スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館スプリントステークスの解析

過去10年の全着順データです。
2009年は札幌開催のため、2002年まで遡って函館開催10年分を対象とします。

2013年函館スプリントステークス_過去10年戦績
2013年函館スプリントステークス_過去11年戦績(函館のみ10年)

1.騎手
池添謙一 3- 2- 0- 2/ 7 42.9% 71.4% 71.4% 137 118
安藤勝己 1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6% 24 38
福永祐一 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 227 87
藤岡佑介 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0% 52 120
秋山真一 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 1548 228
岩田康誠 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 45 30
角田晃一 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 325 115
松山弘平 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 670 140
横山典弘 0- 3- 0- 3/ 6 0.0% 50.0% 50.0% 0 203
木幡初広 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 68
丸山元気 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 160
鹿戸雄一 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 450
四位洋文 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0% 0 98
藤田伸二 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1% 0 33
勝浦正樹 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 135
菊沢隆徳 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 470
蛯名正義 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 65
ホワイト 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 240
荻野琢真 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1820
芹沢純一 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 330

美浦 0- 6- 3- 33/ 42 0.0% 14.3% 21.4% 0 83
栗東 10- 4- 6- 72/ 92 10.9% 15.2% 21.7% 127 79
地方 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 240

シーイズトウショウ2番人気で2連覇、カレンチャン1番人気で制覇と、馬に恵まれてはいますが、
結果を出しているもの確か。池添騎手には注意。

関西所属騎手が全勝。札幌開催の2009年も関西騎手。軸で。
⇒人気上位の池添騎手に注意。軸は関西騎手から。


2.厩舎
(栗)鶴留明雄 2- 1- 0- 1/ 4 50.0% 75.0% 75.0% 172 107
(美)堀宣行 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0% 1980 315
(栗)安田隆行 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 90 76
(栗)西浦勝一 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 325 115
(栗)藤岡健一 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 210 80
(栗)加用正 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 335 70
(栗)瀬戸口勉 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 455 120
(栗)松元茂樹 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 170 120
(美)藤沢和雄 0- 2- 1- 3/ 6 0.0% 33.3% 50.0% 0 151
(栗)飯田雄三 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 415
(栗)森秀行 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 42
(栗)領家政蔵 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 75
(美)石栗龍彦 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 160
(栗)池添兼雄 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 280
(美)宗像義忠 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 340
(栗)武宏平 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 160
(美)萩原清 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 188
(栗)大根田裕 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 165
(栗)山内研二 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 150
(美)手塚貴久 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 290
(栗)木原一良 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1820
(栗)谷潔 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 500
(美)柴崎勇 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 270
(美)田中清隆 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 130
(栗)矢作芳人 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
(栗)須貝彦三 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

美浦 2- 4- 5- 48/ 59 3.4% 10.2% 18.6% 134 72
栗東 8- 6- 5- 58/ 77 10.4% 18.2% 24.7% 49 87
地方 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

カレンチャン、ロードカナロアと2年連続連対中の安田隆厩舎が好成績。僚馬に短距離馬が多い厩舎、
地力上位の出走があれば注意。

関西馬が好成績。連下なら互角でするが、1着争いなら関西有利。
⇒軸は関西馬から。相手なら互角。


3.年齢・キャリア
3歳 1- 2- 2- 15/ 20 5.0% 15.0% 25.0% 45 99
4歳 3- 2- 2- 13/ 20 15.0% 25.0% 35.0% 56 57
5歳 5- 0- 2- 23/ 30 16.7% 16.7% 23.3% 300 80

6歳 1- 5- 3- 26/ 35 2.9% 17.1% 25.7% 18 110
7歳以上 0- 1- 1- 30/ 32 0.0% 3.1% 6.3% 0 50

3~ 5戦 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 303 80
6~10戦 1- 2- 2- 12/ 17 5.9% 17.6% 29.4% 15 106
11~15戦 0- 2- 2- 16/ 20 0.0% 10.0% 20.0% 0 37
16~20戦 3- 1- 0- 18/ 22 13.6% 18.2% 18.2% 47 40
21~30戦 5- 3- 4- 29/ 41 12.2% 19.5% 29.3% 231 91
31戦~ 0- 2- 2- 30/ 34 0.0% 5.9% 11.8% 0 105

3歳の優勝は、2002年サニングデールキャリア5戦まで遡る。以降10年連続で勝てていません。
複勝率は悪くないので、相手ならば。
頭では4~5歳の若い馬が中心、相手なら6歳まで。7歳以上は大幅割引。

キャリアは、31戦以上は割引。
3着以内に入っている4頭の内2頭が6歳馬。
⇒軸は4~5歳、相手は4~6歳を中心に。7歳以上、キャリア31戦以上は割引。


4.脚質、位置取り
平地・逃げ 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0% 0 113
平地・先行 6- 3- 2- 27/ 38 15.8% 23.7% 28.9% 56 43
平地・中団 3- 3- 4- 40/ 50 6.0% 12.0% 20.0% 36 88

平地・後方 1- 2- 2- 34/ 39 2.6% 7.7% 12.8% 198 98
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位 4- 2- 1- 3/ 10 40.0% 60.0% 70.0% 934 459
3F 2位 2- 2- 0- 7/ 11 18.2% 36.4% 36.4% 100 63
3F 3位 1- 1- 3- 9/ 14 7.1% 14.3% 35.7% 12 118
3F ~5位 1- 3- 2- 14/ 20 5.0% 20.0% 30.0% 32 108
3F 6位~ 2- 2- 4- 74/ 82 2.4% 4.9% 9.8% 5 23

4角1番手 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0% 17 125
2番手以内 2- 2- 4- 20/ 28 7.1% 14.3% 28.6% 15 63
3番手以内 5- 3- 4- 27/ 39 12.8% 20.5% 30.8% 37 61
4番手以内 6- 5- 4- 33/ 48 12.5% 22.9% 31.3% 44 57
5番手以内 7- 5- 5- 40/ 57 12.3% 21.1% 29.8% 42 67
7番手以内 8- 6- 7- 60/ 81 9.9% 17.3% 25.9% 40 62
10番手以内 9- 10- 10- 79/108 8.3% 17.6% 26.9% 36 91
2番手 1- 0- 2- 15/ 18 5.6% 5.6% 16.7% 13 30
3番手 3- 1- 0- 7/ 11 27.3% 36.4% 36.4% 94 54
2~3番手 4- 1- 2- 22/ 29 13.8% 17.2% 24.1% 44 39
2~5番手 6- 3- 3- 35/ 47 12.8% 19.1% 25.5% 47 55
2番手以下 9- 8- 8-102/127 7.1% 13.4% 19.7% 90 77
3番手以下 8- 8- 6- 87/109 7.3% 14.7% 20.2% 103 84
4番手以下 5- 7- 6- 80/ 98 5.1% 12.2% 18.4% 104 88
5番手以下 4- 5- 6- 74/ 89 4.5% 10.1% 16.9% 107 92
7番手以下 2- 5- 3- 54/ 64 3.1% 10.9% 15.6% 131 100
10番手以下 1- 2- 1- 39/ 43 2.3% 7.0% 9.3% 180 94
13番手以下 0- 0- 0- 17/ 17 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16番手以下 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

