スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくつか

皆様こんにちは。

さて。

ひとまず仕事が決まり、ホッとしています。ただ、保険料、税金の支払いなどなど、懐が心もとないので、
今年は貯金に専念し、データ集めだけにしておこうと思います。
それでも、Data Labを再契約できるようになっただけでも進歩あり。いつの間にか値上がりしているけれども……。

月額2,052円(税込)+プラス540円!後者のレーシングビュアーは、当日の馬場確認が主目的なので
不要ですね。
色々変わったであろうデータ集めに、そろそろサンプル数も増えた新コース中京関連も本格的に取得し始めたい。

それほど多忙でもないはずなので、土日に簡易予想や回顧、データ取りをすることになると思います。
なお、地方はもう観るだけにします。妙味はないのに心臓に悪い。3連単160円は忘れられません。

あとはまた病気しないようとにかく健康第一で……。

最後に、競馬に関することでいくつか。

・ドゥラメンテが故障とのこと。何とも残念だが、これだけの成績を残した馬だけに、
復帰を急がずじっくり療養させてほしい。

・宝塚記念は16頭、一頭の回避もなく。ゴールドシップに付け入る隙ありということか。
土曜の特別芝レースは直前までの雨の影響か稍重にしてもかなり時計を要しており、明日晴れたとしても
遅めの決着時計になりそう。
逃げ馬がいないため前半置かれる心配もなく、3連覇に、これ以上ないお膳立てが出来ているように思う。
最も鞍上にとって苦労が無い戦法、逃げるかもしれませんね。
スポンサーサイト

停滞前線による気温低下で体調不良

皆さまこんばんは。

気温はそうでもないのですけれど、風が冷たい。節々が痛く、性質の悪い風邪を引いています。

さて。

唐突に2重賞について触れます。
回顧は、無理そうです。

【鳴尾記念】
かつては芝2500mで行われ、その後改装時に芝1800m・外、そして宝塚記念の前哨戦という位置付けのために
今の芝2000mと、条件が変わり続けている重賞。
GⅢながらクラス別定(賞金ではなく格の実績に基づいて斤量設定)、相手が揃うからなのか少頭数になることが多い。
今年も実力馬が揃った。

ラブリーデイは余裕残しで大外ぶん回しながらの快勝。宝塚記念に向けて弾みを付ける。
マジェスティハーツは分かりやすい程平坦で凡走し、坂のあるコースに強い。七夕賞に出てきたら穴で一考。
アズマシャトルはこの人気では手が出ない。
エアソミュールは妥当な線。10勝もしていながら未だGⅠ未出走。

【安田記念】
かなり小粒な相手構成。1番人気がハンデ重賞1勝、2番人気に至っては未勝利。
掲示板を重賞勝ち馬が占めたわけでもなく、勢いが時に実績を凌駕するということか。

モーリスは懸念のスタートも東京も長い直線も意に介さず。ただ、最後の12.2からどちらかというと瞬発型と見る。
ヴァンセンヌは意見が分かれそうだが最後の脚色から短距離の方がいいかもしれない。
クラレントは7勝中6勝が重賞と実績なら最上位。この人気の無さは美味しかったろう。
フィエロは全く妥当な線。この馬のほうこそ危険だったか。常に人気先行。
ケイアイエレガントは3着馬と並んで穴と見ていた馬。積極的な競馬から地力を出し切った。

上記から、3頭詳細を。

ラブリーデイ
前走は消耗戦に巻き込まれながらも健闘しており、それほど悪い内容でもなかったのになぜか低評価。
抜けた1番人気を想定していただけに競馬とは面白い。
使われ続けていることや、仮に宝塚記念に出走する場合は中2週になるため、状態次第で。
軽快さを武器としており、人気が予想されるゴールドシップは破れる可能性十分。

モーリス
直線に向くまでは全く不安を感じさせない競馬ぶり。
ただ、馬なりで先頭に立って一気に後続を離したらすぐに脚が無くなってしまい、同じように最後失速したように見える
ヴァンセンヌに追撃される格好に。
脚の持続力はそうでもなさそうで、そういう意味でも鞍上の仕掛けは良かったということか。
次は同じく実績のない京都か、それとも別路線、天皇賞(秋)か。

ヴァンセンヌ
前走と異なり、それなりに流れながらまあまあの位置取り。内に入る。
直線でも内に進路取り。前が詰まる。外々に出してから一気の末脚で勝ち馬に迫るが、そこまでの250mあたりで
脚を使い切ったのか差し切れなかった。
騎手は差し返されたと言っているが、この馬も止まっているように見える。
個人的にはスプリンターズステークスあたりを目指してほしいと思う。

