.7% 26.1% 30.4% 111 81
チーフベアハート 2- 0- 2-19/23 8.7% 8.7% 17.4% 59 39
グラスワンダー 2- 2- 0-20/24 8.3% 16.7% 16.7% 181 45
ゴールドアリュール 1- 1- 1-12/15 6.7% 13.3% 20.0% 16 45
オペラハウス 1- 2- 3-12/18 5.6% 16.7% 33.3% 476 162
マヤノトップガン 1- 1- 1-16/19 5.3% 10.5% 15.8% 13 306
フジキセキ 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0% 25 85
マーベラスサンデー 1- 2- 2-22/27 3.7% 11.1% 18.5% 6 44
キングヘイロー 0- 2- 2-15/19 0.0% 10.5% 21.1% 0 118
ホワイトマズル 0- 0- 1-23/24 0.0% 0.0% 4.2% 0 120

5.前走距離
同距離 24- 17- 23- 221/ 285 8.4% 14.4% 22.5% 82 77
±200以内 53- 51- 55- 511/ 670 7.9% 15.5% 23.7% 71 75
±400以内 94- 95- 98- 910/1197 7.9% 15.8% 24.0% 65 73
±600以内 111- 106- 112-1126/1455 7.6% 14.9% 22.6% 65 74
今回延長 77- 87- 83- 866/1113 6.9% 14.7% 22.2% 52 72
今回短縮 17- 10- 11- 181/ 219 7.8% 12.3% 17.4% 77 57
500m以上延長 20- 19- 18- 333/ 390 5.1% 10.0% 14.6% 45 65
500m以上短縮 4- 0- 1- 25/ 30 13.3% 13.3% 16.7% 82 33

これといった傾向は見当たりません。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

今週の重賞

今週の中央重賞は、以下の通りです。

【土曜】
・青葉賞(GⅡ)(東京11R、3歳限定馬齢、芝2400m)
【日曜】
・天皇賞(春)(GⅠ)(京都11R、4歳以上定量、芝3200m・外)

土曜には、ダービーと同じ条件で行われるトライアル、青葉賞が、
日曜には、古馬長距離の頂点を決める一戦、天皇賞(春)が行われます。

今週の地方交流重賞はありません。

青葉賞には21頭の登録があります。
弥生賞6着以来ですが東京2戦2勝のフェノーメノ、
スプリングステークス、皐月賞と差のない競馬で力をつけているサトノギャラント、
先週の新緑賞で上がり33.0で5馬身ちぎって連闘で臨むカポーティスターあたりが人気を集めそうです。
このレースはOPEN、GⅢ、GⅡとどんどん格が上がっているのですが、
少なくとも1986年以降では、青葉賞組のダービー制覇はありません

天皇賞(春)には21頭の登録があります。
中間一頓挫あったものの実績断然、4冠馬オルフェーヴル、
天皇賞(秋)を制覇し、春秋連覇のかかるトーセンジョーダン、
この2頭が抜けている印象です。
逃げて波乱を演出しているけれど、逃げるかどうかわからない馬が2頭おり、
展開の読みにくいレースになりそうです。
近年は荒れ模様ですが、長距離適性が問われるレース。しっかりと見極めたいと思います。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

リンク追加のお知らせ

以下のリンクを追加致しました。

競馬商材の検証&レビュー
http://kopaninfo.blog.fc2.com/

タイトル通り、真贋の見極めが難しい競馬商材の検証を行われています。
競馬商材は偽物が多いと聞きますので、こういったサイトはとても利用価値の高いものだと思います。

また商材から得た情報なのか、重賞での狙い馬についても挙げられています。
先週はシルポートを的中していました。

テーマ : お知らせ・紹介
ジャンル : 日記

第47回フローラステークス 回顧

フローラステークスの結果です。

FloraS_cap.jpg

FloraS_result.html

ラップは、12.9-11.8-12.0-12.5-12.9-13.1-12.7-11.4-11.2-11.5。
超スローペース。上がりの競馬になりましたが、前の馬が踏ん張る結果に。

勝ったのは、〇⑥ミッドサマーフェア。道中は前を見据える6番手で折り合い、
直線やや速めに追い出してあっさりと前を行くアイスフォーリスを交わすと、後は突き放す一方。
脅威の上がり33.4で快勝しました。一番人気とはいえ、
土日のメインをいきなり勝利で飾った蛯名騎手、流石の一言です。

2着に、本命に推した◎⑩アイスフォーリス。逃げるヘレナモルフォをマークする2番手で進み、
直線はスッと先頭に立つも、あっさりと勝ち馬に交わされました。しかし、何とか2着を死守。
正直、こんなに人気になるとは思いませんでした。ここでも誤算。

3着に、なんと最低18番人気の・・・⑤ダイワデッセー。この馬はアイスフォーリスの内2番手で
ほぼ同じような競馬。直線勝負所で一旦置かれるも、最後に伸びて3着に食い込みました。
前走以外は大きく負けていませんが、特に強調できる部分が無く、抑えるのは無理でした。

【次走注意】
1着 ⑥ミッドサマーフェア
あまり本番に直結しないフローラステークス組ですが、クラシックディスタンスで良績を残している
タニノギムレット産駒。勢いは無視できません。
相手関係が楽だったという理由で、次走軽視される可能性があり、
人気が無ければ相手には抑えておきたい馬です。



【結果】
1着〇
2着◎
3着・・・
複勝、枠連、馬連、ワイド的中!しかし回収率100%超えならず負け。
購入6000円⇒3320円

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

第43回マイラーズカップ 回顧

マイラーズカップの結果です。

Milerscup_cap.jpg

Milerscup_result.html

ラップは、12.1-10.8-11.4-11.9-11.3-11.2-11.8-12.7。
緩急をつけて逃げるハイペース。前にいた馬はシルポートに振り回されっぱなしでした。

1番人気の単勝が6倍。人気が割れに割れました。

勝ったのは、〇⑰シルポート。注文通りの逃げを打ち、速いラップを刻んでの自分の競馬。
この形なら本当に強いです。中間降った雨で少々時計が掛かる馬場になったのも味方したようです。
思ったより人気しなかったのが意外でした。

2着に、〇③ダノンシャーク。道中は12番手とやや後ろを追走、4コーナーで8番手まで押し上げ、
インを突いて差し込みました。無駄のない騎乗を見せた福永騎手ですが、あと少し及ばず。
少々時計が掛かったのも幸いしたかもしれません。

3着に、・・・⑥コスモセンサー。道中は4番手といつも通りの好位追走。
直線ではシルポートとのワンツーとばかりに粘り込みを図りますが、最後差されてしまいました。
高速馬場があっているような印象を受けます。

本命に推した◎⑩ドリームバスケットは15着惨敗。
流石に1600万下から別定のGⅡは荷が勝ち過ぎた印象です。序盤からついて行くのに手一杯、
4コーナーからもう手応えがありません
でした。