コースデータとはかなり異なる結果が出ています。逃げ馬不振、上がり最速馬が極めて好成績。
追込みも届くことがあるようです。
また、マークする、される側の影響か、2番手は不調、3番手は好成績。
レース観戦時、先行馬が2番手をマークするような位置に付けたら、よっしゃとなりそうです。
⇒軸、相手共に、先行、差し馬を中心に。上がり最速を繰り出しそうな馬は抑え必須。


5.単勝オッズ分布
1.0~ 1.4 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 55
1.5~ 1.9 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0% 175 120
2.0~ 2.9 2- 1- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 60.0% 104 76
3.0~ 3.9 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 75
4.0~ 4.9 2- 0- 1- 4/ 7 28.6% 28.6% 42.9% 122 65
5.0~ 6.9 2- 2- 0- 2/ 6 33.3% 66.7% 66.7% 220 116
7.0~ 9.9 1- 1- 3- 5/ 10 10.0% 20.0% 50.0% 91 138

10.0~14.9 0- 1- 2- 13/ 16 0.0% 6.3% 18.8% 0 53
15.0~19.9 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0 31
20.0~29.9 0- 1- 0- 16/ 17 0.0% 5.9% 5.9% 0 26
30.0~49.9 0- 1- 2- 15/ 18 0.0% 5.6% 16.7% 0 118
50.0~99.9 1- 0- 1- 24/ 26 3.8% 3.8% 7.7% 297 80
100.0~ 0- 0- 1- 16/ 17 0.0% 0.0% 5.9% 0 107

函館の鬼4-0-1-1ビーナスラインが約70倍で勝利した2006年以外、単勝10倍以内の馬が
勝っています。軸は上位人気から。
ただ、相手なら、様々なオッズ分布から食い込んできており、人気薄の抑えもしておきたいところ。
⇒軸は、洋芝適性のある馬の一発を狙わないならば、人気上位から。


6.血統傾向
ナスルーラ系 xトゥルビヨン系 2- 1- 0- 1/ 4 50.0% 75.0% 75.0% 172 107
ロイヤルチャージャxニアークティック系 2- 0- 4-15/21 9.5% 9.5% 28.6% 376 115
ニアークティック系xナスルーラ系 1- 3- 0- 4/ 8 12.5% 50.0% 50.0% 33 173
マンノウォー系 xナスルーラ系 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6% 130 81
ロイヤルチャージャxセントサイモン系 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 90 60
ロイヤルチャージャxネイティヴダンサー 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 111 23
ナスルーラ系 xナスルーラ系 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 325 115
ニアークティック系xその他のエクリプス 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 210 80
ネイティヴダンサーxニアークティック系 0- 3- 1-12/16 0.0% 18.8% 25.0% 0 55
ニアークティック系xロイヤルチャージャ 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0% 0 246
ロイヤルチャージャxナスルーラ系 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 112
ネイティヴダンサーxナスルーラ系 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 73
ナスルーラ系 xニアークティック系 0- 0- 1-13/14 0.0% 0.0% 7.1% 0 57
ニアークティック系xニアークティック系 0- 0- 1-10/11 0.0% 0.0% 9.1% 0 85
マンノウォー系 xニアークティック系 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 290

近年の流行を考慮するなら、ノーザンダンサー系×ナスルーラ系が好成績。
2011年は、このパターンのカレンチャンとテイエムオオタカのワンツーでした。
ちなみに、4戦3連対のパターンはシーイズトウショウ(とサクラタイリン)です。
⇒ノーザンダンサー系×ナスルーラ系が好成績。


7.レース間隔と、休み明け後のレース数
連闘 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2週 0- 2- 1- 11/ 14 0.0% 14.3% 21.4% 0 67
3週 4- 2- 4- 18/ 28 14.3% 21.4% 35.7% 94 145
4週 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 18 13
5~9週 2- 0- 3- 34/ 39 5.1% 5.1% 12.8% 204 49
10~半年 3- 5- 1- 25/ 34 8.8% 23.5% 26.5% 26 82
半年以上 0- 1- 1- 10/ 12 0.0% 8.3% 16.7% 0 96

明け2戦 0- 0- 2- 11/ 13 0.0% 0.0% 15.4% 0 165
明け3戦 2- 2- 1- 12/ 17 11.8% 23.5% 29.4% 54 75
明け4戦 2- 0- 2- 12/ 16 12.5% 12.5% 25.0% 97 52
明け5戦 1- 1- 0- 11/ 13 7.7% 15.4% 15.4% 13 20
明け6~ 2- 0- 3- 23/ 28 7.1% 7.1% 17.9% 291 84

休み明けの実績馬がきっちり結果を出すレース。函館開催に限れば、5年連続で連対中。
また、2002、2007、2010、2012年と4回も1、3着に来ている中2週組も好成績。
中途半端な間隔は一息です。

明け2戦目だけは一息。前走休み明けだった馬は、再度様子見した方が良い。
⇒中2週か休み明けに注意。前走休み明けの馬は、危険視。


8.前走タイム差
勝2.0~ 0- 0- 0- 0/ 0
勝1.0~1.9 0- 0- 0- 0/ 0
勝0.6~0.9 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 80
勝0.3~0.5 0- 0- 0- 0/ 0
勝0.1~0.2 4- 2- 1- 5/ 12 33.3% 50.0% 58.3% 175 115
勝0.0 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負0.0 1- 1- 1- 4/ 7 14.3% 28.6% 42.9% 25 85
負0.1~0.2 3- 1- 0- 12/ 16 18.8% 25.0% 25.0% 94 41
負0.3~0.5 0- 4- 2- 20/ 26 0.0% 15.4% 23.1% 0 57
負0.6~0.9 2- 0- 4- 25/ 31 6.5% 6.5% 19.4% 255 150
負1.0~1.9 0- 1- 2- 32/ 35 0.0% 2.9% 8.6% 0 59
負2.0~2.9 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負3.0~3.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


前走0.1以上差をつけて勝った馬は、抜群の安定感。中心視。
また、僅差で負けた馬にも注意。
タイム差1.0以上付けて負けた馬は、2着まで。
⇒前走タイム差0.1以上で勝った馬が中心、タイム差1.0以上で負けた馬は2着まで。


9.前走人気
前走1人気 2- 3- 0- 6/11 18.2% 45.5% 45.5% 47 71
前走2人気 2- 0- 0-10/12 16.7% 16.7% 16.7% 131 31
前走3人気 2- 1- 1-10/14 14.3% 21.4% 28.6% 61 115
前走4人気 0- 1- 1-14/16 0.0% 6.3% 12.5% 0 23
前走5人気 1- 1- 1-12/15 6.7% 13.3% 20.0% 12 41
前走6~9人 2- 1- 2-22/27 7.4% 11.1% 18.5% 30 41
前走10人~ 1- 3- 5-33/42 2.4% 9.5% 21.4% 184 145

