スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞・皐月賞の感想、天皇賞(春)の事前検証

まず、既に終了して1週以上たつため簡単な感想のみにとどめるクラシック2レース。

■桜花賞
レーヌミノルの最大の勝因は、(これはいうべきではないかもしれないが)鞍上強化だったように思える。
今回のレースでほぼ確実に1600mすら長いと感じさせる馬を最後まで持たせた、池添騎手の手腕が何より大きかった。

また、武豊騎手のリスグラシューもさり気に仕事をしている。
ただこちらは、時計を要する馬場が影響したか、終いの脚が前とほぼ同じになってしまった。

ソウルスターリングについては、本当に馬場で負けただけかもしれない。地力負けかもしれない。
ただ少なくとも、世代で抜けた馬でないことだけは今回はっきりした。

アドマイヤミヤビは、この大敗が影響していないなら、優駿牝馬では狙うべきところ。
乾いた馬場でさえあれば、陣営も本気で取りに来そうな気がする。

優駿牝馬は、なんだかんだで桜花賞組が圧倒的に強い。このデータは、ましなトライアルが設けられない限り、
ずっと変わらないはず。

■皐月賞
アル・アイン。まさかの毎日杯組。高速決着。もう色々と誤算ばかり。
前提を誤った時点で終了。
勝った馬、良い進路を取れなかった2着馬は強い。東京優駿は、基本高速決着になるので、
良でさえあれば2頭とも次回も注意。

ファンディーナは、正攻法で負けたのだから地力負け。ただ、この時期の牝馬が、1分58秒台の時計を出せるなら
十分強いと思う。

スワーヴリチャードは、内に入らない、終いも伸びない、やや早めのペースでも行きたがる、と
課題がより見えたレースだった。ただ、いずれも器用さがない、坂が堪えた、ハイペースなら折り合える、と
東京優駿ではそれほど影響がない。人気落ちしない気はするが、負けた馬の中では最も巻き返しが怖い。

東京優駿は、まれに京都新聞杯や青葉賞1着馬が絡んでくる程度で、やはり皐月賞組が有利。

■天皇賞(春)
前哨戦を勝ち、未だ4着以下がないサトノダイヤモンド、
前哨戦ながらG1を勝ち、実質4着以下がないキタサンブラック(東京優駿は度外視)、
似たタイプながら、基本的には、前者は差し偏重、後者は先行偏重。

このレースをすでに勝ち、さらに古馬としての実績を十分重ねているブラックのほうが有利に思えるが、
ダイヤモンドの昨秋からの成長力も侮れない。

伏兵は見当たらず、却って、下位人気が捨て身のレースをして1頭だけ人気薄なんて決着になりそう。
見るレースでしょう。
スポンサーサイト

今週の重賞で面白そうな馬

Data Labの月額2000円が厳しく、
暫くは生半可な知識と記憶がベースになりそうです。

収入が落ち込んだことで、
如何に自身が無茶苦茶な馬券の買い方をしていたかはよく痛感致しました。
予想は単複あるいは連勝メインで行こうと思います。
3連単はそれこそ、少ない点数を狙い撃つ格好で。

①2月11日(土) 東京11R デイリー杯クイーンカップ
同コースのチューリップ賞に、桜花賞を勝ちに行く陣営がそろうようになった近年、
このレース自体は「優駿牝馬の前に東京を経験させたい」、
そんな意図で使ってくる印象。そのせいか、近年はスローの上がり勝負が多くみられる。
桜花賞ではまずないスローという現象は好ましくなく、いかにもこのレースを試走とみていない。

言い換えれば、ここで勝負になることと桜花賞への勝負度は全く関係がない。(賞金不足を除く)
ここで勝負できそうな馬、を一頭。
ただ、今年は賞金が足りて、事前試走(東京未経験)なんてゆとりある陣営がいなかったため、
ここから先まで一つも落とせない、というところで。

◆フローレスマジック
左回りだけ経験し1-2-0-0。前走の勝ち馬は、その後厳しい競馬を強いられながら善戦(2着)のリスグラシュー。
3着はちぎっており、ここは確実に賞金を加算したいだろう。
ただ、新潟・東京と関西圏未出走。もし桜花賞に出てくるようなら状態次第になり、
そこで人気を落として優駿牝馬で激走、という可能性もある。