かなり難しい選択ではありますが、中山記念敗退組を軸にすることはなかったと思うので、
前走中山記念か東京新聞杯組、計6頭で括り馬券を買っていれば
当たっていたというレース。天候から誤算。余計な頭を使わなければよかったという悪い典型でした。

【次走注意】
14着 ⑯エイシンアポロン
大敗で馬にダメージもなく、良い叩き台になったと思います。
次走絞れて来れば、十分勝負になると思います。



【結果】
1着〇
2着〇
3着・・・
購入6000円⇒0円

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

種牡馬データ:ステイゴールド

5代血統表です。
Stay_Gold_Pedigree.html

戦績です。
Stay_Gold_Results.html

変則3冠馬オルフェーヴル、2冠馬ゴールドシップの父です。少ない産駒数で重賞戦線を沸かせています。
他にもナカヤマフェスタやドリームジャーニーなど、大舞台で活躍した馬を輩出しており、
その勝負強さとタフさを産駒に伝えていると言えます。

現役時は、GⅠで善戦するもなかなか勝ち切れない馬として、
有馬記念3連連続3着のナイスネイチャの如き人気を博していました。なんと、通算50戦
しかし、ラストランとなった香港ヴァーズで武豊騎手を背に、念願の初タイトルを手に入れます。

まず、本産駒の全成績を示します。
以下、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率です。
全 382- 350- 343-3964/5039 7.6% 14.5% 21.3% 80 74

芝 330- 304- 281-3095/4010 8.2% 15.8% 22.8% 85 79
ダート 52- 46- 62- 869/1029 5.1% 9.5% 15.5% 59 57

芝タイプです。ダートで重賞に出走したのは、未だにシルクメビウスただ一頭。

さて、本産駒の特長(欠点)です。なお、障害レースは除外します。
1.本格化に時間を要し、活躍期間は短い
2歳 57- 67- 61- 722/ 907 6.3% 13.7% 20.4% 56 69
3歳 200- 152- 148-1817/2317 8.6% 15.2% 21.6% 94 78
4歳 86- 87- 83- 713/ 969 8.9% 17.9% 26.4% 84 77

5歳 31- 26- 33- 398/ 488 6.4% 11.7% 18.4% 80 75
6歳 8- 12- 15- 201/ 236 3.4% 8.5% 14.8% 62 64
7歳以上 0- 6- 3- 113/ 122 0.0% 4.9% 7.4% 0 36

3~ 5戦 71- 62- 66- 715/ 914 7.8% 14.6% 21.8% 85 81
6~10戦 107- 80- 73- 711/ 971 11.0% 19.3% 26.8% 110 85
11~15戦 65- 46- 48- 442/ 601 10.8% 18.5% 26.5% 95 74

16~20戦 36- 27- 41- 298/ 402 9.0% 15.7% 25.9% 64 75
21~30戦 18- 33- 30- 388/ 469 3.8% 10.9% 17.3% 63 66
31戦~ 8- 17- 17- 296/ 338 2.4% 7.4% 12.4% 45 58


2歳から活躍する馬は少ないです。3歳から本格化するタイプが多いようです。
また、6歳以降、キャリア21戦以降になると戦績が落ちます。地力を維持できる期間は、そう長くないようです。

2.大舞台に極めて強い
新馬 25- 33- 27- 342/ 427 5.9% 13.6% 19.9% 48 65
未勝利 133- 121- 123-1616/1993 6.7% 12.7% 18.9% 79 77
500万下 105- 99- 113-1082/1399 7.5% 14.6% 22.7% 83 75
1000万下 48- 49- 38- 389/ 524 9.2% 18.5% 25.8% 70 64
1600万下 17- 18- 14- 187/ 236 7.2% 14.8% 20.8% 69 79
OPEN特別 12- 8- 11- 96/ 127 9.4% 15.7% 24.4% 100 89
G3 15- 8- 10- 131/ 164 9.1% 14.0% 20.1% 109 72
G2 15- 9- 5- 63/ 92 16.3% 26.1% 31.5% 182 79
G1 12- 5- 2- 58/ 77 15.6% 22.1% 24.7% 113 65


面白いことに、クラスが上がるたびに成績もよくなります。
強い相手でこそ力を発揮するということかもしれません。

重賞 42- 22- 18- 253/ 335 12.5% 19.1% 24.5% 129 73
平場 240- 221- 222-2825/3508 6.8% 13.1% 19.5% 78 72
特別 142- 129- 121-1139/1531 9.3% 17.7% 25.6% 84 79

平場より特別戦の方が成績が良いというのも珍しいです。

3.末脚では後れを取ることが多く、前に行って持ち味が活きる
平地・逃げ 46- 34- 22- 158/ 260 17.7% 30.8% 39.2% 201 131
平地・先行 144- 125- 120- 586/ 975 14.8% 27.6% 39.9% 125 117

平地・中団 129- 133- 135-1508/1905 6.8% 13.8% 20.8% 68 72
平地・後方 44- 50- 58-1686/1838 2.4% 5.1% 8.3% 41 42

3F 1位 182- 127- 69- 218/ 596 30.5% 51.8% 63.4% 327 227
3F 2位 73- 82- 58- 251/ 464 15.7% 33.4% 45.9% 142 135
3F 3位 46- 45- 64- 292/ 447 10.3% 20.4% 34.7% 103 119
3F ~5位 46- 54- 77- 598/ 775 5.9% 12.9% 22.8% 54 79
3F 6位~ 35- 42- 75-2592/2744 1.3% 2.8% 5.5% 20 23

4角1番手 57- 40- 25- 127/ 249 22.9% 39.0% 49.0% 226 156
2番手以内 131- 86- 75- 352/ 644 20.3% 33.7% 45.3% 207 132

3番手以内 174- 122- 109- 555/ 960 18.1% 30.8% 42.2% 165 125
4番手以内 209- 167- 150- 761/1287 16.2% 29.2% 40.9% 153 124
5番手以内 241- 206- 178- 979/1604 15.0% 27.9% 39.0% 140 118
7番手以内 290- 268- 252-1520/2330 12.4% 23.9% 34.8% 117 107
10番手以内 349- 319- 295-2422/3385 10.3% 19.7% 28.4% 98 91

逃げ、先行で好成績。上がり1位を記録しても勝率は30%とそれほど高くありません。
そして、2番手以内からの粘り込みで高勝率。前に行っての粘り腰を活かす方が合っているようです。