これで残すはグランプリ宝塚記念のみ。理屈抜きで好きな馬を応援するレース。ドリームジャーニーの時は思わず。
世界では数十年ぶりの快挙とされるアメリカ三冠馬が活躍するなどにぎわっています。
凱旋門賞もいいですが、ダートの海外大レース挑戦も見てみたい。

東京優駿、目黒記念 回顧もとい感想

皆様こんにちは。

以下長文にならないよう、気を付けたいと思います。

********************************************************************************
【東京優駿(通称:日本ダービー)】
タイム 2.23.2
ハロンタイム 12.7 - 10.9 - 11.8 - 11.7 - 11.7 - 12.5 - 12.5 - 12.4 - 12.4 - 11.9 - 11.0 - 11.7
上り 4F 47.0 - 3F 34.6

コーナー通過順位
1コーナー 10,17(3,18,16)9,8(1,14)7(4,12)13(5,11)15-2,6
2コーナー 10,17(3,16)18-9,8,14,1(4,7)(12,13)(5,11)-15,2-6
3コーナー 10,17(3,16)18(8,9)14,1,7(4,13)12(5,11)(2,15)6
4コーナー (*10,17)(3,18,16)9(8,1,14)(4,13,7)(5,12,11)(2,15)6

不安視した馬が上位に来ました。これが負けパターン。しかも後者に至っては高速馬場で最速上がりですから、
もう見当違いもいいところ。

1着のドゥラメンテは、1コーナーの位置取りで少なくとも連対はすると思わせる走り。
直前でどんどん人気したように、それほど入れ込みもなく程よい仕上がりに見えた。
悪くないスタートから、うまくいく気をなだめつつも喧嘩もしないようミルコ騎手の折り合い技術が冴えた。
前走は一瞬の脚、今回は脚の持続力、両方で優れた資質を見せつけ2冠達成。

2着のサトノラーゼンは、勝ち馬とほぼ同じ位置。何かをマークしたところで差せる脚もないので、
おそらく自分の競馬をした結果の位置取りと思う。
直線では、やや内が荒れているのか馬場の2~3分どころに出す。ただ、勝ち馬にあっさり突き放されてしまう。
それでも最後まで脚を使い2着を確保。別路線組で唯一の掲示板確保。

3着のサトノクラウンは、上がり最速33.8。スタートがあまり良くなく、中団よりの後方から。
前走で脚を使えなかったことを気にしてか、大外ぶん回し。一呼吸待って内に進路取る手もあったように思う。
ジワジワとは追いすがっているが、切れない。2着馬を交わそうかというところでゴール。
ただ、ロスなく進んだ2着馬と対象的だった分、地力は示したと思う。菊花賞では面白そう。

4着のリアルスティールの騎手は、色々と意味が分からなかった。
スタートがあまり良くなかった上、位置取りが勝ち馬より後ろ、直線もロスを考えず外に出し斜行している。
ひょっとしたら状態面の不安があったのだろうか。共同通信杯から4戦目。しかも3回連続の関東輸送。

その他、目についたのは一か八かの逃げに打った横山典騎手、直線だけの競馬なのに全く差が縮まらなかった
ポルトドートウィユ、菊花賞で面白いと思っていた、鈍足ぶりを見せたレーヴミストラル。
1番手はレースを盛り上げることはできたが、流石に上手く息を入れても距離が長かったか。
2番手は地力負け。この内容からは途轍もなく急上昇しない限りはまず今後の活躍も厳しいように思う。
3番手はゴールドシップの様な馬。脚は遅いがバテない。菊花賞や長距離、グランプリで面白い。

********************************************************************************
【目黒記念】
タイム 2.29.7
ハロンタイム 7.1 - 11.5 - 11.7 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.5 - 12.2 - 11.7 - 11.6 - 11.4 - 12.0
上り 4F 46.7 - 3F 35.0

コーナー通過順位
1コーナー 17-18(6,10)3,2,8(1,14)4(5,12)11(7,16)9,15,13
2コーナー 17=18(6,10)3,2,8(1,14)4(5,12)11,7(16,13)9,15
3コーナー 17-10(18,6)3,2(8,14,13)(1,4,12)(5,11,15,16)(7,9)
4コーナー (*17,10)(18,6,3)(2,8,14)(1,4,12)(5,11,15,13)16(7,9)

逃げたメイショウカドマツが後続を離しつつも上手くペースを落とした。それを察知したのかニューダイナスティが
早目に潰しにかかり、ただでさえ持久力を要するコースで上がり4ハロンの競馬になってしまった。
それでも最後まで止まらなかった逃げ馬は強かった。

1着のヒットザターゲットは7歳ながら重賞3勝、前走もタイム差0.6と健闘している。
道中は好位よりの中団。上位を占めた馬たちとほぼ同じ位置。
違いは、2、3着馬の騎手が逃げ馬を捕えようと早目に仕掛けたのに対し、
こちらは進路が空かなかったことも幸いしてか坂を上ってから追い出し開始。
違う脚色であっさり前を捕え切り、地力の差を見せつけた。重賞未勝利馬には負けられぬ、というレースぶり。