何にしても、ここを好走しないとお話にならない。人気にはなりそうだが、馬体の成長がみられるなら面白い。

牡馬混合の500万下、百日紅特別を制したアドマイヤミヤビも人気しそうだが、
こちらは勝負度合いを図りかねる。
過去の戦績から、忙しくない優駿牝馬のほうが合いそうであり、賞金は加算したい、
しかし桜花賞には間に合わなくてもいいというゆとりを感じる。そういった仕上がりだと、飛ぶかもしれない。

②2月12日(日) 東京11R 共同通信杯
ある程度間隔があいても、いろいろ特定の異なる中山芝2000mの皐月賞への臨戦過程は悪くない。

ただ、基本的には実績馬がその通りの結果を出し、本番へ向かうという固いレースの印象を持っているのだが、
今年はこれまた1勝で賞金がほしい陣営が揃いにそろった。
突き抜けた馬も、逆に危うそうな馬も見当たらず、難解極まりない。ケンが正解とみる。

③2月12日(日) 京都11R 京都記念
◆ミッキーロケット
このレースの印象は2つ。とかく人気馬(1番人気)が飛ぶこと。逆を言えばそれで勝てれば本物。
そして同開催京都の日経新春杯組かつ好走しながら人気していない馬の再度の激走。
面白いのは後者。1着のミッキーロケットに注目したい。

前走はハナ差、平凡な時計、上り、と数字だけ見れば何も問えないかもしれないが、
直線外から被せるようにして襲ってきたシャケトラにひるまず、11.8-12.1のラップでしぶとく差し返した勝負根性は、
時計を要する開催後半でこそ活きるとみる。

この馬の持ち味が勝負根性とするならば、それを活かせなかった4コーナー10番手以降の4着以下3レースは
度外視してよく、実質まだ底を見せていないと思う。

ただ、逆を言えば上がり勝負では苦しい。33秒台を計時したのが新馬戦のみ。
最速どころか2番手すら計時できていないのだから、京都芝2200mは比較的前有利のコースではあるが、
決して楽観もできない。

ある程度流れて平均~ハイペースで、人気になっていないようなら狙ってみてもよいかと思う。
複勝は売れそうなので、買うなら単勝で。

マカヒキは、一瞬の足を如何に活かすかが難しく、
海外遠征空け、次走G1の叩き台、と不安要素のほうが大きい。ここはコケる可能性も十分ある。

7月2週の重賞展望を軽めに

競馬ブログなのに、ゲームネタで締めてしまってはアレなので、最後は今週の重賞展望をさらっと。

◆プロキオンステークス 登録51頭、出走16頭
特別登録料って結構バカにならないはずなのに、どう考えても勝負にならない馬が結構見られます。

2010年ジャパンカップダート2着以来の、グロリアスノアが登録しています。
当時4歳、接戦を演じたトランセンドは既に引退、この馬を応援する気持ちで。

予想については、昨年2着のアドマイヤロイヤルが最有力。2番人気までは確実と思いますが、
まず3着は外さないと思います。
前走は実に13戦ぶりの勝利。勝ち癖がついていれば、ここも突き抜けそうです。

◆七夕賞 登録20頭、出走16頭
まだハンデ未発表ですが、大体の推測はつきます。

2走前に、不良とはいえ同舞台を千切っているマイネルラクリマが有力候補。
実績馬が揃ったため、この馬に課されるハンデはせいぜい57キロ。馬場が渋れば尚良し。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

第20回函館スプリントステークス 特別登録展望

特別登録時点の、仮想出馬表です。本レースは、予想ないし検討はしますが、馬券購入はしません。

2013年函館スプリントステークス_特別登録_着度数

フルゲート16頭に対し、18頭の登録。
59キロだろうと実績断然、昨年の覇者ドリームバレンチノ不動。フルゲートになるならある意味見物。

負担重量は、3歳は53キロ(開催日が7月1日以前の場合は52キロ)、
4歳以上は56キロ、牝馬は2キロ減を基本とし、
収得賞金3000万円超過馬は、超過額が2000万円毎に1キロ増。