4.2000m以上の距離が合う
1000m 3- 4- 8- 64/ 79 3.8% 8.9% 19.0% 95 63
1150 0- 0- 0- 12/ 12 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1200m 20- 30- 29- 507/ 586 3.4% 8.5% 13.5% 40 54
1300m 2- 0- 1- 13/ 16 12.5% 12.5% 18.8% 85 105
1400m 26- 10- 26- 305/ 367 7.1% 9.8% 16.9% 88 82
1500m 1- 1- 1- 14/ 17 5.9% 11.8% 17.6% 84 82
1600m 37- 39- 26- 499/ 601 6.2% 12.6% 17.0% 85 78
1700m 22- 10- 17- 192/ 241 9.1% 13.3% 20.3% 89 65
1800m 83- 95- 101-1048/1327 6.3% 13.4% 21.0% 73 80
1900m 1- 0- 4- 9/ 14 7.1% 7.1% 35.7% 27 122
2000m 113- 94- 69- 784/1060 10.7% 19.5% 26.0% 110 77
2100m 2- 1- 0- 17/ 20 10.0% 15.0% 15.0% 353 84
2200m 19- 22- 12- 149/ 202 9.4% 20.3% 26.2% 77 83
2300m 0- 2- 2- 7/ 11 0.0% 18.2% 36.4% 0 76
2400m 25- 21- 24- 177/ 247 10.1% 18.6% 28.3% 56 66
2500m 13- 8- 10- 61/ 92 14.1% 22.8% 33.7% 61 73
2600m 13- 10- 12- 92/ 127 10.2% 18.1% 27.6% 66 80

2800m 0- 0- 0- 0/ 0
3000m 2- 2- 0- 6/ 10 20.0% 40.0% 40.0% 28 51
3200m 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 61
3400m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3600m 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 80

短距離、マイルでは成績が落ちます。2000m以上がベストです。

5.道悪得意
良に比べて成績が良いように、道悪は得意です。

芝・ 良 265- 238- 231-2538/3272 8.1% 15.4% 22.4% 73 74
芝・稍重 31- 40- 24- 351/ 446 7.0% 15.9% 21.3% 102 81
芝・ 重 25- 19- 14- 144/ 202 12.4% 21.8% 28.7% 264 138
芝・不良 9- 7- 12- 62/ 90 10.0% 17.8% 31.1% 65 122


6.夏場に強く、冬場に弱い
1月 22- 17- 26- 282/ 347 6.3% 11.2% 18.7% 60 74
2月 23- 21- 19- 276/ 339 6.8% 13.0% 18.6% 110 81
3月 24- 25- 31- 287/ 367 6.5% 13.4% 21.8% 122 86
4月 32- 26- 32- 341/ 431 7.4% 13.5% 20.9% 83 83
5月 34- 32- 33- 345/ 444 7.7% 14.9% 22.3% 85 81
6月 42- 33- 24- 279/ 378 11.1% 19.8% 26.2% 115 94
7月 40- 42- 35- 355/ 472 8.5% 17.4% 24.8% 100 78
8月 38- 36- 29- 361/ 464 8.2% 15.9% 22.2% 84 70
9月 45- 34- 31- 354/ 464 9.7% 17.0% 23.7% 69 62

10月 31- 27- 29- 346/ 433 7.2% 13.4% 20.1% 55 62
11月 26- 24- 26- 346/ 422 6.2% 11.8% 18.0% 46 61
12月 25- 33- 28- 392/ 478 5.2% 12.1% 18.0% 47 66

6~9月の暑い時期に好走しているように、夏が得意です。
逆に、12~1月の成績が悪く、寒い時期は苦手のようです。

7.函館が得意、左回りでやや戦績が落ちる
札幌 22- 21- 20- 206/ 269 8.2% 16.0% 23.4% 45 66
函館 18- 16- 14- 137/ 185 9.7% 18.4% 25.9% 138 91
福島 31- 28- 23- 295/ 377 8.2% 15.6% 21.8% 82 77
新潟 37- 42- 33- 448/ 560 6.6% 14.1% 20.0% 80 72
東京 54- 49- 46- 602/ 751 7.2% 13.7% 19.8% 109 87
中山 51- 48- 42- 550/ 691 7.4% 14.3% 20.4% 65 66
中京 25- 22- 31- 302/ 380 6.6% 12.4% 20.5% 89 91
京都 58- 36- 63- 553/ 710 8.2% 13.2% 22.1% 66 70
阪神 44- 59- 38- 479/ 620 7.1% 16.6% 22.7% 78 77
小倉 42- 29- 33- 392/ 496 8.5% 14.3% 21.0% 69 56

東遠征 43- 37- 24- 278/ 382 11.3% 20.9% 27.2% 87 71
西遠征 13- 8- 11- 261/ 293 4.4% 7.2% 10.9% 106 57
右回り 266- 237- 233-2612/3348 7.9% 15.0% 22.0% 73 70
左回り 116- 113- 108-1337/1674 6.9% 13.7% 20.1% 96 83
直線 0- 0- 2- 15/ 17 0.0% 0.0% 11.8% 0 41

どのコースも無難にこなしますが、特に函館を得意としています。
また、左回り、特に新潟と中京ではやや勝率が落ちます。

8.母父メジロマックイーンとの相性抜群
新馬 5- 1- 1- 1/ 8 62.5% 75.0% 87.5% 666 201
未勝利 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5% 16 13
500万下 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 380 110
1000万下 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1600万下 0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別 2- 1- 1- 1/ 5 40.0% 60.0% 80.0% 158 124
G3 4- 3- 3- 1/11 36.4% 63.6% 90.9% 133 177
G2 6- 4- 3- 6/19 31.6% 52.6% 68.4% 218 110
G1 11- 1- 1-16/29 37.9% 41.4% 44.8% 171 79


ドリームジャーニー 9- 3- 5-14/31 29.0% 38.7% 54.8% 156 89
オルフェーヴル   8- 4- 1- 2/15 53.3% 80.0% 86.7% 200 147
ゴールドシップ   7- 2- 0- 1/10 70.0% 90.0% 90.0% 258 137
フェイトフルウォー 3- 0- 2- 5/10 30.0% 30.0% 50.0% 526 165

メジロミドウ    2- 0- 0- 9/11 18.2% 18.2% 18.2% 195 54
リヤンドファミユ  1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 65 110
ワナビーザベスト  0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 100
タイアップ     0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

活躍するかしないかが2極化するので、却って見極めやすいと言えます。
現時点で、この配合で出走しているのは、引退馬含めてわずか8頭。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

フローラステークスの予想

フローラステークスの予想です。

FloraS_race.html

4/21(土)終了時点で、天候・曇り、芝は良。
日曜は雨の予報ですが、降水確率が半端で、降らない可能性もあります。
分からないので、道悪になると決めつけて予想します。

【重要】としたデータ傾向はないため、参考程度まで。

【展開予想】スローペース
元々スローになりやすい東京芝2000mで、逃げそうなのはヘレナモルフォのみ、
先行馬も少なく、後方の馬には苦しい展開になると思われます。

【予想】
・◎⑩アイスフォーリス
東京芝2000mに勝ち鞍があり、雨予報でステイゴールド産駒
先行脚質なのも強みで、ここは人気になるかもしれませんが、狙ってみたい一頭です。