前走1番人気の複勝率が高い、ぐらい。顕著な傾向がありません。
⇒前走1番人気だった馬は、3着までに警戒してもいいかもしれない、程度。


10.臨戦過程
高松宮記G1 2- 3- 1- 6/12 16.7% 41.7% 50.0% 51 126
CBC賞HG3 2- 2- 2-11/17 11.8% 23.5% 35.3% 62 80
テレビ愛 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7% 20 51
安田記念G1 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 42 30
ファルコG3 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 182 48
阪神牝馬G2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 135 60
フリーウ1600 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 3870 570
安土城S 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 670 140
バーデンH 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6% 0 111
道新スポ1000 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 160
マイルチG1 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 220
ダービーHG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 830
クロッカ 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 340
京王杯スG2 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1% 0 26
NHKマG1 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 50
ヴィクトG1 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 65
兵庫ジG3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 940
朱雀SH1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1820

休み明けでも、高松宮記念組が中心。2008年以降、該当する3頭全て連対している。
また、下級クラスからの格上挑戦で結果を出す馬もいる。
ビーナスライン、ビスカヤと、条件戦で大敗した馬が、洋芝適性だけで激走した例がある。
高松宮記念以外の臨戦過程はあまり気にせず、洋芝適性、函館の実績を確認しておきたい。
⇒高松宮記念組が中心、あとは函館実績、洋芝適性に注目。


データ解析は、ですます調より、である調の方が書きやすいです。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ユニコーンステークスの解析

過去10年の全着順データです。

2013年ユニコーンステークス_過去10年戦績

1.騎手
武豊 2- 0- 2- 4/ 8 25.0% 25.0% 50.0% 40 113
安藤勝己 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 140 76
横山典弘 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 180 86
福永祐一 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 80 132
松岡正海 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 26 18
田中博康 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 160 65
秋山真一 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 870 210
四位洋文 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 820 190
岩田康誠 0- 2- 0- 3/ 5 0.0% 40.0% 40.0% 0 62
ウィリア 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0% 0 160
小牧太 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 80
北村宏司 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 31
川島信二 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 180
小林慎一 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 180
池田鉄平 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 400
松永幹夫 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 270
内田博幸 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 30
勝浦正樹 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 76
田中勝春 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 45
藤田伸二 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 52
小林徹弥 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 420
熊沢重文 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 130
柴田善臣 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
後藤浩輝 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

美浦 3- 3- 3- 85/ 94 3.2% 6.4% 9.6% 14 23
栗東 7- 6- 6- 37/ 56 12.5% 23.2% 33.9% 49 71
地方 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0% 0 40

2回以上連対している武豊騎手、横山典騎手、岩田康騎手に注意という程度。

関西所属騎手の成績が圧倒的に良いです。ただ、これは関西馬の成績が良いことに直結しており、
関西騎手が乗れているということには繋がりません。
⇒厩舎所属と総合して、関西所属騎手の方が好成績


2.厩舎
(美)堀宣行 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 160 75
(栗)角居勝彦 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 55 50
(栗)藤岡健一 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 820 190
(栗)大久保龍 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 900 310
(美)鈴木伸尋 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 240 120
(栗)長浜博之 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 870 210
(栗)小野幸治 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 210 110
(栗)領家政蔵 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 320 130
(栗)橋口弘次 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 180 110
(栗)池江泰郎 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 160 110
(栗)矢作芳人 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 60
(美)久保田貴 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 63
(栗)安達昭夫 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 135
(栗)白井寿昭 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 40
(栗)池江泰寿 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 80
(栗)安田隆行 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 60
(栗)森秀行 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 120
(栗)荒川義之 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 180
(美)増沢末夫 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 190
(美)畠山重則 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 400
(美)堀井雅広 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 153
(栗)吉田直弘 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 80
(栗)石坂正 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 190
(栗)山内研二 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 105
(栗)村山明 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 180
(栗)宮本博 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 480
(栗)梅内忍 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 130
(美)池上昌弘 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 270
(栗)目野哲也 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 420
(栗)武田博 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 220
(美)国枝栄 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
(美)戸田博文 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
(栗)中竹和也 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

美浦 2- 3- 2- 67/ 74 2.7% 6.8% 9.5% 7 24
栗東 8- 7- 8- 61/ 84 9.5% 17.9% 27.4% 42 56
地方 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

このレースを狙い打つことが多い厩舎は無く、成績はバラバラ。

関西馬が圧倒的有利。
関東馬は、2008年に1~3着独占したものの、2003、2005、2007、2010、
2011年と5年も関西馬に3着独占を許しています。

⇒軸、相手共に、関西馬中心に。


3.年齢・キャリア
3歳限定戦。キャリアのみ。

2戦 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3戦 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0 20
4戦 1- 2- 0- 14/ 17 5.9% 17.6% 17.6% 12 27
5戦 0- 0- 2- 15/ 17 0.0% 0.0% 11.8% 0 32
6戦 6- 1- 1- 21/ 29 20.7% 24.1% 27.6% 90 45
7戦 1- 2- 3- 10/ 16 6.3% 18.8% 37.5% 51 86
8戦 2- 2- 2- 15/ 21 9.5% 19.0% 28.6% 22 68

9戦 0- 0- 1- 15/ 16 0.0% 0.0% 6.3% 0 11
10戦 0- 0- 0- 14/ 14 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
11戦~ 0- 2- 1- 14/ 17 0.0% 11.8% 17.6% 0 58
16戦~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

キャリア6~8戦に良績が集中。
⇒キャリア6~8戦に注意。


4.脚質、位置取り
平地・逃げ 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 24
平地・先行 6- 4- 3- 29/ 42 14.3% 23.8% 31.0% 56 64
平地・中団 4- 2- 6- 43/ 55 7.3% 10.9% 21.8% 31 46

平地・後方 0- 3- 1- 47/ 51 0.0% 5.9% 7.8% 0 19
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位 5- 2- 0- 4/ 11 45.5% 63.6% 63.6% 168 98
3F 2位 1- 1- 3- 7/ 12 8.3% 16.7% 41.7% 68 79
3F 3位 3- 1- 1- 4/ 9 33.3% 44.4% 55.6% 65 108
3F ~5位 1- 3- 4- 12/ 20 5.0% 20.0% 40.0% 43 108
3F 6位~ 0- 3- 2-101/106 0.0% 2.8% 4.7% 0 12

4角1番手 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 24
2番手以内 3- 3- 1- 15/ 22 13.6% 27.3% 31.8% 24 63
3番手以内 6- 3- 2- 25/ 36 16.7% 25.0% 30.6% 66 64
4番手以内 6- 5- 3- 38/ 52 11.5% 21.2% 26.9% 45 56
5番手以内 6- 5- 3- 40/ 54 11.1% 20.4% 25.9% 44 54
7番手以内 7- 6- 5- 59/ 77 9.1% 16.9% 23.4% 35 46
10番手以内 10- 7- 9- 81/107 9.3% 15.9% 24.3% 38 51
2番手 3- 2- 1- 6/ 12 25.0% 41.7% 50.0% 44 96
3番手 3- 0- 1- 10/ 14 21.4% 21.4% 28.6% 132 66
2~3番手 6- 2- 2- 16/ 26 23.1% 30.8% 38.5% 91 80
2~5番手 6- 4- 3- 31/ 44 13.6% 22.7% 29.5% 54 61
2番手以下 10- 9- 10-119/148 6.8% 12.8% 19.6% 27 42
3番手以下 7- 7- 9-113/136 5.1% 10.3% 16.9% 26 37
4番手以下 4- 7- 8-103/122 3.3% 9.0% 15.6% 14 34
5番手以下 4- 5- 7- 90/106 3.8% 8.5% 15.1% 16 33
7番手以下 4- 5- 5- 80/ 94 4.3% 9.6% 14.9% 18 34
10番手以下 0- 3- 1- 55/ 59 0.0% 5.1% 6.8% 0 16
13番手以下 0- 0- 1- 33/ 34 0.0% 0.0% 2.9% 0 7
16番手以下 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 67