収得賞金9900万円のドリームバレンチノは、昨年より3キロ重い59キロを背負わされる。



【同舞台でロードカナロアを破った馬】ドリームバレンチノ
昨年の覇者。ロードカナロアを、同斤量で破った。
今年は59キロを背負わされるが、ハンデ58キロのシルクロードステークスの勝ちっぷり、
スプリントGⅠで3、2着と成績向上していることを考えれば、問題にしてはいられないだろう。
唯一勝負になりそうな洋芝得意のパドトロワも58キロを背負わされるため、近走成績で差をつけるなら
こちらが断然上。

■強調材料
・実績断然、昨年の覇者、スプリント重賞2勝、GⅠ3着以内2回

■不安要素
なし



なお、2番手以下は、横並び。
抜けたものが無く、洋芝適性だけの実績不足馬に後れを取ってしまう可能性もある。
昨年単勝約200倍で3着のビスカヤは、函館2-0-1-3とほぼこのコースしか走らない。
中途半端より、何か抜けたものを見いだせる馬が無欲の競馬をして2、3着というのが現状の見解。



コースデータはこちら。久々のため、今週更新予定。

2歳OP特別・重賞(34.3-36.1=1.10.4)
3歳以上500万(34.0-35.9=1.09.9)
3歳以上1000万(34.1-35.1=1.09.2)
3歳以上準OP・OP特別(34.1-34.8=1.08.9)
3歳以上重賞(33.5-35.2=1.08.7)

日本一時計を要する芝コース。そのため、持ち時計より洋芝適性が問われる。
脚の速さよりパワーを重視したい。

高松宮記念で3着以内に入った馬に関しては、ここ3機会連続で連対している。
臨戦過程の上位が重賞で占められ、洋芝適性か実績、どちらかは必須と言える。

過去10年の戦績。

2013年函館スプリントステークス_過去10年戦績
※2009年は、函館競馬場改修のため札幌で開催

レースについては、枠順確定後に作成予定の、データ解析記事をご参照下さい。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

第18回ユニコーンステークス 特別登録展望

特別登録時点の、仮想出馬表です。本レースは、予想ないし検討はしますが、馬券購入はしません。

2013年ユニコーンステークス_特別登録_着度数

フルゲート16頭に対し、26頭の登録。
実績ならサウンドリアーナが断然だが、1400mで3勝、距離の壁が立ちふさがる。

負担重量は、馬齢重量である56キロ、牝馬は54キロを基本とし、
更にGⅠ競走1着馬は2キロ増、GⅡ競走1着馬は1キロ増の負担が課せられる。
ただし、2歳時の成績を除く。
3歳限定のダート重賞は現在地方交流しかないため、3歳で芝に実績ある馬がダートに転向、
というケースでぐらいしか斤量増は課されない。実質馬齢重量戦だ。



【同舞台で千切ったレースぶりを評価】サウンドトゥルー
前走は、距離延長で同舞台を使われ、タイム差0.5付ける完勝。
1.38.0という時計の遅さは、このコースには珍しく前半あまり速くならなかったため。
前半3F35秒台が基本の消耗戦になりやすいコースで、異例のスローだった。
この馬の強みは、7戦中6戦で東京ダートを使われ、直線の芝よりきつい坂に慣れていること。
そして、7戦全て上がり3位以内、4戦で上がり最速、末脚安定。
血統面も、このコースに強いヴァイスリージェント系のフレンチデピュティを父に持ち、再度好走を見込める。

■強調材料
・東京コース6戦、コース慣れしている
・過去7戦全て上がり3位以内、末脚安定


■不安要素
なし



【持ち時計実質1位】チャーリーブレイヴ
ハコダテナイトの1.36.2は重。この馬は良で、1.36.6。
メンバーも豪華で、後に兵庫チャンピオンシップを大差で千切るコパノリッキーを破っている。
さらに同舞台2戦2勝というのも魅力的。
そして、ダートなら3戦3勝、この馬も東京コースで3連勝中。
但し、ダート路線はレースレベルが右肩上がりで上がる春先のレースを経験していない。休み明けだ。

■強調材料
・良なら同舞台持ち時計1位
・同舞台2戦2勝
・ダート3戦3勝、全て東京コース


■不安要素
・休み明け



【徹底して同舞台を使われている】ジェベルムーサ
4戦全て同舞台、2-1-1-0。しかし、なんの偶然か、一度もハイラップを経験していない。
レースが流れた時、思わぬ惨敗を喫する可能性があるため、コース実績はあまり当てに出来ない。
血統は、アグネスタキオン×デインヒル系という如何にも芝向きのものだが、このコースは芝をこなす
脚の速さが求められるため、問題はないだろう。