・〇⑦ヘレナモルフォ
相手筆頭東京では勝ち鞍がありませんが、前走からの相手弱化、
単騎逃げ
、ここなら上位進出が見込めそうです。道悪もこなせる馬で、気分良く逃げられれば。

・〇⑥ミッドサマーフェア
前走の勝ちっぷりから、いかにも長い直線向きの馬。
蛯名騎手の復帰初戦でもあり、ここは勝負気配濃厚ですが、
1番人気が予想される馬で妙味が無く、展開が向かないと思い評価を落としました。

・〇②フラゴリーネ
好位から最後まで渋太く伸びた前走を評価。今開催の東京は洋芝の配分が多く、
道悪の実績もあり、データでは未勝利上がりの成績は振るいませんが、
内枠の利を生かした競馬で上位を期待したいです。

・〇④ラスヴェンチュラス
ディープ産駒で母父ノーザンダンサーと道悪はこなすはずで、
前走は位置取りか右回りが敗因と思われます。東京芝2000m勝ちの実績があるので、
コース替わりで一変に期待。

・〇⑱セコンドピアット
5戦して掲示板を外したことのない安定感が強みです。大外枠に入ってしまいましたが、
時計の掛かる馬場であればそれほどの痛手にはならないと思います。



【馬券】
単勝、複勝 10
枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単1頭軸10⇒2,4,6,7,18
(単勝200円、複勝800円、他100円、計6000円)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

マイラーズカップの予想

マイラーズカップの予想です。

Milerscup_race.html

4/21(土)終了時点で、天候・曇り、芝は良。
しかし、日曜は雨の予報で、重、不良での開催になると思われます。

今年から京都施行となったため、データはありません。

【展開予想】平均またはハイペース
外枠に入りましたが、ハナに行きたい馬がいませんので、シルポートが逃げると思われます。
先行馬も少なく、シルポートが大逃げを打ったとしても後続は平均ペースに落ち着くと思います。

【予想】
・◎⑩ドリームバスケット
3連勝中の上がり馬です。前走が、ハイラップを中団前で追いかけて最後に捕えるという強い内容。
ステイゴールド産駒で、道悪得意なのも強み。速い上がりを使えないこの馬には追い風となる雨で、
一気の4連勝なるか注目したいと思います。

・〇⑰シルポート
相手筆頭。最も相性のいい小牧太騎手への乗り替り、昨年優勝時と同じ17番枠、雨と、
この馬も好条件が揃いました。4~6月は6-4-1-3と抜群の成績で如何にも買い時なのですが、
今回は人気が予想されることだけが気になります。
この馬は人気薄の方が成績が良く単騎でハイラップを刻めなければ脆い馬で、
万が一でもリーチザクラウンが積極策を見せた場合を懸念して、今回は評価を落としました。

・〇③ダノンシャーク
1800m以下では全レース上がり上位を記録している馬。
前走敗退、相手強化で人気落ちが予想され、人気薄の福永騎手の開き直った騎乗に警戒します。
適性の異なる東京マイルを負けているのも好都合で、血統的にディープ産駒に母父ノーザンダンサー、
道悪はこなせると思います。

・〇⑭リアルインパクト
高速決着になるなら消そうと思っていた馬ですが、ディープ産駒で道悪はこなせるうえ、
上がりのかかる競馬になれば十分上位台頭は可能と見ます。
絶好調の岩田騎手も怖いところ。

・〇⑨ミッキードリーム
同枠のドリーム馬名つながり、サイン派で売れそうな組み合わせです。でも売れてませんでした。
マイルは0-0-0-3といいところなしですが、叩き良化型でそろそろ走ってもおかしく無い頃です。
先行力があり、前残りの可能性を警戒します。

・〇⑮ダノンヨーヨー
ベストの京都マイル、道悪2-0-0-0、鉄砲も2-1-1-2と得意です。
久々の56キロも好都合。問題は位置取りだけです。
開幕週で馬場荒れは気にしないで良いので、出来ればイン差しの競馬をしてほしいと思っています。



【馬券】
単勝、複勝 10
枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単1頭軸10⇒3,9,14,15,17
(単勝200円、複勝800円、他100円、計6000円)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

第9回福島牝馬ステークス 回顧

福島牝馬ステークスの結果です。

fukuhinS_cap.jpg

fukuhinS_result.html

ラップは、12.4-10.6-11.0-12.1-12.1-12.4-12.3-11.5-11.7。
前は飛ばしていましたが、平均ペースです。牝馬限定のレースにしては、かなり早い時計が出ました。

勝ったのは、〇③オールザットジャズ。今回はスタートを決め、ある程度前目の6番手から。
4コーナーでは馬なりで馬場の真ん中を通って先行集団に並び、直線あっさり抜け出す快勝。
藤岡騎手は重賞4勝目。17勝中4勝が重賞と、
昨年の池添騎手のような、重賞で注意すべき騎手のようです。

2着に、〇②コスモネモシン。初めから控える競馬をするつもりだったようです。
道中は後方12番手。アカンサスが大外をあがっていく中、ワンテンポ仕掛けを遅らせて
外に出しての仕掛け
で、ここは鞍上がうまく乗りました。
ただ、切れる脚がないため、どうしても前を捕えるには至りません。
着拾いの競馬としては上出来でしょうが、勝ちに行こうとするならばあの位置では苦しい。
単勝4番人気に対し、複勝は3番人気と売れていたのも納得です。

3着に、本命に推した◎⑩アカンサス。出遅れ気味のスタートから、
道中は後方14番手。3コーナーから手ごたえ良くマクリ気味に上がっていきますが、
4コーナーで大外ぶん回したツケがあって、後方からコスモネモシンに差される始末。
勝ち馬はラスト11.7で締めているように、前がそれほど苦しい展開にならなかった分、
展開が向かなかったということでしょう。

結果的に人気上位で決着し、中山牝馬ステークス組のワンツースリー
更に言うと、そのレースで着順上位の順に印を打っていれば当たっていたというレース。
なんとも情けない外し方です。

【次走注意】
6着 ①ラブフール
前走1000万下を僅差で勝ち上がったばかりで、
後方から最速の上がり34.2でタイム差0.4の競馬。自己条件に戻って注意です。



【結果】
1着〇
2着〇
3着◎
複勝、ワイド、3連複的中!しかし回収率100%超えならず負け。
購入6000円⇒5420円

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

リンク追加のお知らせ

以下のリンクを追加致しました。

静夜の徒然競馬ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/syspy475

競馬予想をメインに扱われています。その他、POGや平地予想もされています。

2年続けて回収率100%超えを達成されており、予想も馬券も上手な方と思います。
馬券スタイルは3連単2頭軸マルチ6頭流し、計36点買い。
今年もすでに10万馬券を的中しています。