先行、差しタイプを、軸、相手共に。上がり最速を繰り出しそうな場合のみ、追込み馬も抑えておく。
逃げ馬は、よほど地力が無い限りは不要。
⇒軸、相手共に、2~9番手の先行、差し馬をメインに。上がり最速を繰り出しそうな馬にも注意。


5.単勝オッズ分布
1.0~ 1.4 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 110 100
1.5~ 1.9 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0% 170 110
2.0~ 2.9 2- 2- 0- 1/ 5 40.0% 80.0% 80.0% 90 94

3.0~ 3.9 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0% 160 70
4.0~ 4.9 0- 3- 0- 1/ 4 0.0% 75.0% 75.0% 0 137
5.0~ 6.9 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0% 0 69
7.0~ 9.9 3- 0- 3- 5/ 11 27.3% 27.3% 54.5% 235 115
10.0~14.9 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 67
15.0~19.9 0- 1- 0- 11/ 12 0.0% 8.3% 8.3% 0 22
20.0~29.9 0- 0- 3- 8/ 11 0.0% 0.0% 27.3% 0 120
30.0~49.9 0- 1- 1- 22/ 24 0.0% 4.2% 8.3% 0 27
50.0~99.9 0- 0- 0- 24/ 24 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
100.0~ 0- 0- 0- 41/ 41 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


堅い。ダート勝ち馬かつ単勝2.9倍以内の馬は連対を外したことが無いです。
初ダートだったアエローザだけ、しっかり撃沈しています。
単勝50倍以上は苦しい。穴狙いでも、ある程度人気しているところを狙った方が良いでしょう。
⇒ダート勝ちのある単勝2.9倍以内の馬は抜群の安定感。単勝50倍以上は3着以内ゼロ。


6.血統傾向
ロイヤルチャージャxニアークティック系 4- 2- 2-11/19 21.1% 31.6% 42.1% 85 77
ネイティヴダンサーxニアークティック系 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0% 50 34
ロイヤルチャージャxナスルーラ系 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5% 112 106
ネイティヴダンサーxネイティヴダンサー 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 60 75
ナスルーラ系 xニアークティック系 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 52 27
ロイヤルチャージャxネイティヴダンサー 1- 0- 0-15/16 6.3% 6.3% 6.3% 10 6
ニアークティック系xネイティヴダンサー 0- 3- 1-12/16 0.0% 18.8% 25.0% 0 65
ニアークティック系xロイヤルチャージャ 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3% 0 106
ナスルーラ系 xネイティヴダンサー 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0% 0 82
ニアークティック系xナスルーラ系 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 20
ニアークティック系xニアークティック系 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 30
ロイヤルチャージャxロイヤルチャージャ 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 26
マンノウォー系 xニアークティック系 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 460
ネイティヴダンサーxナスルーラ系 0- 0- 0-11/11 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

成績が良いのは、父サンデー系×母父ノーザンダンサー系のパターン。2011年、2012年と連覇中です。
⇒芝でも通用する血統、父サンデー系×母父ノーザンダンサー系に注意。


7.レース間隔と、休み明け後のレース数
連闘 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2週 3- 1- 3- 25/ 32 9.4% 12.5% 21.9% 60 54
3週 0- 0- 1- 13/ 14 0.0% 0.0% 7.1% 0 30
4週 1- 4- 3- 36/ 44 2.3% 11.4% 18.2% 4 37
5~9週 6- 4- 2- 40/ 52 11.5% 19.2% 23.1% 38 44
10~半年 0- 1- 1- 11/ 13 0.0% 7.7% 15.4% 0 28
半年以上 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


明け2戦 1- 0- 2- 13/ 16 6.3% 6.3% 18.8% 20 40
明け3戦 1- 2- 0- 14/ 17 5.9% 17.6% 17.6% 10 28
明け4戦 0- 0- 2- 20/ 22 0.0% 0.0% 9.1% 0 33
明け5戦 2- 0- 2- 8/ 12 16.7% 16.7% 33.3% 35 56
明け6~ 1- 3- 0- 18/ 22 4.5% 18.2% 18.2% 37 47

強いて挙げれば、休み明けが一息というぐらい。レース間隔も明け戦数もばらばらで傾向が掴めません。
⇒休み明けは割引。


8.前走タイム差
勝1.0~1.9 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 106 70
勝0.6~0.9 2- 1- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 60.0% 212 120

勝0.3~0.5 2- 2- 1-13/18 11.1% 22.2% 27.8% 31 55
勝0.1~0.2 1- 1- 1-14/17 5.9% 11.8% 17.6% 18 35
勝0.0 1- 3- 2-13/19 5.3% 21.1% 31.6% 45 63
負0.0 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 100
負0.1~0.2 1- 0- 0-10/11 9.1% 9.1% 9.1% 74 17
負0.3~0.5 1- 0- 2- 7/10 10.0% 10.0% 30.0% 18 86
負0.6~0.9 0- 1- 2-15/18 0.0% 5.6% 16.7% 0 43
負1.0~1.9 0- 1- 1-34/36 0.0% 2.8% 5.6% 0 18
負2.0~2.9 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負3.0~3.9 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負4.0~ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


あからさまに、前走着差と成績が直結します。千切って勝った馬の信頼度は抜群。
一般ではセーフラインの0.9以内でも勝ち馬がおらず、1着の条件は最悪0.5までに踏ん張っていること。
⇒前走着差が良いほど好成績になる。大差負けの巻き返しはせいぜい2着まで。


9.前走人気
前走1人気 6- 3- 3-17/29 20.7% 31.0% 41.4% 84 82
前走2人気 2- 1- 0-20/23 8.7% 13.0% 13.0% 51 23
前走3人気 1- 1- 2-10/14 7.1% 14.3% 28.6% 22 61
前走4人気 1- 2- 1- 8/12 8.3% 25.0% 33.3% 15 74

前走5人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走6~9人 0- 2- 3-23/28 0.0% 7.1% 17.9% 0 41
前走10人~ 0- 1- 1-44/46 0.0% 2.2% 4.3% 0 14


上位人気が強いレースですが、前走人気も同じような傾向。
前走人気を背負い、今回も人気を背負う馬が中心になりそうです。
⇒前走4番人気以内しか、過去10年勝てていない。頭は、この範囲で。


10.臨戦過程
端午S 3- 2- 0-10/15 20.0% 33.3% 33.3% 42 60
昇竜S 3- 1- 3-20/27 11.1% 14.8% 25.9% 71 64