■強調材料
・4戦全て同舞台で2-1-1-0、複勝率100%

■不安要素
・同舞台でハイラップ未経験、こなせるかどうかは未知数



コースデータはこちら。誤った記述があり、今週更新予定。
※東京ダートの直線坂傾斜は、芝(2.0%)よりきつい(2.4%)

2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(35.2-25.1-37.9=1.38.2)
3歳以上1000万(35.4-24.6-37.5=1.37.5)
3歳以上準OP・OP特別(34.9-24.7-36.9=1.36.5)
3歳以上重賞(35.0-24.4-36.4=1.35.8)

3歳限定戦ながら、古馬OPEN並みの時計が出ることもあり、かなりレベルの高いレース。
かつては1.35.1という凄まじい時計で1.1千切ったユビキタス、
1.35.8のコースレコードで快勝したユートピアなど、スターが揃うレースだった。
ここ数年は低調だが、今年は新星誕生なるか、注目したい。

なお、このレース、地力勝負に成りやすいからか、異常なまでに上位人気が強い。
1番人気 7- 1- 0- 2/ 10 70.0% 80.0% 80.0% 154 95
2番人気 0- 5- 2- 3/ 10 0.0% 50.0% 70.0% 0 112

3番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0% 87 80
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0% 90 76
5番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0% 82 73
6番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0% 0 84
7番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 82
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 48

ここまであからさまに1、2番人気が強い重賞は、まずないと思う。
単勝オッズは最大46倍まで3着に絡んでいるが、人気は最悪8番手まで。

過去10年の戦績。

2013年ユニコーンステークス_過去10年戦績

レースについては、枠順確定後に作成予定の、データ解析記事をご参照下さい。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

自己紹介

セイショウ

Author:セイショウ
2015年は貯金とデータ集めに専念、馬券は来年から始めたいと思います。

食好み:魚>野菜=鶏肉>豚肉
仕事:就業予定
年齢:シービーの1つ上
趣味:読書、三国志(正史寄り)、ゲーム
好きな馬:ナリタブライアン
苦手な馬:人気先行
好きな酒:焼酎、ウイスキー
好きな競馬関係者:積極果敢、謙虚、潔い
嵌る予定のゲーム:三国志13(最高15000円するそうです)

2013年度成績
【中央重賞】
成績詳細:2013年7月1日時点(不定期)
回収率:107.7% 55戦11勝
収支:328,500円→353,760円
本命成績:11-9-3-32
※ダート短距離勝負と合算のため、 画像内容と回収率不一致。別口座にすべきだった。

【地方交流重賞】
※今年は敗北が確定したため終了
回収率:31.35% 10戦1勝
収支:60,000円→18,810円
本命成績:4-2-2-2

【選出ダート短距離勝負】
※対象レース数過少のため終了
回収率:38.3% 3戦0勝
収支:18,000円→6,890円
本命成績:0-1-1-1
カテゴリ
2013年度 万馬券履歴
京都金杯      3連複   11990円
東京スプリント   3連単   15750円
青葉賞         馬連   30590円
 〃           馬単   71140円
平安ステークス  3連単   15630円
エプソムカップ   3連単   34300円
2012年度成績
【中央競馬】
回収率:107.9% 121戦18勝
収支:724,500円→781,890円
本命成績:25-23-10-63
※回収率100%超え達成!

【地方競馬】
回収率:80.2% 30戦7勝
収支:95,300円→76,480円
※回収率100%超えならず・・・

【2012年度 万馬券的中履歴】
佐賀記念       馬単  14940円
弥生賞        馬単  22190円
中日新聞杯      馬単  12230円
大阪杯       3連単  11540円
青葉賞       3連複  48540円
 〃        3連単  189270円
札幌記念      3連単  10590円
金鯱賞        馬単  15280円
 〃        3連複  12810円
 〃        3連単  91410円
カペラステークス  3連複  10460円
本日までの訪問者数
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
リンク先最新記事
ランキング
ランキング参加中です!



相互リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクをご希望の方は、
直近の記事にコメント下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
696位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
324位
アクセスランキングを見る>>
楽天株式会社
健康コーポレーション株式会社
GMOインターネット株式会社
楽天カード株式会社
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉
A8.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。