ビックリマンのキラシール懐かしい・・・。

テーマ : お知らせ・紹介
ジャンル : 日記

騎手データ:浜中俊

今年絶好調の関西若手新鋭です。追う技術と思い切った騎乗が特長。
昨年も86勝と大活躍、今年は100勝を目指せるペースです。
まだ23歳で、GⅠ勝ちは菊花賞のスリーロールスのみですが、近いうちにGⅠを獲れるだけの
手腕はあると思います。

まず、本騎手の全成績です。
以下、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率です。
全 337- 346- 329-2859/3871 8.7% 17.6% 26.1% 84 83

芝 182- 185- 168-1456/1991 9.1% 18.4% 26.9% 94 85
ダート 155- 161- 161-1403/1880 8.2% 16.8% 25.4% 74 80

芝の方が好成績です。今年も芝の方が勝率、勝ち鞍ともに上。
更に言うと、重賞勝ちも全て芝です。というより、ダート重賞自体あまり乗っていません。
芝 11- 4- 5-130/150 7.3% 10.0% 13.3% 79 55
ダート 0- 0- 3- 12/ 15 0.0% 0.0% 20.0% 0 129

1.相性のいい厩舎
10勝以上の厩舎を挙げます。
(栗)坂口正大 32- 30- 46-371/479 6.7% 12.9% 22.5% 51 65
(栗)石坂正 28- 36- 22-129/215 13.0% 29.8% 40.0% 66 104
(栗)宮本博 21- 15- 17-102/155 13.5% 23.2% 34.2% 100 102
(栗)中村均 10- 11- 9- 66/ 96 10.4% 21.9% 31.3% 81 76

勝率、単勝回収率という点で、宮本博厩舎の成績が優秀です。

相性が悪い厩舎はありません。

2.乗り替りで相性のいいパターン
5勝以上のパターンを挙げます。
浜中俊 →浜中俊 155- 145- 151- 892/1343 11.5% 22.3% 33.6% 81 85
武豊 →浜中俊 14- 4- 5- 38/ 61 23.0% 29.5% 37.7% 212 106
和田竜二→浜中俊 11- 5- 3- 50/ 69 15.9% 23.2% 27.5% 182 107
岩田康誠→浜中俊 8- 17- 7- 63/ 95 8.4% 26.3% 33.7% 78 106
川島信二→浜中俊 5- 3- 2- 15/ 25 20.0% 32.0% 40.0% 99 101

岩田康騎手同様、タイプが異なる、あまり追えるタイプでない騎手からの乗り替りで好成績を残しています。

相性の悪い乗り替りパターンはありません。

3.人気別成績
1番人気 101- 55- 42- 106/ 304 33.2% 51.3% 65.1% 82 85
2番人気 71- 70- 40- 151/ 332 21.4% 42.5% 54.5% 91 86
3番人気 44- 49- 54- 198/ 345 12.8% 27.0% 42.6% 79 87
4番人気 32- 56- 49- 234/ 371 8.6% 23.7% 36.9% 72 90
5番人気 28- 29- 31- 194/ 282 9.9% 20.2% 31.2% 116 92
6番人気 20- 22- 30- 228/ 300 6.7% 14.0% 24.0% 105 90
7番人気 13- 17- 21- 248/ 299 4.3% 10.0% 17.1% 93 78
8番人気 10- 15- 17- 242/ 284 3.5% 8.8% 14.8% 70 95
9番人気 5- 15- 18- 257/ 295 1.7% 6.8% 12.9% 64 85
10番人気 1- 4- 12- 243/ 260 0.4% 1.9% 6.5% 8 53
11番人気 5- 3- 7- 202/ 217 2.3% 3.7% 6.9% 102 76
12番人気 5- 5- 4- 178/ 192 2.6% 5.2% 7.3% 209 106
13番人気 1- 3- 2- 110/ 116 0.9% 3.4% 5.2% 109 97
14番人気 0- 2- 1- 124/ 127 0.0% 1.6% 2.4% 0 47
15番人気 1- 0- 1- 63/ 65 1.5% 1.5% 3.1% 144 51
16番人気 0- 1- 0- 51/ 52 0.0% 1.9% 1.9% 0 34
17番人気 0- 0- 0- 19/ 19 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

1番人気の信頼度は普通。通算勝率10%を切る騎手の中では、上等かもしれません。
単勝10倍~30倍での勝率はかなりのもので、中穴人気の浜中騎手は注意です。
10.0~14.9 27- 42- 50- 286/ 405 6.7% 17.0% 29.4% 79 88
15.0~19.9 20- 24- 26- 245/ 315 6.3% 14.0% 22.2% 109 86
20.0~29.9 20- 29- 28- 304/ 381 5.2% 12.9% 20.2% 126 106


4.位置取りの好み、成績
逃げ 52- 48- 24- 146/ 270 19.3% 37.0% 45.9% 158 133
先行 178- 166- 130- 665/1139 15.6% 30.2% 41.6% 124 118
中団 88- 108- 132-1248/1576 5.6% 12.4% 20.8% 69 71
後方 11- 16- 30- 778/ 835 1.3% 3.2% 6.8% 29 32

あまり逃げを打ちません。番手の競馬を好むようです。

5.クラス別成績
新馬 17- 38- 22- 218/ 295 5.8% 18.6% 26.1% 65 85
未勝利 131- 126- 112-1008/1377 9.5% 18.7% 26.8% 87 77
500万下 105- 100- 112- 845/1162 9.0% 17.6% 27.3% 84 83
1000万下 39- 50- 45- 379/ 513 7.6% 17.3% 26.1% 82 100
1600万下 21- 19- 20- 163/ 223 9.4% 17.9% 26.9% 101 91
OPEN特別 13- 9- 10- 104/ 136 9.6% 16.2% 23.5% 103 73
G3 8- 3- 4- 64/ 79 10.1% 13.9% 19.0% 88 70
G2 2- 1- 4- 46/ 53 3.8% 5.7% 13.2% 57 78
G1 1- 0- 0- 32/ 33 3.0% 3.0% 3.0% 58 18

新馬戦、GⅡの成績が悪いです。
GⅡでは人気上位でも結構な確率で裏切っています。
1~5人気 0- 0- 1-12/13 0.0% 0.0% 7.7% 0 13

面白いことに、GⅡ2勝は大阪杯によるもの。

6.競馬場別成績
札幌 4- 3- 1- 13/ 21 19.0% 33.3% 38.1% 103 120
函館 0- 0- 0- 0/ 0
福島 2- 2- 1- 21/ 26 7.7% 15.4% 19.2% 46 51
新潟 6- 5- 7- 36/ 54 11.1% 20.4% 33.3% 37 118
東京 4- 5- 5- 99/ 113 3.5% 8.0% 12.4% 46 64
中山 3- 3- 9- 65/ 80 3.8% 7.5% 18.8% 40 71