500万下* 2- 1- 1-32/36 5.6% 8.3% 11.1% 33 29
兵庫CG2 1- 3- 2- 5/11 9.1% 36.4% 54.5% 14 105
NHKマG1 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0% 9 49
いぶき賞 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 70
ファルコG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 190
ヒヤシン 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 36
青葉賞G2 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
伏竜S 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
プリンシ 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
葵S 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


端午ステークスと昇竜ステークス組が上位。複勝率は高い兵庫チャンピオンシップ組にも注意。
なお、同舞台のOPENレースであるヒヤシンスステークスは、間隔が開くためか成績が悪いです。
⇒休み明けでない、ダートOPENクラス以上を臨戦した馬が上位。


テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

エプソムカップの解析

過去10年の全着順データです。

2013年エプソムカップ_過去10年戦績



1.騎手
福永祐一 2- 2- 0- 1/ 5 40.0% 80.0% 80.0% 120 136
蛯名正義 1- 2- 0- 5/ 8 12.5% 37.5% 37.5% 42 92
後藤浩輝 1- 1- 2- 5/ 9 11.1% 22.2% 44.4% 220 154
藤田伸二 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0% 66 66
横山典弘 1- 0- 2- 6/ 9 11.1% 11.1% 33.3% 83 63
田中勝春 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0% 93 29
北村宏司 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 150 47
大西直宏 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 152 47
ウィリア 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 370 160
武豊 0- 2- 0- 4/ 6 0.0% 33.3% 33.3% 0 41
勝浦正樹 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 403
松岡正海 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0 50
内田博幸 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3% 0 805
石崎隆之 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 355
M.デム 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 180
丸山元気 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 190
柴田大知 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1950
吉田豊 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
柴田善臣 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

美浦 6- 5- 8-110/129 4.7% 8.5% 14.7% 46 100
栗東 3- 5- 0- 31/ 39 7.7% 20.5% 20.5% 23 32
地方 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 236
外国 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0% 46 42

福永騎手の4連対は全て2番人気以内ですが、それでも結果をしっかり残せているのは流石。
関東、関西騎手の成績優劣はありません。
⇒地力ある馬に福永騎手が騎乗した場合は注意


2.厩舎
(美)田中清隆 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0% 237 87
(栗)池江泰寿 1- 2- 0- 0/ 3 33.3% 100.0% 100.0% 123 136
(美)藤沢和雄 1- 0- 1- 8/10 10.0% 10.0% 20.0% 135 55
(美)堀宣行 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 120 70
(美)和田正道 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 990 185
(栗)領家政蔵 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 180 85
(栗)増本豊 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 375 120
(美)戸田博文 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 330 140
(栗)野元昭 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 930 290
(美)尾形充弘 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 302
(栗)西園正都 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0 73
(栗)大久保龍 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 80
(栗)石坂正 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 105
(栗)山内研二 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 190
(美)笹倉武久 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 350
(栗)古川平 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 320
(美)清水利章 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 360
(栗)松田博資 0- 0- 2- 3/ 5 0.0% 0.0% 40.0% 0 150
(美)松山康久 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 177
(美)高橋裕 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 63
(美)国枝栄 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 40
(栗)加用正 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 487
(美)宗像義忠 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 180
(美)矢野照正 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 5640
(美)小島太 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

美浦 6- 3- 7- 76/ 92 6.5% 9.8% 17.4% 52 112
栗東 4- 7- 3- 73/ 87 4.6% 12.6% 16.1% 27 56
地方 0- 0- 0- 0/ 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

3戦全て1番人気ですが、全連対の池江厩舎に要注意。
関東馬の方がやや成績が良い、それほど差はありません。
⇒池江厩舎所属の、地力ある馬に注意


3.年齢・キャリア
3歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
4歳 6- 4- 3- 26/ 39 15.4% 25.6% 33.3% 103 68
5歳 3- 5- 1- 45/ 54 5.6% 14.8% 16.7% 53 40
6歳 1- 1- 2- 38/ 42 2.4% 4.8% 9.5% 7 31
7歳以上 0- 0- 4- 39/ 43 0.0% 0.0% 9.3% 0 211

6~10戦 2- 3- 2- 10/ 17 11.8% 29.4% 41.2% 35 67
11~15戦 3- 1- 2- 17/ 23 13.0% 17.4% 26.1% 62 69

16~20戦 3- 2- 0- 29/ 34 8.8% 14.7% 14.7% 95 40
21~30戦 2- 2- 2- 51/ 57 3.5% 7.0% 10.5% 34 25
31戦~ 0- 2- 4- 42/ 48 0.0% 4.2% 12.5% 0 201

若さがものを言うレース。年齢、キャリア共に顕著です。
4歳馬が、過去10年中5年で2頭馬券に絡んでいます。但し、3頭絡んだことはありません。
4歳を上位と見るなら、4歳2頭+5歳以上で組み立てるのが良いでしょう。
⇒4歳馬が中心。キャリアは、6~15戦あたりがベスト。


4.脚質、位置取り
平地・逃げ 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0% 0 621
平地・先行 7- 2- 5- 24/ 38 18.4% 23.7% 36.8% 153 130
平地・中団 3- 4- 2- 71/ 80 3.8% 8.8% 11.3% 18 37
平地・後方 0- 2- 1- 47/ 50 0.0% 4.0% 6.0% 0 17
平地・マクリ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 180
3F 1位 1- 4- 2- 6/ 13 7.7% 38.5% 53.8% 25 150
3F 2位 2- 1- 1- 7/ 11 18.2% 27.3% 36.4% 248 175
3F 3位 3- 1- 1- 7/ 12 25.0% 33.3% 41.7% 160 80
3F ~5位 2- 1- 2- 14/ 19 10.5% 15.8% 26.3% 67 54
3F 6位~ 2- 3- 4-115/124 1.6% 4.0% 7.3% 7 75


4角1番手 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0% 0 795
2番手以内 0- 4- 3- 17/ 24 0.0% 16.7% 29.2% 0 372

3番手以内 5- 4- 5- 24/ 38 13.2% 23.7% 36.8% 122 277
4番手以内 7- 4- 7- 31/ 49 14.3% 22.4% 36.7% 118 231
5番手以内 7- 5- 7- 41/ 60 11.7% 20.0% 31.7% 97 192
7番手以内 9- 6- 7- 64/ 86 10.5% 17.4% 25.6% 75 140
10番手以内 10- 7- 8- 87/112 8.9% 15.2% 22.3% 64 118
1/3頭以内 8- 5- 7- 46/ 66 12.1% 19.7% 30.3% 93 177
1/2頭以内 10- 7- 7- 74/ 98 10.2% 17.3% 24.5% 74 127
2/3頭以内 10- 8- 9-102/129 7.8% 14.0% 20.9% 56 111
2番手 0- 2- 1- 11/ 14 0.0% 14.3% 21.4% 0 71
3番手 5- 0- 2- 7/ 14 35.7% 35.7% 50.0% 332 115
2~3番手 5- 2- 3- 18/ 28 17.9% 25.0% 35.7% 166 93
2~5番手 7- 3- 5- 35/ 50 14.0% 20.0% 30.0% 116 71
2番手以下 10- 8- 8-143/169 5.9% 10.7% 15.4% 42 43
3番手以下 10- 6- 7-132/155 6.5% 10.3% 14.8% 46 40
4番手以下 5- 6- 5-125/141 3.5% 7.8% 11.3% 18 33
5番手以下 3- 6- 3-118/130 2.3% 6.9% 9.2% 11 30
7番手以下 2- 5- 3-103/113 1.8% 6.2% 8.8% 9 31
10番手以下 0- 3- 3- 74/ 80 0.0% 3.8% 7.5% 0 34
13番手以下 0- 2- 1- 47/ 50 0.0% 4.0% 6.0% 0 17
16番手以下 0- 0- 1- 22/ 23 0.0% 0.0% 4.3% 0 8