2、3着馬は通った進路こそ違うものの、早い仕掛けのためか逃げ馬と同じ残り100mで止まってしまった。
結局メイショウカドマツを捕えるにとどまった。
ただ、前が止まらない馬場を考慮してのものかもしれない。展開の綾もあったか。

逃げたメイショウカドマツは、粉をかけに来たニューダイナスティを難なく突き放した時点で勝ったかと思ったが、
最後は持久力が足りなかったか。荒れているらしい内を懸念して、
上位が離れた位置にいたため併せ馬にならなかったこと、
また仲良く1,2,3番と決まって大外17番というのも影響したかもしれない。
前々走は逃げられず大敗しているので、逃げてこそなのだろう。

今週で東京芝のGⅠは終了。この路線も突き抜けた馬がおらず大混戦模様ですが、
とりあえずモーリスは危険と思っています。東京は一度だけ、それも負け。わかりやすく人気しそうで危うい。
逆に人気落ちして巻き返しそうなのがダイワマッジョーレ。

第82回東京優駿 予想だけ(悲)

皆さまこんばんは。

折角だから100円だけでも、と思ったらしばらく使用していないため解約されてしまっていました。
あちこちでさり気に宣伝していたこちらはどうやら競馬を真面目にやっている人からはなかったことにされました。
でも自分の主張を表現するだけ、リンクを張る価値は十分。他者の言葉を引用、なんと怠惰。

今日の東京では半端な雨予報ですが、気圧配置や天気図を見る限り、小さな雨雲が局地的に発生しては
弱い雨を降らせる程度、実質影響はないと見ます。

現在のオッズを元に、妙味も鑑みつつ、陣営共々攻めの予想をしようと思います。
買うつもりだったのでかなり時間をかけています。裏目に出ないことを願うばかり。

◎⑬リアルスティール
不安要素がなく、雨が残らないのも好都合。
強いて挙げれば、気性難の馬が隣におり、そのあおりを喰らう可能性があるかもしれないぐらい。
すんなり好位を取り、直線残り400mで逃げ馬の2番手につけ、
後ろを見つつ一気に抜けるか、ある程度我慢するか。ここが鞍上の腕の見せ所。

〇①サトノラーゼン
前に行かないと苦しい馬その1。上がり33秒台を9戦計時していないので、
4ハロンの競馬に持ち込まないとまず無理。
逆を言えば、そういうレースをするだろうということで、消耗戦に強い馬が自分でレースを作れるのは大きい。
逃げたことはないが、誰も主張しなければ行くと思う。

〇⑰キタサンブラック
前に行かないと苦しい馬その2。この馬も上がり33秒台を4戦計時していない。
近くに逃げたいが行き脚つかない馬が入ることで、意外とこの馬が先手を主張する可能性もありそう。
サトノラーゼンを2月に3馬身千切っており、地力の比較では以降の上積みを加えればそう変わりない。

以下3頭は前記事穴馬で推した馬、詳細はそちらで。

△⑫アダムスブリッジ
中距離の決め手が未知数の馬その1。
穴馬として一推し。オッズとしては実績や臨戦過程などから程よい位置に収まっている。
有力どころに比べ不利な点は大きいが、底を見せていない魅力を見せてほしい。

△⑮ミュゼスルタン
中距離の決め手が未知数の馬その2。
7枠の馬が来たからドゥラメンテかと思ったらこの馬だった、というところが想像できる。
差し一手の馬なので開き直っての直線勝負。流れが向けば。
最後まで伸びきるかはわからないが、見せ場は作ってくれると思う。

△⑩ミュゼエイリアン
前に行かないと苦しい馬その3。決め手があるわけではないので前に行った方がいい。最悪前から5馬身。
既に東京優駿を勝っている鞍上だけに、気負いなく乗ってくれると思う。
着狙いなら十分圏内の位置にいる。

これだけ手を広げて100円?となりますが、100円だけ買うなら馬券は◎の単勝です。解約されていましたけれど。
福永騎手に、過去最高の絶好機をものにしてほしいという期待も込めて。

資金があるなら、◎からの馬連流し。下記の2頭が3着に入る可能性は0でなく、
◎が2着に入る可能性の高さから、単勝と馬連です。複勝は1番人気にすらなりそうなので買わないです。
************************************************************************************
うまくいけば、という他力本願が先に行く人気馬は嫌いました。

⑭ドゥラメンテ
皐月賞のレースぶりを見て強いという見方もあるが、何もかもうまくいったという気もする。
過去のレースと比較してもあまりにその印象が強い。
気性難を見せなければ2着は堅く、見せれば6着以下になる気がする。不確定要素が強いので印は打たない。
今回は見せると予想。