中京 33- 35- 34- 291/ 393 8.4% 17.3% 26.0% 63 74
京都 105- 110- 101- 947/1263 8.3% 17.0% 25.0% 95 85
阪神 98- 102- 102- 874/1176 8.3% 17.0% 25.7% 89 82
小倉 82- 81- 69- 513/ 745 11.0% 21.9% 31.1% 84 85

小倉を得意としています。そして、中山、東京は苦手のようです。

7.年度別成績(2012年4月20日現在)
2012年 39- 27- 15-187/268 14.6% 24.6% 30.2% 158 106
2011年 86- 90- 62-544/782 11.0% 22.5% 30.4% 108 81

2010年 69- 62- 70-613/814 8.5% 16.1% 24.7% 74 78
2009年 50- 71- 82-586/789 6.3% 15.3% 25.7% 73 92
2008年 73- 71- 57-658/859 8.5% 16.8% 23.4% 59 71
2007年 20- 25- 43-271/359 5.6% 12.5% 24.5% 85 88

2年目以降から若手としては十分な成績を残しており、昨年からは勝率10%の大台に乗せてきました。

8.枠順別成績
1枠 28- 30- 41-305/404 6.9% 14.4% 24.5% 37 69
2枠 37- 41- 42-291/411 9.0% 19.0% 29.2% 97 92
3枠 39- 45- 42-317/443 8.8% 19.0% 28.4% 102 91
4枠 50- 47- 36-370/503 9.9% 19.3% 26.4% 74 71
5枠 37- 40- 47-378/502 7.4% 15.3% 24.7% 80 82
6枠 43- 47- 29-385/504 8.5% 17.9% 23.6% 81 74
7枠 52- 47- 48-388/535 9.7% 18.5% 27.5% 93 96
8枠 51- 49- 44-425/569 9.0% 17.6% 25.3% 101 85

1枠だけ極端に成績が悪いです。

9.馬主別成績
7勝以上の馬主を挙げます。
社台レースホース 15- 7- 9- 85/116 12.9% 19.0% 26.7% 94 58
西山茂行 14- 4- 6- 73/ 97 14.4% 18.6% 24.7% 227 93
東京ホースレーシン 11- 3- 3- 13/ 30 36.7% 46.7% 56.7% 199 165
サンデーレーシング 10- 6- 7- 53/ 76 13.2% 21.1% 30.3% 110 97
松岡隆雄 9- 10- 8- 50/ 77 11.7% 24.7% 35.1% 83 101
松本好雄 9- 10- 6- 85/110 8.2% 17.3% 22.7% 67 64
ウイン 7- 10- 7- 47/ 71 9.9% 23.9% 33.8% 78 103
キャロットファーム 7- 6- 7- 56/ 76 9.2% 17.1% 26.3% 61 73

「レッド」の馬名を含める東京ホースレーシング、ニシノの冠名で有名な西山氏との相性が抜群です。

あと、面白いデータを一つ。
小倉2歳ステークスで3-0-0-1、大阪杯で2-0-0-1と、これらの重賞の相性が抜群にいいです。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

さまよう刃 東野圭吾著

社会問題の一つである「少年法」「少年犯罪」をテーマとしています。

唯一の家族を殺された主人公が、復讐のためだけに人生を費やす。
手を下した少年は、全く反省の色はなく、復讐を恐れ、ただひたすらに逃亡する。
その殺人に間接的に関わった少年は、主人公に情報提供することで贖罪をしようとする。
刑事は、善悪とは何か、自分は誰を追っているのか、自信のあり方に苦悩する。

ただのテーマぶん投げではなく、様々な立場の人間の観点から、その苦悩をうまく描いています。
著者の作品は読み易さが特長で、くどい表現や分かりにくい言い回しをほとんど使いません。
そのため、小説初心者にもスラスラ読み進めます。

楽しい、笑える作品が好きだ!という方とはベクトルが真逆ですので、とてもお勧めしません。
なんというか、満員電車の待ち時間に読む作品としてはあまり相応しくなかったなあと思いつつも、
先の読めない展開に思わず夢中になって、電車を乗り過ごしたりしたこともたまにありました。

テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

福島牝馬ステークスの予想

福島牝馬ステークスの予想です。

fukuhinS_race.html

4/20(金)正午時点の馬場情報では、天候・曇り、芝は良。
今日、明日と曇りの予報のため、おそらく良馬場での開催になると思われます。

【重要】としたデータ傾向はないため、参考程度まで。

【展開予想】スローまたは平均ペース
標準が前傾ラップの福島芝1800mですが、逃げ馬が⑧トゥニーポート一頭、
先行馬も5、6頭しかいません。人気馬は差しタイプが多いため、前に有利な展開になると思われます。
ただ、極端にスローになると、上がり勝負となってしまう可能性もありますので、安定した上位の上がり
を使える馬を抑えておきたいところです。

中山牝馬ステークスと同じような展開になることが予想されるため、出走組7頭から本命と相手を
選出します。

【予想】
・◎⑩アカンサス
2走前に54キロで牡馬相手に同距離の1600万下を制しているように、
地力は牝馬重賞では上位にあると思います。前走はフジキセキ産駒の道悪ということで、
評価を落としましたが、ここで名手武豊騎手への乗り替り、巻き返しは十分あると見ます。

・〇③オールザットジャズ
相手筆頭。前走ほぼ最後方の位置から2着まで食い込んできました。
この馬も2走前に牡馬相手に54キロで同距離の1600万下を制覇しています。ただ、今回は人気を背負う立場で、開き直った競馬が出来るかどうかがカギになりそうです。

・〇②コスモネモシン
牝馬重賞では安定した成績を残していますが、未だ2勝と勝ち切れません。
前走は流れが落ち着いたにもかかわらずの後方からの競馬で差し届かず。
速い上がりを使える馬ではないので、4コーナーである程度前にいないと勝負になりません。
今回も鞍上の騎乗ぶりがカギになりそうです。

・〇⑥カルマート
昨年の紫苑ステークスで1.58.2という驚異的なレコードを出しているように、持久力は相当なもの。
好位から早めに動く強気の騎乗を見せれば、十分上位進出も可能と見ます。

・〇⑦アニメイトバイオ
重賞勝ち、GⅠ2着2回と実績は断然。距離も合います。
問題は前走のプラス体重が太目なのか成長分なのか、そして今回どこまで絞れているか
まともに競馬出来れば、まず勝ち負けできると思います。

・〇⑭マイネイサベル
とにかく安定しており、自在性も大きな武器左回りに良績が集中していますが、
ローズステークス2着があるので右回りもこなせると思います。



【馬券】
単勝、複勝 10
枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単1頭軸10⇒2,3,6,7,14
(単勝200円、複勝800円、他100円、計6000円)

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

漸く明日発売!

散々待たされましたが、やっと明日発売です!

前作のようなバグの嵐が無いことを祈りつつ、自宅の宅配スペースに届いているのを楽しみに
出社する次第です。やっべぇ、オラわくわくしてきたぞ!