3~9番手につけて、上がり5位以内を繰り出した馬しか勝てていません。
ある程度前に付けて、終いの脚もしっかりしている馬が中心。
危険視したいのは、後方待機タイプ。上がり最速でも複勝率があまり高くありません。
逆に、人気薄の逃げ馬には要注意。ペースを問わず、残ってしまうことがあります。
⇒3~9番手から終い確りの馬を頭に、人気薄の逃げ馬を相手で注意


5.単勝オッズ分布
1.0~ 1.4 0- 0- 0- 0/ 0
1.5~ 1.9 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 120
2.0~ 2.9 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0% 60 97
3.0~ 3.9 4- 1- 1- 2/ 8 50.0% 62.5% 75.0% 175 118
4.0~ 4.9 0- 0- 0- 0/ 0
5.0~ 6.9 1- 3- 2- 6/ 12 8.3% 33.3% 50.0% 50 98
7.0~ 9.9 2- 2- 0- 9/ 13 15.4% 30.8% 30.8% 129 92

10.0~14.9 1- 2- 1- 13/ 17 5.9% 17.6% 23.5% 79 73
15.0~19.9 1- 0- 0- 13/ 14 7.1% 7.1% 7.1% 141 26
20.0~29.9 0- 0- 2- 17/ 19 0.0% 0.0% 10.5% 0 65
30.0~49.9 0- 0- 0- 25/ 25 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
50.0~99.9 0- 0- 1- 29/ 30 0.0% 0.0% 3.3% 0 32
100.0~ 0- 0- 2- 34/ 36 0.0% 0.0% 5.6% 0 210


単勝オッズが10倍を切る馬の複勝率は安定しており、人気薄が複数台頭するケースは稀。
但し、単勝50倍以上の馬が3頭も3着に来ており、1頭は大幅人気薄の馬を抑えておきたい。
⇒単勝10倍以下の馬が中心、相手には50倍以上の人気薄を警戒


6.血統傾向
ロイヤルチャージャxニアークティック系 2- 2- 2-38/44 4.5% 9.1% 13.6%
ニアークティック系xニアークティック系 2- 0- 0- 8/10 20.0% 20.0% 20.0%
ロイヤルチャージャxナスルーラ系 1- 2- 2-13/18 5.6% 16.7% 27.8%
ニアークティック系xロイヤルチャージャ 1- 1- 1- 1/ 4 25.0% 50.0% 75.0%
ネイティヴダンサーxロイヤルチャージャ 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0%
ロイヤルチャージャxロイヤルチャージャ 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
ニアークティック系xネイティヴダンサー 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
ロイヤルチャージャxその他のエクリプス 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

ニアークティック系xナスルーラ系 0- 1- 1-15/17 0.0% 5.9% 11.8%
ネイティヴダンサーxニアークティック系 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0%
ナスルーラ系 xセントサイモン系 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
マンノウォー系 xニアークティック系 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ナスルーラ系 xロイヤルチャージャ 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
セントサイモン系 xナスルーラ系 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
ロイヤルチャージャxネイティヴダンサー 0- 0- 0-13/13 0.0% 0.0% 0.0%
ニアークティック系xその他のエクリプス 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
ナスルーラ系 xネイティヴダンサー 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%

父ノーザンダンサー系が10年中4勝。サンデーサイレンス産駒は2着すらない。
しかし、ディープインパクト産駒は昨年ワンツー。父に関しては血統傾向がバラバラ。
ただ、10年の優勝馬全て、父か母父にヘイルトゥリーズンかノーザンダンサーの血を含有していた。
⇒軸は、父か母父がヘイルトゥリーズン系かノーザンダンサー系であること


7.レース間隔と、休み明け後のレース数
連闘 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 190
2週 0- 0- 0- 17/ 17 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3週 0- 2- 0- 17/ 19 0.0% 10.5% 10.5% 0 30
4週 3- 2- 0- 28/ 33 9.1% 15.2% 15.2% 69 44
5~9週 6- 5- 8- 52/ 71 8.5% 15.5% 26.8% 66 92

10~半年 1- 0- 1- 19/ 21 4.8% 4.8% 9.5% 11 40
半年以上 0- 0- 1- 16/ 17 0.0% 0.0% 5.9% 0 331


明け2戦 3- 3- 0- 25/ 31 9.7% 19.4% 19.4% 86 41
明け3戦 1- 4- 1- 22/ 28 3.6% 17.9% 21.4% 26 47
明け4戦 1- 0- 1- 14/ 16 6.3% 6.3% 12.5% 23 20
明け5戦 0- 2- 0- 12/ 14 0.0% 14.3% 14.3% 0 37
明け6~ 4- 1- 6- 41/ 52 7.7% 9.6% 21.2% 62 102

休み明けは割引が必要。ある程度間隔をあけた馬が好成績。
休み明け後の出走数は問わない。
⇒中3週~8週あたり、ある程度余裕を以て調整された馬が中心


8.前走タイム差
勝0.6~0.9 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 113 290
勝0.3~0.5 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0% 82 157

勝0.1~0.2 2- 0- 0- 11/ 13 15.4% 15.4% 15.4% 118 36
勝0.0 0- 2- 1- 6/ 9 0.0% 22.2% 33.3% 0 84
負0.0 1- 0- 2- 2/ 5 20.0% 20.0% 60.0% 48 102
負0.1~0.2 0- 1- 2- 13/ 16 0.0% 6.3% 18.8% 0 28
負0.3~0.5 3- 3- 1- 25/ 32 9.4% 18.8% 21.9% 115 107
負0.6~0.9 2- 2- 1- 36/ 41 4.9% 9.8% 12.2% 27 47
負1.0~1.9 0- 0- 2- 42/ 44 0.0% 0.0% 4.5% 0 140
負2.0~2.9 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負3.0~3.9 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
負4.0~ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0


前走千切って臨む馬は、条件戦勝ち上がりが多いが、そのままの勢いで好走するケースが多い。
前走の成績が直結するレースで、タイム差1.0以上千切られた馬は3着まで。
⇒タイム差0.3以上付けた馬は条件問わず注意、タイム差1.0以上で負けた馬は3着まで