⑪サトノクラウン
雨が降れば、というところでそれが期待できないところから、運が無い。前走もそんな感じ。
ただ散水など時計を要する馬場になっていれば、あるいは。
時計以外なら、不安要素はない。ただ流石に有力2頭が出走して3番人気は少々過剰に思え、印は打たない。
4,5着に11が点灯している気がする。
************************************************************************************

東京優駿という言葉をあまり聞かないのが少しさびしいわたくしでした。正式名称です。

欧米のダービーは、それ自体が各国の言葉なのでなじみますがJapan(ese) Derbyならともかく
日本ダービーって何?と思ってしまいます。
なお、大井ではジャパン(ダート)ダービーがあります。

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

東京優駿 穴馬編

皆様こんにちは。

どこに向かっているのか日本中央競馬会。
誰も触れていないところが優しさでしょう。

さて。

まだ出走馬は確定していませんけれど、今度は穴をあけそうなところに触れようと思います。
1番人気が強いレースではありますが、3着まで人気で決まることもそうそうなく、
ナリタブライアン以来、本当の意味で順当に決まった年は2回しかありません。
(ウイニングチケット年は人気上位)

■アダムスブリッジ
皐月賞を回避したため、間隔は空く。また重賞の出走すらないので、実績は見劣りする。
さらに過去3戦全て8頭立て以下と、揉まれたこともない。出走表を見ただけなら多分見向きもしない。
ただ、血統が魅力で、東京芝2400mは大レースを勝った父系が強い。
父ゼンノロブロイ、母父シングスピール共にジャパンカップを制しており、距離の不安は感じさせない。

■ミュゼスルタン
NHKマイルカップ上位馬で唯一の出走馬。
脚質上当てにしにくく、ここも恐らく後ろからになりそう。
逆を言えば、開き直ったレースができそうで、過去4戦全て上がり33秒台の末脚は脅威。
展開が向けば3着には飛んでくるかもしれない。

■ミュゼエイリアン
過去のレースから、中山だけ掲示板を外しており、大きいコース向きのような気がする。
父スクリーンヒーロー、母父エルコンドルパサー共にジャパンカップ優勝馬。こちらも血統で面白い。
騎手がコロコロ変わっているためかレースぶりが先行したり差したりで安定せず、そういう意味でも
マイペースの横山典騎手も怖い。
自己紹介

セイショウ

Author:セイショウ
2015年は貯金とデータ集めに専念、馬券は来年から始めたいと思います。

食好み:魚>野菜=鶏肉>豚肉
仕事:就業予定
年齢:シービーの1つ上
趣味:読書、三国志(正史寄り)、ゲーム
好きな馬:ナリタブライアン
苦手な馬:人気先行
好きな酒:焼酎、ウイスキー
好きな競馬関係者:積極果敢、謙虚、潔い
嵌る予定のゲーム:三国志13(最高15000円するそうです)

2013年度成績
【中央重賞】
成績詳細:2013年7月1日時点(不定期)
回収率:107.7% 55戦11勝
収支:328,500円→353,760円
本命成績:11-9-3-32
※ダート短距離勝負と合算のため、 画像内容と回収率不一致。別口座にすべきだった。

【地方交流重賞】
※今年は敗北が確定したため終了
回収率:31.35% 10戦1勝
収支:60,000円→18,810円
本命成績:4-2-2-2

【選出ダート短距離勝負】
※対象レース数過少のため終了
回収率:38.3% 3戦0勝
収支:18,000円→6,890円
本命成績:0-1-1-1
カテゴリ
2013年度 万馬券履歴
京都金杯      3連複   11990円
東京スプリント   3連単   15750円
青葉賞         馬連   30590円
 〃           馬単   71140円
平安ステークス  3連単   15630円
エプソムカップ   3連単   34300円
2012年度成績
【中央競馬】
回収率:107.9% 121戦18勝
収支:724,500円→781,890円
本命成績:25-23-10-63
※回収率100%超え達成!

【地方競馬】
回収率:80.2% 30戦7勝
収支:95,300円→76,480円
※回収率100%超えならず・・・

【2012年度 万馬券的中履歴】
佐賀記念       馬単  14940円
弥生賞        馬単  22190円
中日新聞杯      馬単  12230円
大阪杯       3連単  11540円
青葉賞       3連複  48540円
 〃        3連単  189270円
札幌記念      3連単  10590円
金鯱賞        馬単  15280円
 〃        3連複  12810円
 〃        3連単  91410円
カペラステークス  3連複  10460円
本日までの訪問者数
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
リンク先最新記事
ランキング
ランキング参加中です!



相互リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
相互リンクをご希望の方は、
直近の記事にコメント下さい。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
313位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。