あ、それでも更新頻度が下がることはない(と思います)ですよ。
面白かったら、ゲームネタを記事にするかもしれません。
(それもう競馬ブログじゃないじゃん)

うーん、文体が崩れるほど楽しみなんか自分・・・。
テリーはまだ先ですし、ファイアーエムブレムは地雷臭がするので、するゲームが無く、
平日も競馬データとにらめっこの毎日でしたからね~。

明日は徹夜決定だぜ!ウイスキー買ってこよっと・・・。

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

種牡馬データ:フレンチデピュティ

アメリカ出身の馬で、日本での出走もないため、あまりなじみのない馬ですが、
輸入産駒のクロフネの活躍をきっかけに、日本に種牡馬として輸入されました。
GⅠ勝ちは、先のクロフネ含めわずか4勝ですが、高い勝率を誇り、安定した成績を残している
優秀な種牡馬です。

現役時は、GⅠ勝ちのないまま、わずか6戦で引退。6戦4勝。

まず、本産駒の全成績を示します。
以下、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率です。
全 562- 510- 484-4079/5635 10.0% 19.0% 27.6% 79 83

芝 210- 178- 171-1598/2157 9.7% 18.0% 25.9% 84 81
ダート 352- 332- 313-2481/3478 10.1% 19.7% 28.7% 76 84

芝、ダート問わず安定した走りを見せます。

さて、本産駒の特長(欠点)です。なお、障害レースは除外します。
1.1、8枠の成績が良い
1枠 71- 47- 51-400/569 12.5% 20.7% 29.7% 98 78
2枠 58- 64- 46-435/603 9.6% 20.2% 27.9% 69 77
3枠 63- 53- 57-467/640 9.8% 18.1% 27.0% 91 81
4枠 67- 72- 70-534/743 9.0% 18.7% 28.1% 71 94
5枠 66- 69- 65-533/733 9.0% 18.4% 27.3% 58 78
6枠 72- 72- 62-531/737 9.8% 19.5% 28.0% 84 82
7枠 75- 60- 68-593/796 9.4% 17.0% 25.5% 90 81
8枠 90- 73- 65-586/814 11.1% 20.0% 28.0% 75 88

根拠は分かりませんが、最内と大外の勝率が高いです。
馬群にひるまない根性を持っている、その逆で馬群を嫌う、
そういう極端な馬が多いということかもしれません。

2.逃げ、先行タイプが活躍
逃げ 130- 84- 40- 216/ 470 27.7% 45.5% 54.0% 182 147
先行 261- 232- 187- 776/1456 17.9% 33.9% 46.7% 124 124

中団 131- 151- 188-1580/2050 6.4% 13.8% 22.9% 66 78
後方 33- 38- 59-1490/1620 2.0% 4.4% 8.0% 25 31

前に行って粘り込むスタイルが合っているようです。

3.馬券の妙味あり
新馬 53- 42- 33- 288/ 416 12.7% 22.8% 30.8% 78 69
未勝利 195- 150- 134-1128/1607 12.1% 21.5% 29.8% 80 80
500万下 173- 180- 185-1471/2009 8.6% 17.6% 26.8% 70 81
1000万下 78- 73- 80- 655/ 886 8.8% 17.0% 26.1% 91 92
1600万下 27- 33- 21- 184/ 265 10.2% 22.6% 30.6% 63 90
OPEN特別 14- 11- 17- 136/ 178 7.9% 14.0% 23.6% 61 68
G3 12- 13- 5- 125/ 155 7.7% 16.1% 19.4% 101 74
G2 6- 5- 6- 46/ 63 9.5% 17.5% 27.0% 87 105
G1 4- 3- 3- 46/ 56 7.1% 12.5% 17.9% 243 201

どのクラスにおいても安定した回収率を残しています。激走率の高さを示していると言えるでしょう。
特にGⅠではピンクカメオ、レジネッタ、プロヴィナージュと、二桁人気での激走が稀にあります。

4.距離適性万能
どの距離でも安定した成績を残しています。

1000m~1300m 203- 170- 144-1231/1748 11.6% 21.3% 29.6% 88 82
1400m~1600m 153- 132- 143-1121/1549 9.9% 18.4% 27.6% 105 89
1700m~2000m 186- 195- 183-1553/2117 8.8% 18.0% 26.6% 51 81
2100m~2400m 15- 12- 10- 142/ 179 8.4% 15.1% 20.7% 103 74
2500m~ 5- 1- 4- 32/ 42 11.9% 14.3% 23.8% 65 46

特に1200~1600mの成績が良いです。
1200m 151- 128- 103- 953/1335 11.3% 20.9% 28.6% 85 77
1400m 82- 78- 78- 614/ 852 9.6% 18.8% 27.9% 108 93
1600m 69- 51- 62- 488/ 670 10.3% 17.9% 27.2% 103 85

5.鉄砲が利く
連闘 11- 17- 17- 119/ 164 6.7% 17.1% 27.4% 46 94
2週 98- 76- 78- 702/ 954 10.3% 18.2% 26.4% 54 67
3週 127- 104- 106- 730/1067 11.9% 21.6% 31.6% 73 84
4週 83- 90- 71- 581/ 825 10.1% 21.0% 29.6% 118 97
5~9週 107- 106- 98- 801/1112 9.6% 19.2% 28.0% 83 96
10~半年 56- 55- 53- 587/ 751 7.5% 14.8% 21.8% 65 66
半年以上 19- 16- 17- 174/ 226 8.4% 15.5% 23.0% 103 95

半年以上の休養明けでも、それなりの勝率を残しています。サイレントプライド1頭ですが、
重賞勝ちのケースもあり。
逆に、連闘の成績は良くありません。間に、息を入れたほうがいいようです。

既に優秀な後継種牡馬であるクロフネがおり、その陰に隠れているイメージもありますが、
条件クラスであれば安定した成績を現在も残しています。
同馬はノーザンダンサー系ですが、そのノーザンダンサーが3代前にあるため、
ノーザンダンサー系の肌馬との配合でもきついインブリードになりにくく、幅広い配合が可能です。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

種牡馬データを改訂していきます

漸く調査すべき項目が固まってきたのと、以前調べたものは却ってごっちゃになると思い、
詳細数値を敢えて載せていませんでした。
しかし、根拠はやはり必要と思いましたので、少しずつ過去の種牡馬データを改訂していきます。

その際、この項目も調査してほしいというご要望がありましたら、本記事のコメントか、
メール等でご連絡頂ければと思います。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