9.前走人気
前走1人気 0- 2- 4- 12/ 18 0.0% 11.1% 33.3% 0 92
前走2人気 6- 1- 2- 8/ 17 35.3% 41.2% 52.9% 317 121
前走3人気 0- 4- 0- 10/ 14 0.0% 28.6% 28.6% 0 82
前走4人気 1- 1- 0- 13/ 15 6.7% 13.3% 13.3% 24 25
前走5人気 2- 0- 0- 9/ 11 18.2% 18.2% 18.2% 114 39
前走6~9人 1- 1- 1- 51/ 54 1.9% 3.7% 5.6% 4 15
前走10人~ 0- 1- 3- 45/ 49 0.0% 2.0% 8.2% 0 178


前走5番人気以内が頭として信頼できる。特に、前走2番人気はなぜか好成績。

前走6番人気以下は極めて複勝率が悪く、よほどのことが無ければ嫌いたい。
⇒前走5番人気以内が軸の中心、前走6番人気以下は複勝率が極めて低い


10.臨戦過程
新潟大賞HG3 4- 2- 4-30/40 10.0% 15.0% 25.0% 76 118
マイラーG2 2- 2- 0- 2/ 6 33.3% 66.7% 66.7% 121 100

オースト 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0% 116 51
都大路SH 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6% 282 82
産経大阪G2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 120 70
府中S1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 340 160
メイS 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5% 0 27
京王杯スG2 0- 1- 0- 9/10 0.0% 10.0% 10.0% 0 32
安田記念G1 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 95
朱雀SH1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 140
フリーウ1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 350
きぼう賞1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 360

都大路S 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0 135
新潟記念HG3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 5640
メトロポH 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 180
アメジH1600 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 710
ヴィクトG1 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
目黒記念HG2 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

新潟大賞典組は、2003年と2010年以外で1~2頭馬券に絡んでいる。要注意。
マイラーズカップ組は、京都開催となった昨年1~3番人気を独占し、ワンツー。これも要注意。
また、勝ち馬限定だが、前走1600万下臨戦組にも注意。
⇒新潟大賞典、マイラーズカップ、前走1着(出来れば千切っていること)の1600万下組に注意

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

安田記念の解析

過去10年の全着順データです。

2013年安田記念_過去10年戦績



■有利・不利な傾向
1.距離短縮組が優勢、距離延長組は不利

京王杯スG2 2- 3- 1-44/50 4.0% 10.0% 12.0% 38 54
ヴィクトG1 2- 0- 1-11/14 14.3% 14.3% 21.4% 42 64
CマイG1 1- 1- 2-17/21 4.8% 9.5% 19.0% 30 84
産経大阪G2 1- 1- 1- 1/ 4 25.0% 50.0% 75.0% 282 195
DDFG1 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 146 316
かきつG3 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 313 120
NHKマG1 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 1465 355
メイS 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1390 470
マイラーG2 0- 2- 5-28/35 0.0% 5.7% 20.0% 0 93
都大路SH 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 128
京阪杯HG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 600
ダービーHG3 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
中山記念G2 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

1200m 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1400m 3- 3- 1- 49/ 56 5.4% 10.7% 12.5% 50 55
1600m 4- 4- 8- 76/ 92 4.3% 8.7% 17.4% 45 79
1800m 1- 1- 0- 9/ 11 9.1% 18.2% 18.2% 126 97
2000m 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3% 125 86


上記は、主要臨戦過程と、前走距離。ご覧の通り、有利・不利な臨戦過程が見えにくい。
ただ、数値上は成績の良いヴィクトリアマイル組の2勝は、
牡馬混合戦でも結果を出していたウオッカによるもの。
それ以外では連対すらできておらず、牡馬混合の目処が立っていない場合は危険視したい。

わずか4頭だが、大阪杯組が好成績。
中8週というゆとりある間隔に、タフな中距離を臨戦した経験が活きるのだろう。
東京マイルでは0-0-0-4と用無しだったカンパニーを除いた3頭全て3着以内。
本舞台の適性が無いと分かっていない場合は注意したい臨戦過程。

前走距離に関しては、伸びれば伸びるほど複勝率が良くなる。穴は距離短縮組だ。



2.偶々だと思うが、圧倒的に6歳以上が有利
3歳 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 1465 355
4歳 1- 4- 2- 36/ 43 2.3% 11.6% 16.3% 9 71
5歳 1- 3- 3- 53/ 60 1.7% 6.7% 11.7% 3 44
6歳 6- 0- 5- 32/ 43 14.0% 14.0% 25.6% 134 110
7歳以上 1- 3- 0- 28/ 32 3.1% 12.5% 12.5% 20 61

3~ 5戦 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 2930 710
6~10戦 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 60
11~15戦 1- 5- 3- 34/ 43 2.3% 14.0% 20.9% 9 85
16~20戦 1- 2- 3- 29/ 35 2.9% 8.6% 17.1% 19 71
21~30戦 5- 2- 4- 54/ 65 7.7% 10.8% 16.9% 60 76
31戦~ 2- 0- 0- 22/ 24 8.3% 8.3% 8.3% 84 30

過去10年で6歳以上が7勝。2006年は7歳馬のワンツーだった。
不自然なまでに、ここ10年に限れば年配の馬が好成績。

キャリアが浅い馬が、熟練の馬に敗れるケースが多い。
このレースに限れば、キャリア豊富な馬の方が有利。



3.休み明けは不利だが、明け2走目には要注意
連闘 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2週 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 695 235
3週 4- 3- 3- 59/ 69 5.8% 10.1% 14.5% 36 58
4週 2- 1- 1- 14/ 18 11.1% 16.7% 22.2% 198 125
5~9週 3- 4- 6- 57/ 70 4.3% 10.0% 18.6% 35 72
10~半年 0- 1- 0- 17/ 18 0.0% 5.6% 5.6% 0 42
半年以上 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 300


明け2戦 4- 3- 3- 24/ 34 11.8% 20.6% 29.4% 93 109
明け3戦 1- 2- 0- 28/ 31 3.2% 9.7% 9.7% 94 49
明け4戦 1- 2- 1- 17/ 21 4.8% 14.3% 19.0% 8 64
明け5戦 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
明け6~ 4- 1- 6- 56/ 67 6.0% 7.5% 16.4% 54 77

休み明けで2着に入ったのは、中9週とそれほど間隔が開いていなかったアサクサデンエン、
キャリア7戦目且つ長期休養明けで好走してしまったアドマイヤマックスだけ。

順調に使われている馬が強い。中1週で挑んだショウワモダンの例もあり、強行軍でも問題無し。

また、休み明け2走目の成績が最も安定している。この前走着順の内訳を以下に示す。
前走1着 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走2着 0- 2- 0- 0/ 2 0.0% 100.0% 100.0% 0 205
前走3着 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 110 265
前走4着 2- 0- 1- 3/ 6 33.3% 33.3% 50.0% 268 150

前走5着 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 128
前走6~9着 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3% 188 116

前走10着~ 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

あまりにも露骨に明暗が分かれており、前走1着または大敗なら消し、好走していれば買い。
休み明けで勝てなかったがある程度好走し、2走目で安田記念に挑む馬には要注意。