馬名ゴリラってなんぞ・・・

2012年4月14日(土)、阪神4Rにて、驚愕の馬名を持った馬がデビューした。
その名も、「ゴリラ」。

血統表です。インブリードやたら多いですが、結構良血。
gorilla.html

馬名の由来が「シュワルツェネッガー主演の映画Raw Dealの邦題より」となっており、
それは確かにそうでしょうが、流石に動物名はやばいだろ・・・。

名付け親はもうおなじみのあの方です。
ちゅうか、この馬の近親も相当なもんです。ビーム、ツヨイコ、オマワリサン・・・。

名は体を表すということわざがあります。
「ゴリラ」から、いったいどう強い馬がイメージできるのか・・・。格闘でもさせたいのか?
いや、案外速いのかな・・・。

まあ、なんにせよ、実況は困ったでしょうね。この馬が勝つときは「ゴリラが勝ちました!」と
真顔で叫ぶことになるわけです。知らない人は「えっ、ここ競馬場だよね?」と思うでしょうね。

テーマ : 競馬日記
ジャンル : ギャンブル

フローラステークスの解析

過去10年の全着順データです。

FloraS_data.html

重賞として開催される唯一のオークストライアルであり、ここに出走する馬は賞金が足りないという事情
を抱えている馬が多いため、条件クラスの出走が多いです。メンバーのレベルに差がないため、
波乱傾向が極めて強いです。

以下、傾向です。
数値の羅列は、着度数、勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率の順です。

なお、今週からデータ依存の予想をしないよう、データの重要度というファクターをつけることにします。
【重要】としたデータは必ず予想に採用し、それ以外は予想家の裁量で無視することもあります。
また、何らかの理由付けが取れるデータのみピックアップします。

1.前走間隔が中2~9週
優勝馬10頭全てに該当します。例外はわずか2頭。
連闘 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2週 1- 2- 2- 27/ 32 3.1% 9.4% 15.6% 86 70
3週 1- 3- 1- 29/ 34 2.9% 11.8% 14.7% 62 33
4週 1- 2- 2- 29/ 34 2.9% 8.8% 14.7% 486 258
5~9週 7- 2- 4- 44/ 57 12.3% 15.8% 22.8% 90 98
10~半年 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0% 0 57
半年以上 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


<理由付け>能力に差がなく、ある程度仕上がってないと苦しいためと思われる。

2.前走タイム差0.9以内、僅差勝ちも苦しい
勝1.0~1.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
勝0.6~0.9 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

勝0.3~0.5 1- 2- 0- 6/ 9 11.1% 33.3% 33.3% 20 118
勝0.1~0.2 1- 1- 3-15/20 5.0% 10.0% 25.0% 134 95
勝0.0 0- 0- 0-15/15 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負0.0 1- 2- 1- 2/ 6 16.7% 50.0% 66.7% 70 113
負0.1~0.2 3- 0- 1-13/17 17.6% 17.6% 23.5% 167 59
負0.3~0.5 3- 2- 1-18/24 12.5% 20.8% 25.0% 164 101
負0.6~0.9 0- 3- 2-34/39 0.0% 7.7% 12.8% 0 139
負1.0~1.9 1- 0- 2-25/28 3.6% 3.6% 10.7% 590 205
負2.0~2.9 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

1秒差以上で負けているのはわずか3頭。ただ、勝ちすぎている馬の成績、僅差勝ち(0.0差)の
成績も極めて悪いです。勝ち負けに関わらず、ほどほどの着差が好ましいようです。
また、僅差勝ちということは、実質地力勝ちとは限らないため、それを過信するのも危険ということでしょう。

<理由付け>負けすぎからの調子好転は厳しい、勝ち過ぎは前走の反動と思われる。

3.前走クラスは格式が高いほど良い
未勝利 1- 1- 2- 25/ 29 3.4% 6.9% 13.8% 92 77
500万下 3- 5- 4- 49/ 61 4.9% 13.1% 19.7% 309 177
OPEN特別 1- 2- 0- 18/ 21 4.8% 14.3% 14.3% 131 63
G3 4- 2- 2- 35/ 43 9.3% 14.0% 18.6% 46 75
G2 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 100 50
G1 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 0.0% 33.3% 0 83

前走フラワーカップ組が4勝しており、全て前走3着以内です。その4年は比較的平穏に収まっています。
波乱傾向はあるとはいえ、基本的には重賞からの転戦組が中心です。
500万下、OPEN特別の場合は、前走が1800m以上の距離であること。

<理由付け>地力を求められるコースだけに、能力のある相手の場合、勢いだけでは通用しない。

【追記】3はかなり強引な理由付けでした。
フラワーカップで好成績の馬は注意、ぐらいに留めておいて頂ければ。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

自己紹介

セイショウ

Author:セイショウ
2015年は貯金とデータ集めに専念、馬券は来年から始めたいと思います。

食好み:魚>野菜=鶏肉>豚肉
仕事:就業予定
年齢:シービーの1つ上
趣味:読書、三国志(正史寄り)、ゲーム
好きな馬:ナリタブライアン
苦手な馬:人気先行
好きな酒:焼酎、ウイスキー
好きな競馬関係者:積極果敢、謙虚、潔い
嵌る予定のゲーム:三国志13(最高15000円するそうです)

2013年度成績
【中央重賞】
成績詳細:2013年7月1日時点(不定期)
回収率:107.7% 55戦11勝
収支:328,500円→353,760円
本命成績:11-9-3-32
※ダート短距離勝負と合算のため、 画像内容と回収率不一致。別口座にすべきだった。

【地方交流重賞】
※今年は敗北が確定したため終了
回収率:31.35% 10戦1勝
収支:60,000円→18,810円
本命成績:4-2-2-2

【選出ダート短距離勝負】
※対象レース数過少のため終了
回収率:38.3% 3戦0勝
収支:18,000円→6,890円
本命成績:0-1-1-1
カテゴリ
2013年度 万馬券履歴
京都金杯      3連複   11990円
東京スプリント   3連単   15750円
青葉賞         馬連   30590円
 〃           馬単   71140円
平安ステークス  3連単   15630円
エプソムカップ   3連単   34300円
2012年度成績
【中央競馬】
回収率:107.9% 121戦18勝
収支:724,500円→781,890円
本命成績:25-23-10-63
※回収率100%超え達成!

【地方競馬】
回収率:80.2% 30戦7勝
収支:95,300円→76,480円
※回収率100%超えならず・・・

【2012年度 万馬券的中履歴】
佐賀記念       馬単  14940円
弥生賞        馬単  22190円
中日新聞杯      馬単  12230円
大阪杯       3連単  11540円
青葉賞       3連複  48540円
 〃        3連単  189270円
札幌記念      3連単  10590円
金鯱賞        馬単  15280円
 〃        3連複  12810円
 〃        3連単  91410円
カペラステークス  3連複  10460円
本日までの訪問者数
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
リンク先最新記事
ランキング
ランキング参加中です!



相互リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクをご希望の方は、
直近の記事にコメント下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
696位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
324位
アクセスランキングを見る>>
楽天株式会社
健康コーポレーション株式会社
GMOインターネット株式会社
楽天カード株式会社
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉
A8.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。