上記を踏まえたうえで、データ推奨馬を挙げます。
【推奨馬】
・②ショウナンマイティ 牡5 浜中騎手 58キロ
・⑫ダークシャドウ 牡6 戸崎騎手 58キロ


大阪杯臨戦、前者2着後者5着、特にダークシャドウは好成績の6歳馬。
さらに、ここが休み明け2走目。データ上は文句なしの位置にいる。

5歳馬は複勝率が最低だが、馬券にまったく絡んでいないわけでもないのであまり気にしなくてもいいと思う。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

目黒記念の解析

過去10年の全着順データです。

2013年目黒記念_過去10年成績



■有利・不利な傾向
1.関西馬が圧倒的有利
美浦 0- 6- 5- 56/ 67 0.0% 9.0% 16.4% 0 98
栗東 10- 4- 5- 85/104 9.6% 13.5% 18.3% 86 75

関東馬は、人気(馬の質)、出走頭数、着順全て関西勢に劣ります。
但し、3着まで独占したのは2006年だけで、関東馬が1ないし2頭は3着以内に絡んでくることも、
覚えておいた方が良いでしょう。

軸は関西馬から、相手には必ず1頭は関東馬を抑える、という方針で。



2.前走芝2400m以上から臨戦する馬が中心
天皇賞春G1 3- 3- 2-27/35 8.6% 17.1% 22.9% 82 67
メトロポH 3- 1- 0-33/37 8.1% 10.8% 10.8% 65 22

烏丸SH1600 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2% 84 71
新潟大賞HG3 1- 0- 1-11/13 7.7% 7.7% 15.4% 149 56
白川特別1000 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 335 130
DSCG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 290 160

1600m 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1800m 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 117
2000m 1- 3- 2- 27/ 33 3.0% 12.1% 18.2% 58 96
2100m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2200m 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2400m 6- 2- 3- 51/ 62 9.7% 12.9% 17.7% 66 104
2500m 0- 0- 2- 10/ 12 0.0% 0.0% 16.7% 0 43
2600m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3000m 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 120
3200m 3- 3- 2- 27/ 35 8.6% 17.1% 22.9% 82 67
3400m 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 260
3600m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

臨戦過程は、東京芝2400mのメトロポリタンステークスと、京都芝3200m・外の
天皇賞(春)組が圧倒的に多い。
複勝率は大したことが無いので信頼には足りませんが、1頭は抑えておきたいところ。

また、芝2400m以上の経験は必須と言わんばかりに、芝2400m以上から臨戦した馬が9勝。
例外のミヤビランベリは、オペラハウス×ホリスキーというコテコテのステイヤー血統で、
2戦目で芝2500mを圧勝した距離実績がありました。

芝2400m以上からの臨戦、または芝2500m以上の勝利実績は重要。



3.格は関係なし、格上挑戦でも好走できる
1000万下 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0% 83 80
1600万下 1- 2- 1- 17/ 21 4.8% 14.3% 19.0% 36 91
OPEN特別 3- 2- 2- 59/ 66 4.5% 7.6% 10.6% 36 81

G3 1- 1- 3- 14/ 19 5.3% 10.5% 26.3% 102 172
G2 0- 1- 0- 15/ 16 0.0% 6.3% 6.3% 0 15
G1 3- 4- 3- 30/ 40 7.5% 17.5% 25.0% 72 70

一応複勝率では、重賞臨戦馬が面目を保っているものの、ここ10年で半分は前走重賞でない
馬が勝っています。
1000万下からの臨戦で優勝したのは、後に2連覇するポップロック54キロ。
3連勝の勢いや血統だけでなく、同馬は芝2500mを2勝しており、距離適性の裏付けがありました。

距離不安の実績馬よりも、ハンデが軽く距離をこなせる下地がある格上挑戦の方が、
よっぽど色気がある
ということ。



上記を踏まえたうえで、データ推奨馬を挙げます。
【推奨馬】
・④ムスカテール 牡5 56キロ 内田博騎手

特別展望で述べた、血統有利のマヤノトップガン産駒。絶好の舞台。
前走の大敗は、逃げ馬を捌ききれず全く競馬になっておらず、度外視。
関西馬はハンデが見込まれた馬が多い中、この馬とカポーティスターは前走の大敗を気にしてか、
程よい斤量。
1-1-1-0の内田博騎手への大幅鞍上強化も心強い限り。(データでは)関西馬の大将格。

・②コスモロビン 牡5 56キロ 柴田大騎手

前走1600万下で、トップハンデ58キロかつ長期休養明けで勝ちを収めての臨戦。
昨年の同舞台3着、芝2500m2勝と距離適性は文句なし。
重賞どころかOPENクラス勝ちすらない馬ですが、実績を理由に人気落ちすれば美味しい。
(データでは)関東馬における、相手候補の筆頭と言えます。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

自己紹介

セイショウ

Author:セイショウ
2015年は貯金とデータ集めに専念、馬券は来年から始めたいと思います。

食好み:魚>野菜=鶏肉>豚肉
仕事:就業予定
年齢:シービーの1つ上
趣味:読書、三国志(正史寄り)、ゲーム
好きな馬:ナリタブライアン
苦手な馬:人気先行
好きな酒:焼酎、ウイスキー
好きな競馬関係者:積極果敢、謙虚、潔い
嵌る予定のゲーム:三国志13(最高15000円するそうです)

2013年度成績
【中央重賞】
成績詳細:2013年7月1日時点(不定期)
回収率:107.7% 55戦11勝
収支:328,500円→353,760円
本命成績:11-9-3-32
※ダート短距離勝負と合算のため、 画像内容と回収率不一致。別口座にすべきだった。

【地方交流重賞】
※今年は敗北が確定したため終了
回収率:31.35% 10戦1勝
収支:60,000円→18,810円
本命成績:4-2-2-2

【選出ダート短距離勝負】
※対象レース数過少のため終了
回収率:38.3% 3戦0勝
収支:18,000円→6,890円
本命成績:0-1-1-1
カテゴリ
2013年度 万馬券履歴
京都金杯      3連複   11990円
東京スプリント   3連単   15750円
青葉賞         馬連   30590円
 〃           馬単   71140円
平安ステークス  3連単   15630円
エプソムカップ   3連単   34300円
2012年度成績
【中央競馬】
回収率:107.9% 121戦18勝
収支:724,500円→781,890円
本命成績:25-23-10-63
※回収率100%超え達成!

【地方競馬】
回収率:80.2% 30戦7勝
収支:95,300円→76,480円
※回収率100%超えならず・・・

【2012年度 万馬券的中履歴】
佐賀記念       馬単  14940円
弥生賞        馬単  22190円
中日新聞杯      馬単  12230円
大阪杯       3連単  11540円
青葉賞       3連複  48540円
 〃        3連単  189270円
札幌記念      3連単  10590円
金鯱賞        馬単  15280円
 〃        3連複  12810円
 〃        3連単  91410円
カペラステークス  3連複  10460円
本日までの訪問者数
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
リンク先最新記事
ランキング
ランキング参加中です!



相互リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクをご希望の方は、
直近の記事にコメント下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
307位
アクセスランキングを見る>>
楽天株式会社
健康コーポレーション株式会社
GMOインターネット株式会社
楽天カード株式会社
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉
A8.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。